K.K.ダウニングの10年ぶりのライブ・
パフォーマンスにリッチー・フォーク
ナー「素晴らしかった」

8月11日、英国で開かれた<Bloodstock Open Air>フェスティバルで、ロス・ザ・ボスのパフォーマンスにゲスト出演し、約10年ぶりにステージで演奏したK.K.ダウニングについて、彼の後任でジューダス・プリーストに加入したリッチー・フォークナーが「素晴らしかった」とコメントした。
Twitterで、ファンから「K.K.ダウニングの最新のビデオを見た?」と問われたフォークナーは、「ああ、格好良くてサウンドも素晴らしかったと思う。彼がいるべき場所、ステージでまたその姿を見られて良かった」と答えた。
ダウニングはその日、終盤に登場し、ジューダス・プリーストのヴァージョンが有名なフリートウッド・マックの「The Green Manalishi (With the Two Prong Crown)」、ジューダス・プリーストの「Heading Out To The Highway」「Breaking The Law」「Running Wild」の計4曲をプレイした。

彼がステージでパフォーマンスするのは、ジューダス・プリースト脱退前、2009年10月17日に日本で開催された<LOUD PARK 09>以来だった。

ジューダス・プリーストは6月終わりに北米ツアーを終了。次回は来年1月終わりから、今年、オジー・オズボーンの体調不良により延期された彼とのヨーロッパ・ツアーを開催する。その後、50周年記念ツアーが計画されているが、現時点で、ダウニングの参加予定はない。

Ako Suzuki

関連記事

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着