L→R 純市(Ba)、有田清幸(Dr&Cho)、コヤマヒデカズ(Vo&Gu)

L→R 純市(Ba)、有田清幸(Dr&Cho)、コヤマヒデカズ(Vo&Gu)

【Lyu:Lyu】お互いの違う要素が上手
く溶け込んで
良い感じになってる


取材:ジャガー

音源で丁寧に音を紡いだかと思えば、気迫に満ちた激しいライヴでは彼らの狂暴さを感じる。そんないろいろな側面を持ち合わせているのがLyu:Lyu。以前組んでいたバンドが解散し、ソロアーティストとして活動していたコヤマヒデカズ(Vo&Gu)が、純市(Ba)、有田清幸(Dr&Cho)を誘い、ふとスタジオに入ったことをきっかけに物語は始まった。

「キャンバスにリズム隊が輪郭を描き、ギターはそれに色を塗って、歌でバランスをとったりして、曲が完成すると思うんです。僕はただ描きたいもののラフを持ってくるだけなので、実際に描いてみないと曲ってどうなるか分からない。だから、3人で音を出してる時って単純に楽しいです」(コヤマ)
「聴いてきたジャンルは全員違うけど、みんな間口が広い。だから、面白いことができるという期待があり、でもバラバラにならないかって不安も結成当初はありましたね。今はお互いの違う要素が上手く溶け込んで良い感じになってるんで、これからもっと混ざっていくんじゃないでしょうか」(有田)
「他のバンドじゃできないことができるんじゃないかっていうドキドキが結成当初からありました。もともと、自分とコヤマはバンドを組んでた時期もあったんで、“スタジオに入らないか?”ってコヤマから電話がかかってきた時に“絶対こいつともう1回バンドをやろう”って決めてましたね。初めは遊びでやろうって感じでしたけど、俺はやる気でした(笑)」(純市)

コヤマが持ってきた景色を再現するだけでなく、プラスαをバンドで生み出す。それがLyu:Lyuの肝であり、醍醐味だという。今作は初の公式音源ということもあり、他にもこだわりが多く見受けられた。

「歌詞では、無駄な言葉を一切使いたくないっていうのがありまして。初めから終わりまで、一言一句意味のあるものでないと。それから、普段自分が使っていない言葉もあまり使いたくないですね。なるべく自分が普段しゃべっていることとか、日常生活で考えていることを書きたいというか…何気ない言葉が歌になってほしいんです」(コヤマ)
「今振り返ってみると、武者修行的な意味合いもありました。自分たちの音楽を知ってもらうためにどうすればいいのか真剣に考え…その結果、一番は聴きやすくしたかったですね。ライヴをそのまま持ってきたような荒っぽい音源も、その方法にしかない良さはある。だけど、聴く人に優しくて印象に残るメジャー感が自分たちには合ってるんですよ。ロックでありながら歌モノの要素が強いので、やっぱり歌が聴きやすくて染みるものをかたちにしたかったですね」(有田)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着