【ZERO】自分の今ある可能性の振り幅

確認できる作品にしたかった


取材:土屋恵介

トラックメイカー、ソングライター、コンポーザー、ラッパー、シンガー、さらに国語教員免許も持つ異色アーティストのZEROが1stフルアルバム『No1.0』を発表した。エレクトロニックなものからロックやレゲエ、アコースティックなナンバーまで、バラエティーに富んだ楽曲が並ぶ意欲作だ。

初めてのフルアルバムだったので、まずは自分の今ある可能性の振り幅を確認できる作品にしたかったんですね。基本、制作のほとんどをひとりでやっているので、まずは“今の自分はどこまで広くて、深いのかな?”、逆に“どこまで狭くて、浅いのかな?”というのを探る感じでした。それは楽曲の中身だけじゃなくて制作の段階も含めて

まさに、あらゆる角度から自分を見つめることで、自身の可能性を引き出したと言える。しかし、そこにはCIMBAや椎名慶治(ex.SURFACE)、亜矢、ALEXXといった、フィーチャリングに迎えた個性派アーティストたちの影響も拭えない。

有名、無名関係なく、自分のセンサーに反応した人に声をかけました。この人とやったら自分からは生まれない新しい音が生まれるはず!っていう、自分に持ってない何かを持っている人にアプローチさせてもらいましたね

十二分の手応えを感じているであろう本作を作り終えて、今、彼はどんな気持なのだろうか?

『No1.0』が完成した瞬間から次の作品を作りたいという感情に取りつかれました。やり残したことがあるとかではなく、曲の全てを手掛ける創造者(アーティスト)としては、作品のゴール(完成)が新作へのスタート(制作開始)であり、常にレベルアップしていく…そんなZEROをみなさんに見ていってほしいと思っています

期待通り、ストイックな返答のZERO。そんな彼の今後の予定や展望について尋ねてみた。

関東を中心にライヴ活動を行なっていきながら、もうひとつの顔である他のアーティストさんのプロデュースもマイペースにやっていきたいと思っています。あとは、今作である程度振り幅は確認できたので、次は自分ともっと向き合って、“掘り下げる”ということに集中して曲作りをしていきたいですね。良い意味で自分自身を曝け出せるというか、まずは自分がちゃんとアーティストとして納得できるアーティストになりたいので
Zero プロフィール

人気韓国ドラマ『美しき日々』(イ・ビョンホン、チェ・ジウ、リュ・シウォン出演)の主題歌「約束」、挿入歌「その日までさよなら」を歌い、切なく艶やかな美声と圧倒的な歌唱力に魅了された視聴者から問い合わせが殺到。日本デビュー・アルバム『シジャク(始まり)』では、安全地帯「ワインレッドの心」や美空ひばり「川の流れのように」といった不朽の名曲を見事な日本語でカヴァーしている。オフィシャルHP
オフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」