AKB48全国ツアー2019~楽しいばかり
がAKB!チームK埼玉公演:込山榛香「
このメンバーがチームKで誇りです」

埼玉選抜で『波乗りかき氷』

7月7日(日)NHK大阪ホールを皮切りに開始した約4年ぶりとなるAKB48単独での全国ツアー「AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~」。仙台公演・広島公演を終え、8月17日(土)ウェスタ川越にて埼玉公演を開催。昼公演にはチームAが出演。

チームKが出演した夜公演。キャプテンの込山榛香がステージ上に登場し「楽しいばかりがAKB!チームKいくぞー!」との言葉と共に、メンバーたちがステージや客席に登場し、「エリアK」を熱唱。

その後、チームKといえば「ダンス」と言われるように、圧倒的なダンスに、セクシーさも加えたパフォーマンスで立て続けに7曲披露し、観客を魅了。

込山が「楽しいばかりがAKB!チームK公演、ついに始まりましたー!!」と挨拶すると、会場から歓声があがり、会場は熱気に包まれた。この日の最高気温は37度と物凄く暑い川越に多くのファンが集まり、チームKのハードなダンスナンバーに会場はさらにヒートアップ。

ユニットパートは、チームK内の埼玉県出身メンバー岡田梨奈、安田叶、矢作萌夏、湯本亜美による“埼玉選抜”が「波乗りかき氷」をキュートに披露してスタートし、全5ユニットがそれぞれの個性や魅力をアピールするように1曲ずつ披露。安田は「初めてのツアーが川越で、埼玉出身なので楽しみにしていました!」と語ると会場からも大きな拍手。
矢作萌夏

矢作萌夏

小田えりなの見事な歌声と存在感

ユニットではチーム8神奈川県代表と兼任している小田えりなと峯岸みなみが2人で披露した「また あなたのことを考えてた」では透き通る見事な歌声のハーモニーで会場を魅了。

小田えりなは「1月のTDCでのチームKコンサートでは(舞台に出演していたため)一部出演しかできなかったので、その悔しさをぶつけて頑張ります!」と語っていたように、あらゆるところで小田えりなの楽しそうな笑顔と元気でダイナミックなダンスパフォーマンス、小田の真骨頂ともいえる見事な歌声で会場のファンを魅了し、小田の存在感が目立っていた。また小田は後半の「希望的リフレイン」からのハードなダンスナンバー3曲はお腹を出したセクシーな衣装で会場のファンの目を引いていた。

「抱きしめられたら」では長友が大先輩の込山、茂木のお姉さん2人とともに見事な大人っぽいセクシーなパフォーマンス表情を披露。いつもの笑顔の長友とは違ったセクシー&アンニュイな一面を見せつけていた。

「チーム8では出さないセクシーな魅力を出していきたい」と自己紹介で語っていた左伴彩佳は「涙の表面張力」では大人っぽいセクシーなパフォーマンスで会場を魅了。
チームK

チームK

矢作「みなさんが緑のカラーのペンライ
トを持ってくれているのがすごく綺麗」

アンコール中のMCでは、9月18日発売のシングル「サステナブル」でシングル初センターを務めることになった矢作萌夏が「地元埼玉の初めてのチームKのコンサートにこうやっていっぱい出させていただいてすごく嬉しいです」と感極まって涙を流しながら思いを語り「みなさんが緑のカラーのペンライトを持ってくれているのがすごく綺麗で嬉しかったです」と続けた。

中盤から後半にかけてもチームKらしいダイナミックなパフォーマンスと楽曲で会場を魅了。「Teacher Teacher」、「NO WAY MAN」、「僕たちは戦わない」とハードな楽曲を連続で披露し、その後も「希望的リフレイン」、「大声ダイヤモンド」、倉野尾成美がセンターの「前しか向かねえ」と大いに盛り上がる楽曲を披露。最後の最後までハードでダイナミックなダンスナンバーでチームKらしいステージを披露。
矢作萌夏、倉野尾成美矢作萌夏

矢作萌夏、倉野尾成美矢作萌夏

倉野尾成美

倉野尾成美

「レッスン場の外に出ても、武藤家で姉
と一緒に夜まで練習」

自己紹介MCで「レッスン場の外に出ても、武藤家で姉と一緒に夜まで練習してきました!その成果を出せるように頑張ります!」と語っていた武藤小麟。AKB48史上初の姉妹で同じチームにいる武藤小麟は、今回のコンサートも姉の武藤十夢とともに出演。

