クミコ 銀巴里デビューから40周年記
念ツアーファイナル、菅原洋一とデュ
エットも披露

クミコが、12月4日(日)東京・港区のEXシアター六本木で<2022 クミコ コンサート わが麗しき歌物語 Vol.5~愛しかない時~>と銘打った40周年記念コンサートを開いた。

1982年6月、27歳のとき、伝説のシャンソン喫茶「銀巴里」のオーディションに合格し、シャンソン歌手としてデビューしてから今年で40周年を迎え、最新シングル『愛しかない時』が好セールス中のクミコ。

この日は、8月13日の大阪公演からスタートした全国6ヵ所での40周年記念ツアーのファイナルで、「たくさんの想いがあふれます。今日は、それを歌にしてお届けします。言いたいことは一つ。皆さまと会いたかった。会いに来てくれてありがとう。これだけです」と感謝感激。
2部構成で、会場には約900人の熱烈なファンが詰めかける中、「(コロナ禍の中)どれだけ大変な思いの中、来てくださったかと思うと、有り難くてなりません。本当にたくさんの皆さま、今日はようこそお越しくださいました。私は今年、『銀巴里』で歌い始めて40年。どう考えても人生は、あっという間のもののようです。思っているより早い。でも、思っているより明確に思い出す。ついこの間のことのような……」とあいさつ。

第1部は「サントワ・マミー」をはじめ、「接吻」「わが麗しき恋物語」「INORI~祈り~」、ゲスト歌手・菅原洋一とのデュエットで「今日でお別れ」などを歌唱。クミコが尊敬する菅原とは、新曲「愛しかない時」のカップリング曲「今日でお別れ」でもデュエットしており、彼女が「3月にレコーディングさせていただいたときの快感が忘れられず、こちらでコンサートするときはぜひともお越しくださいと申し上げました」と言えば、菅原は「うれしいですね。ありがとう」とニッコリ。
デュエットしたあと、菅原がソロで「マイウェイ」を心込めて歌い上げたその歌に感極まって涙ぐみながらクミコは「菅原さんのお年まで私は歌えるかどうか、全く無理。でも、菅原さんがいてくださるお陰でどれだけ励ましになっていることでしょう。本当にありがとうございました」と語った。

続く第2部は、もう一組のゲスト、バイオリン2本とピアノからなるインストゥルメンタルユニット、TSUKEMENとコラボで「広い河の岸辺~The Water is Wide~」をはじめ、「ヨイトマケの唄」「世界の果てまで」「愛の讃歌」「最後だとわかっていたなら」、アンコールでは、シャンソン歌手、ジャック・ブレルの名曲をクミコ自らが訳詞した新曲「愛しかない時」など1部と合わせて全20曲を熱唱した。
新曲のカップリング曲「今日でお別れ」を一緒にレコーディングした際に菅原は「40周年はまだまだ通過点。これからより深く、より細やかなあなたの歌は完成度を増していくでしょう」といった言葉を寄せている。

(提供:サンニュース)

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着