舟木一夫、歌手生活60周年記念の4年
ぶりシングルは原点とも言える「湖愁

舟木一夫が、12月7日(水)歌手生活60周年記念で4年ぶりとなるシングル『湖愁』を発売した。

1963年6月5日、シングル「高校三年生」で鮮烈なデビューを飾り、一世を風靡した舟木一夫(77)。2022年の今年、芸能生活60周年という節目を迎えた。今年は1月19日に東京・国際フォーラムにて開催したスペシャルコンサートを皮切りにこれまで27か所30公演にて芸能生活60周年記念ツアーを展開。さらには、12月10日(土)~21日(水)まで芸能生活60周年記念<舟木一夫 ロングコンサートin 新橋演舞場>と題し、芸能生活60周年を締めくくる新橋演舞場での10日間公演を開催予定と精力的に活動している。

今作は、舟木一夫が歌手として見いだされるきっかけとなった原点とも言える楽曲で、松島アキラの「湖愁」をカバーしたシングル。「湖愁」は1961年に松島アキラが歌ったデビュー曲。当時高校2年生だった舟木一夫がこの曲を名古屋の某テレビ局ののど自慢番組で歌い、さらに後日、松島アキラのステージで歌ったことがきっかけで歌手「舟木一夫」が誕生した。歌手生活60周年を機に4年ぶりのシングルとして想い出の名曲のレコーディングが実現した。

カップリングには自作による代表曲「浮世まかせ」の(60周年ライブヴァージョン)が収録されている。また、発売に合わせて「湖愁」のミュージックビデオも公開。スタジオでのレコーディング風景を映像化した貴重なミュージックビデオとなっている。

舟木一夫 歌手生活60周年記念シングル
『湖愁』

発売日2022年12月7日(水)
COCA-18058 ¥1,400(税込)
[ 収録楽曲 ]
1. 湖愁
 作詞 宮川哲夫 / 作曲 渡久地政信 / 編曲 杉村俊博
2. 浮世まかせ(60周年ライブヴァージョン)
 作詞・作曲 上田成幸 / 編曲 杉村俊博

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着