福田こうへい、コロナ対策し7ヶ月ぶ
りのコンサートを開催

9月21日に誕生日を迎えたばかりの福田こうへいが、9月24日昼夜2回、愛知県・名古屋市の日本特殊陶業市民会館フォレストホールで、7ヶ月ぶりとなる<福田こうへい ソーシャルディスタンスコンサート2020>を開催した。

福田がファンの前で歌唱したのは、2月26日の浦安市文化会館のコンサートが最後。それ以来、コンサートの延期や中止で、60会場、約100公演がスケジュール変更となった。この日のコンサートは、6月に予定されていたコンサートの振替公演。熱烈なファンの要望と、万全のコロナ対策をとって実施したいという関係者の熱意で実現した。
本来、1回公演のところを2回公演にして、客席を50パーセントに、検温、マスクの着用、掛け声禁止などにより、福田にとって、211日ぶりのコンサートの幕を開けた。市松模様に着席している1000人の観客を前に福田は、股旅姿で颯爽と登場し、「あれが沓掛時次郎」でスタート。
福田は、「コロナの影響でままならない状況が続いていますが、今日の皆様は、『Go To こうへい』で楽しんでください。」とあいさつし、万雷の拍手で迎えられた。そして、福田の原点である民謡やデビュー曲「南部蝉しぐれ」、「男川」、最新曲「筑波の寛太郎」などを熱唱。後半は、華麗に洋装で登場し、懐かしい「星影のワルツ」「岸壁の母」「北限海峡」へと続き、「北の出世船」でエンディング。アンコールは「みちのく祭り唄」で締めくくり、会場からの盛大な拍手のもとに全19曲を熱唱した。

(提供:サンニュース)

アーティスト

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着