ソロでも大活躍!宮本浩次のおすすめ曲5選

ソロでも大活躍!宮本浩次のおすすめ曲5選

ソロでも大活躍!宮本浩次のおすすめ
曲5選

LIVE、フェスで外せない楽曲はこちら!
解き放て、我らが新時代
SoftBankのCMソングに起用された楽曲。
悩んでる人、一歩踏み出せずにいる人を力強く鼓舞してくれるような歌詞に注目です!
歌詞の中で特に印象的なのが、サビの1行目。
解き放て、我らが新時代 歌詞 「宮本浩次
https://utaten.com/lyric/sa19060701
大人になるにつれ、何か夢や理想があっても周囲の目を気にしてしまうもの。
「こんなことやってみたい」
「あんなこと達成したい」
なんて色々目標はあれど、時間や環境、評価を理由に諦めてしまうこともありますよね。
そんな大人たち、そしてその大人の背中をみる若者にぜひ聞いて欲しいメッセージです。
まずは自由に夢を持つ・・・大切ですね!
また、夢や理想を持つことを諦めかけた方を下記のようにも鼓舞してくれています。
解き放て、我らが新時代 歌詞 「宮本浩次
https://utaten.com/lyric/sa19060701
当たり前のことですが、その分つい忘れがちなこと。
それをシンプルな言葉で教えてくれるため、かなりグサッと刺さります・・・!
さらに注目していただきたいのが、聞き手に対する宮本さんの愛。
歌詞にも溢れているんです。
解き放て、我らが新時代 歌詞 「宮本浩次」
https://utaten.com/lyric/sa19060701
「一番」って言いながら二つあげているあたりがなんともロック。(笑)
でも、自分の魂と同じくらいみんなも笑顔も大切だなんて、愛に溢れた素敵な方ですよ
獣ゆく細道

シンガーソングライター・椎名林檎さんとコラボレーションした楽曲。
news zeroのテーマソングとしても使用されています。
椎名林檎さんが作詞作曲されているため、林檎カラーが色濃く出ていますね!
歌詞が古語っぽいのも、まさしく椎名林檎ならではの世界観です。
また、豪華なビッグバンドがついたサウンドは耳だけでも十分楽しめるほどカッコいい!
そのため、歌詞を深く考えずに聞いているという方もいらっしゃるかもしれませんね。
でも、めちゃめちゃいい事言ってます!(笑)
内容をざっくり説明すると、「自分の人生を後悔なく生きろ!」という応援メッセージ。
なんだか先出の『解き放て、我らが新時代』とも通づるものがありますね。
歌詞の一部をみてみましょう。
獣ゆく細道 歌詞 「椎名林檎と宮本浩次」
https://utaten.com/lyric/sa18100201
比喩表現や古語が使われているのでややわかりにくいですね・・・。
簡単に意訳すると、下記のような意味ではないかと推測されます。
”命なんて儚いものだから、せっかくならなくなるまで存分に生きよう。
悲しいことがあったら、それを糧にして生きればいい。”
なんと力強いメッセージなんでしょう・・・!
ポップで分かりやすい応援ソングとは違い、歌詞をきちんと理解することでじわじわ励まされます。
他のパートにも素晴らしいメッセージが込められているので、ぜひ深掘りしてみてくださいね!
明日以外すべて燃やせ

こちらは東京スカパラダイスオーケストラとのコラボレーション楽曲。
スカパラのサウンドと宮本さんの芯のある声が見事にマッチしています!
作詞作曲はスカパラのメンバーによるもの。
ご覧いただくとわかる通り、歌詞はかなり深いのです・・・。
まずは冒頭の部分。
明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次 歌詞 「東京スカパラダイスオーケストラ」
https://utaten.com/lyric/mi18111511
綺麗な思い出を並べたものが人生ではなく、写真に収められないような何気ない日常の繰り返しが人生である・・・ということでしょうか。
端的ながら深みがあって、素敵な表現ですよね!
また、下記の部分は宮本さんが歌うことでさらに深みが増すように思います。
明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次 歌詞 「東京スカパラダイスオーケストラ」
https://utaten.com/lyric/mi18111511
君には運命を変えるほどの爆発力がある!という意味だと推測されますが、「愛」や「オマエ」といった言葉の使い方がなんだか宮本さんっぽいと思いませんか?
だからエレカシでも自身の曲でもないのに、宮本カラーに染まるのではないでしょうか・・・!
とはいえ、スカパラのサウンドを殺さないのがまたすごいところ。
癖がない歌声というわけでもないのに、素晴らしいですよね。
冬の花
画像引用元 (Amazon)
フジテレビドラマ「後妻業」の主題歌に起用されていた楽曲。
まるで演歌のような歌詞、拳の効いた歌声がバッチリと世界観を作り出しています。
驚くことに、女性目線の楽曲です。
しかもかなり色っぽく、そして切ない。
冬の花 歌詞 「宮本浩次」
https://utaten.com/lyric/iz19042401
宮本さんって奇行が目立つことも多々ありますから、「こんな歌詞書けるのー!?」って驚いた方も多いのではないでしょうか。(笑)
下記の部分は、感情を歌っているようで主人公の人間性も垣間見えます。
冬の花 歌詞 「宮本浩次」
https://utaten.com/lyric/iz19042401
悲劇的でありながら、芯の強い女性であることがわかりますよね。
きっと綺麗なんだろうなぁ・・・なんて思わずビジュアルまで想像してしまいます。(笑)
歌詞もさることながら、この曲は歌声にも注目です。
拳、ファルセット、時には怨念を感じるほどの感情移入・・・。
宮本さんって本当に歌が上手いんだなぁ・・・と本当に歌声に惚れ惚れします。
going my way

こちらは「月桂冠 THE SHOT」のCMソングに起用された楽曲。
ほとんどの楽曲がタイアップを受けていることからも実力が伺えます・・・!
内容はというと、タイトル通り「自分らしくいこうぜ!」という前向きなもの。
宮本さんの作る楽曲はどれも前向きなので、聞いていると気分がスッキリしますね!
ちなみに、この楽曲における筆者的スッキリポイントは下記の部分。
going my way 歌詞 「宮本浩次」
https://utaten.com/lyric/qk19072006
ワクワクっていろんなところにいろんな種類が転がっているんだなぁと気づかされました。
他人が幸せそうに見えるからって真似してみても、どこか虚無。
それってきっと、今の自分に合うワクワクじゃないからなんでしょうね・・・。
つまり、幸せの尺度はそれぞれ違うということ。
自分は自分の尺度で楽しめばいい。
「going my way」ってことですね!
この曲は曲調もかなりアップテンポでノリノリなので、気分が落ちている時には特におすすめ。
ぜひ聞いてみてくださいね♪
次は誰とコラボ・・・?今後も注目!
画像引用元 (Amazon)
以上、宮本浩次さんの楽曲をご紹介いたしました。
ややハードであったり、演歌っぽくもあったり・・・。
エレファントカシマシとはまた違った感じがなんとも素敵です!
特に、コラボレーション作品では宮本さんの味わいも生かしながらも、見事にコラボアーティストの魅力と調和していますよね・・・!
まさしく相乗効果、そしてこれぞ職人技。(笑)
今後は誰とコラボレーションするのか楽しみですね。
次の楽曲を期待して待ちましょう!
TEXT ゆとりーな

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着