L→R 野月平イオ、雲林院カグラ、熊埜御堂ヤエ、流鏑馬アヤメ

L→R 野月平イオ、雲林院カグラ、熊埜御堂ヤエ、流鏑馬アヤメ

【Broken By The Scream
インタビュー】
原色ばっかりだったところに
黄緑とか水色とか
新しい色を加えられた

メタル系スクリーミングアイドル、Broken By The Scream(以下、BBTS)がリリースした待望の2ndアルバム『Noisy Night Fever』。4人それぞれが低音グロウル、高音スクリーム、クリーンヴォイスを担当し、個性と団結力を活かして完成させた今作には、エネルギッシュな魅力だけじゃない、繊細な美しさも閉じ込められている。

4人の個性が違うからこそ
ひとつのグループになれている

メタル系スクリーミングアイドルとして活動されていますが、もともとご自身のルーツにメタルはありましたか?

アヤメ
メタルもバンドさんの音楽も全然聴いたことがなかったです。ずっとアイドルが大好きで、アイドルだけを聴いてきたんですけど、最近はメンバーに教えてもらってメタル系も聴くようになりました。
イオ
私はもともとメタルとかラウド系が好きで、逆にそれ以外はあまり聴いてこなかったんです。ディズニーやミュージカル系は好きですけど。
カグラ
ロック系は聴いていたんですけど、メタルは聴いていなくて、私もBBTSに入ってからメンバーが勧めてくれるものを聴くようになって視野が広がってきています。
ヤエ
もともとラップとかアニソンが好きなんですけど、シャウトも入ってる激しめなバンドにはまってる時期があったので、BBTSに入る前は聴いていなかったメタルもすぐ好きになりました。メタルにもいろいろ種類があるけど、その中でもメタルコアが好きです。

実際にメタル系の音楽をやってみてどうですか?

アヤメ
初めていおりんとかぐやんのシャウトを聴いた時、その迫力にびっくりしました。バンドセットでのライヴは特に音圧もすごくて、ダンスも激しいし、想像してたよりもずっと体力を使うんだなって思いました。
イオ
歌いながら踊ると半端なく体力を消耗するんですよ。ずっと息切れしっぱなしだし、最初の頃は大変でしたね。
カグラ
でも、激しいからこそライヴでのテンションも上がって楽しいです!
ヤエ
ライヴハウスが好きで、多い時は週4で通うこともあったんですけど、観るのと自分がやるのとでは全然感覚が違うって思いました。楽曲に負けない踊りと歌を届けるのは大変なんですけど、それよりも楽しいっていう気持ちでやってます。

2017年の4月に現体制になって、どんなグループになっていると思いますか?

ヤエ
4人の個性は違うんですけど、まとまりはあると思っていて。良いところも足りないところも補い合って、ひとつのグループになれている気がします。最初の頃はそれぞれ何が得意なのか分からないからライヴのMCも遠慮がちだったんですけど、それがだんだん分かってきて、ひとりひとりの良さが出せるようになったんじゃないかな。

最初の頃と印象が変わったメンバーはいますか?

ヤエ
かぐやんは前よりもよくしゃべるようになったよね! ライヴのMCは私が率先してしゃべることが多いんですけど、ちょっと困った時とかに助けてくれるんです。
カグラ
自分ではまだ下手くそだと思ってるけど、良かった(笑)。
イオ
アヤメはいつもやさしいけど、メンバーにツッコミを入れるようになったよ(笑)。
ヤエ
他の3人がボケるから、アヤメがいつも一歩引いて見てくれてます。

この現体制になってからの2年半で壁にぶち当たることは?

アヤメ
ワンマンライヴのキャパがだんだん大きくなっていて、ステージが大きくなった分、ダンスや動きのバラつきが目立ってしまうので、どんなパフォーマンスをするかメンバーとよく話し合ってます。やっぱり前回とは違う私たちを観てもらいたいっていう気持ちがあるので。

ワンマンのたびにそのプレッシャーと戦っているんですね。

ヤエ
私は悩んだ時にまずイオに話してます。
イオ
ふたりになるといつもアツい話をしちゃうんですよ(笑)。
ヤエ
“こうなりたい!”っていう理想の話をよくしていて。ホテルで部屋が一緒になると会議みたいになっちゃう。なので、夜中にかぐやんとアヤメを呼び出したり(笑)。
アヤメ
でも、私とかぐやんもテレビ観ながら同じような話をしてるんですよ! ふたりのアツい感じとは違うかもしれないけど(笑)。
ヤエ
私といおりんは無音だからね(笑)。みんな仲良いんですけど、相手によって違うテンションの話ができるから面白いです。

夜中に4人で話しだした時はどんなふうにまとまるんですか?

ヤエ
話したことをノートにまとめました。ひとりずつ思っていることを整理するために書いて、写真を撮って共有してます。

素晴らしい! メンバー全員の意識が高まっているのは、1stアルバム『AN ALIEN'S PORTRAIT』(2018年8月発表)のリリースで活動の幅が広がったのもあるんですかね。何か反響はありましたか?

アヤメ
この1年で海外のライヴがすごく増えて、いい刺激になってます。
イオ
最初よりも私たちを知ってくれている人が増えたことは実感してますね。TwitterでもBBTSのことを書いてくれる人が増えたなって。
ヤエ
去年初めて台湾のフェスに出させてもらった時は、目の前にあんなにたくさんの人がいるのを初めて観ました。規模が大きくてフランクに観れるイベントだったので、おじいちゃんとかおばあちゃんが公園で遊びながら手を振ってくれたり。アメリカの公演ではファンの方が喜んでいることをすごく素直に伝えてくれて嬉しかったです。
L→R 野月平イオ、雲林院カグラ、熊埜御堂ヤエ、流鏑馬アヤメ
アルバム『Noisy Night Fever』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着