L→R 山口航佑(Vo&Gu)、ごしょおいくは(Ba)、サカイボーグ(Dr)

L→R 山口航佑(Vo&Gu)、ごしょおいくは(Ba)、サカイボーグ(Dr)

【SHABA インタビュー】
“生きたい”“生きていてほしい”
という想いを歌いたかった

“青春を叫ぶ”をキャッチコピーに掲げて活動をしている3ピースバンド・SHABAが前作ミニアルバム『アカハル。』から約7カ月というスピードで、2ndミニアルバム『命が叫びたがってるんだ。』を発表する。

“命”をテーマに歌うことは
前作が完成した頃に決めていた

昨年8月にミニアルバム『アカハル。』をリリースしましたが、聴いた方からの反響やライヴなどで感じた手応えなどがあれば教えてください。

山口
“アカハル。”というタイトルの通り、自分にとっての赤い春を表現できたと思います。ほとんど自分のエゴで書き上げたアルバムなのですが、聴いてくれた方の背中を押せているようなので良かったと思っています。
ごしょお
良く言えばどストレート、悪く言えばアホのひとつ覚えです。“SHABAはこういう暑苦しいバンドだぞ!! サビでは拳をあげて歌おうぜ!!”みたいなライヴのスタイルが確立できたと思うし、お客さんも“やっぱSHABAはこうだよね!”みたいな反応ではあったんですけど、アップテンポの8ビートにサビでシンガロングとか、あまりにも同じ手口の一辺倒になってしまって、“もっと凝れたな、もっと変なことしたかったな”という後悔はあります。
サカイ
SHABAというバンドが分かりやすいミニアルバムだと感じています。初の全国流通ということで、聴いてくださった方々にSHABAの良さをストレートに伝えることができたんじゃないかなと思います。

前作は初の全国流通盤というところで、いつも以上に多くの人に届いた作品になったと思うのですが、そういった面も踏まえて活動を続ける中で意識の変化などはありましたか?

山口
意識の変化はほとんどありませんでしたけど、強いて言うなら“自分はバンドマンなんだ”という自覚が少し強くなりました。それと同じくらい、“自分はただの一般人だな”という自覚も強くなったんですが…(笑)。
ごしょお
CDショップででっかく展開されてたり生まれて初めてラジオに出演したりとか、ライヴ以外にもモチベーションを保つ手段ができたので“バンドって楽しいね”って感じてます。
サカイ
高校生でバンドを始めた時からCDショップに自分たちのCDが並ぶというのはひとつの目標であったので、全国流通が決まったと聞いた時は単純にびっくりしましたね。みなさんの期待に応えられるよう楽しみながら頑張っていければと思ってます。

前作から7カ月振りの2ndミニアルバムは“命が叫びたがってるんだ。”というタイトルのとおり、心の動く瞬間をストレートに描いた楽曲が多く、聴いている側の感情を突き動かすものがありました。

山口
タイトルはあとから付けたんですけど、今回のアルバムで“命”というテーマを歌うことは、前回のミニアルバムが完成した頃にはもう決めていました。アルバムを聴き終えて、“生きたい”と思ってもらえる作品にしたかった。

今作には全7曲が収録されていますが、今作に向けてどういった楽曲を書こうと思ったのでしょうか?

山口
全ての楽曲を今作のために書き下ろしました。昔からあまり体調の良くない父が生きている間に命について歌いたいとずっと思っていたんです。あと、最近になって知っている人が亡くなることがあったり、知らない人が殺されたというニュースを見たり…それで“人間はいつか死ぬんだな”って想いが日に日に強くなってきてて。その想いを抱えているだけではおさまらなくなったのでアルバムにしました。単純に話せば、“生きたい”という想い、“生きていてほしい”という想いを歌いたかった。

1曲目の「僕と君と世界の終わり」はシンガロングが印象的な一曲ですが、楽曲を作る際にライヴを意識したりすることはありますか?

山口
いつも自分のエゴで歌詞を殴り書きしてから曲作りがスタートするので、ライヴを意識して曲を作ることはないです。この曲は本当に歌いたいことが何なのか自問自答していた時期に書いたので、シンガロングは言葉にならない想いを表現したいと思って“ウォー”と歌っています。

「愛散々」は《悲しいことばかりだ》と歌っていますが、悲壮感を乗り越えるように駆け抜けていくようなスピード感が爽快でした。

山口
周りから置いてけぼりなんですよね。結婚したり就職したりする友人が多くて…自分はすごく遅れている人間なんだと思って。それでも一定のスピードで歳を重ねていくので、人間って怖いですよね(笑)。“それでも生きなきゃいけない。悲しくても遅れていても”って感じの曲に仕上がったと思います。誰よりも自分の背中を押してます(笑)。

キャッチーなメロディーに乗せて《ロックになんてさ 出会わずに死にたかった》と歌う「ロックなんてさ」は、どういったきっかけや想いから作った楽曲ですか?

山口
自分はロックというすごく抽象的な言葉を心から信じています。“世界を変えれるわけない”と思いながらも、それと同じくらい心の底から強く“ロックは世界を変えられる”と信じているんですよね。“出会わなければ良かった”と思えるものに出会って良かったです。そんなロックで、どんなかたちであれ誰かを救えればいいなと思っています。ただ、とりあえず適当にきれいなスキニーを履いて、マッシュルームヘアーで愛を歌うくせにヤリチンな偽物パンクロックは大嫌いだし、ファックです。しかも、俺より人気があるから余計にむかつく!! どこがいいんだか…後半は愚痴です(笑)。
L→R 山口航佑(Vo&Gu)、ごしょおいくは(Ba)、サカイボーグ(Dr)
ミニアルバム『命が叫びたがってるんだ。』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」