武藤十夢(姉)は「涙の表面張力」でセクシーなパフォーマンスを披露、武藤小麟(妹)は「チューしようぜ!」でキュートなパフォーマンスを披露しユニットでは姉妹での違いを見せつけていたが、2人ともチームKのハードでダイナミックなパフォーマンスで会場を披露。最後の感想で武藤小麟は「この日を本当に楽しみにしていました!昨夜も遠足に行く前日のような気分でした。本当にあっという間で幸せでした。1階から3階まで緑のペンライトで埋め尽くされていて、皆さんのチームK愛がビシバシと伝わってきました。今日のコンサートでもっと込山チームKを好きになってくれると嬉しいです!」と語っていた。

込山「チームKは一人一人自分の道がす
ごくしっかりしてます」

込山の「次が最後の曲になります」の言葉の後に、峯岸が「このツアーを動かしてくれたのはキャプテンのおかげだと思うので、みなさん、大きな拍手を!」と言うと、会場から大きな拍手が起こった。

その後、峯岸から促され、込山は「チームKのツアーを通してステージからファンの方に伝えたかったのは、チームKは一人一人自分の道がすごくしっかりしていることです。卒業でメンバーを見送ったりもたくさんしてきたのですが、このメンバーがチームKで私は誇りですし、卒業したメンバーが輝いていることも私たちの道しるべですし、昇格した新しいメンバーも希望です。そのチームKの姿を今日のステージで見せられていたら嬉しいです」と挨拶をして、最後の曲を披露。
峯岸みなみ

峯岸みなみ

倉野尾成美と込山榛香

倉野尾成美と込山榛香

「AKB48全国ツアー2019~楽しいばかり
がAKB!?」チームK埼玉公演セットリス

No. タイトル メンバー
OA となりのバナナ 末永、永野
0 overture -
1 エリア K
市川、小田、倉野尾、込山、下口、長友、橋本、春本、左伴、峯岸、武藤小、武藤十、茂木、安田、矢作、山田、湯本
2 ゼロサム太陽 M1 と同じ
3 今度こそエクスタシー M1と同じ
4 Virgin love M1と同じ
5 RESET ALL
6 スクラップ&ビルド ALL
7 その汗は嘘をつかない ALL
8 波乗りかき氷 岡田、安田、矢作、湯本
9 抱きしめられたら 込山、長友、茂木
10 涙の表面張力 市川、下口、左伴、武藤十
11 チューしようぜ! 倉野尾、武藤小、小林
12 また あなたのことを考えてた 小田、峯岸
13 青春ガールズ ALL
14 偉い人になりたくない ALL
15 Teacher Teacher
市川、倉野尾、小林、込山、下口、長友、橋本、左伴、峯岸、武藤小、武藤十、茂木、安田、矢作、山田、湯本
16 NO WAY MAN M15と同じ
17 僕たちは戦わない M15と同じ
18 言い訳 Maybe
市川、岡田、小田、倉野尾、込山、下口、長友、橋本、左伴、峯岸、武藤小、武藤十、茂木、安田、矢作、湯本
19 希望的リフレイン M18と同じ
20 大声ダイヤモンド M18と同じ
21 前しか向かねえ ALL
~アンコール~
EN1 転がる石になれ
市川、岡田、小田、倉野尾、小林、込山、下口、長友、橋本、左伴、峯岸、武藤小、武藤十、茂木、安田、矢作、湯本
EN2 僕にできること EN1と同じ
EN3 To be continued. EN1と同じ
EN4 君と虹と太陽と ALL

AKB48 チームK
市川愛美/岡田梨奈/小田えりな/倉野尾成美/小林蘭/込山榛香(★)/下口ひなな/長友彩海/橋本陽菜/春本ゆき/左伴彩佳/峯岸みなみ/武藤小麟/武藤十夢/茂木忍/安田叶/矢作萌夏/山田杏華/湯本亜美
Opening Act&MC:末永祐月/永野恵
矢作萌夏

矢作萌夏

込山榛香とチームK

込山榛香とチームK

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着