「日本に足りないのはBAKA VIBES」元
球児のMACK JACKがニューシングルに
込めた想い、地元神戸で語るレゲエと
野球への愛

メンバー全員が元球児の、神戸発レゲエグループ・MACK JACKが、12月2日(金)にシングル「BAKA VIBES/翔んでWi-Fi (feat.ジャガ先輩)」を配信リリースした。さらに12月16日(金)には大阪アメリカ村・BEYONDで、18日(日)には神戸・太陽と虎で、ゲストにレゲエDeeJayCORONAとシンガーソングライターの近石涼をそれぞれ迎えたツーマンライブ『バッチこ〜い!2マン! 2デイズ!』を開催。今回SPICEでは、初登場の彼らにインタビューを敢行。ニューシングルとツーマンライブに向けた想いを語ってもらった。取材地は、神戸三宮にあるレゲエクラブ・JAMDUNG(ジャムドン)。このお店は、メンバーがデビューする前に約4〜5年修行したというレゲエバーで、今年で25周年を迎えた。ボブ・マーリーのライブ映像が流れる彼らの馴染みの場所で、メンバーのALI(アリ)、M.C.L(ミッチェル)、CHAI(チャイ)、JAGA-C(ジャガシー)の4人にたっぷりと話を訊いた。写真からもわかるように本当に仲の良い4人。取材も終始賑やかで楽しい時間となった。彼らには一度会うと好きになってしまう魅力がある。高校時代にわなかった甲子園の土を踏む日が、今から楽しみだ。
MACK JACK
逆境や壁を、壊すのが好きなんです(M.C.L)

M.C.L(ミッチェル)

ーーSPICEには初登場となりますので、まずは自己紹介をお願いします。
ALI:MACK JACKの左の変則サウスポー、ALIです。
M.C.L:MACK JACKのヒゲのリーダー、ミッチェルです。M.C.Lと書いてミッチェルと読みます。
CHAI:MACK JACKのガリガリのお調子者、CHAIです。
JAGA-C:MACK JACKの呑んだくれ番長、JAGA-Cです。
ーー皆さんキャッチコピーがついてるんですね。
ALI:こんな真面目にやったのは初めてです(笑)。
ーー結成当初からキャッチコピーを作られていたんですか?
M.C.L:最初からではないですね。去年ぐらいからかな。4人で挨拶してもなかなか覚えてもらえないので、キャラを推していこうかなと。僕とJAGA-Cは覚えられやすいんですけど、CHAIとALIが薄い感じで。
CHAI:どっちがどっちやねんみたいな。
M.C.L:まあ、やり続けていこうかなと。
ALI(アリ)
ーーすごく良いと思います(笑)。結成のお話を聞きたいのですが、全員が元野球部なんですね。M.C.Lさん、ALIさん、CHAIさんは高知の高校で寮生活をされていたと。
CHAI:JAGA-CはM.C.Lと幼馴染です。
JAGA-C:僕だけ3人とは高校が別で、中学まで野球をやってました。
ーー高校時代はレゲエを聴いてらっしゃったんですか?
ALI:寮生活なので、コンポとか持ってきた奴が曲をかけれる寮の部屋のルールがあって。
M.C.L:日本のレゲエをかけてる友達がいて、そこから結構影響はもらってますね。
CHAI:湘南乃風さんに憧れて、誰が誰役とか決めて、文化祭で歌わせてもらったら、もう気持ち良すぎて。
ーーその時の体験が忘れられず?
CHAI:そうっすね。あれが初めてバットじゃなくてマイクを握った経験やったんですけど(笑)。
ーーそれは何年生の時ですか。
CHAI:高校3年生の時ですね。2年生の時はそんな調子乗れなかったです(笑)。
M.C.L:たまにあるオフは絶対にカラオケに行って。カラオケ上手い奴はモテると思い込んでたんで。だから高校時代も音楽がずっと満ち溢れてましたね。
ーー結成されたのは高校卒業してすぐですか。
ALI:すぐではないですね。2年後の20歳ぐらいかな。
M.C.L:楽しいことを探してレゲエの現場に遊びに行って、「俺らでもできるんちゃうか」みたいなノリが爆速してやり始めました。けど1年間は迷ってました。神戸に帰ってきて、結構燃え尽き症候群になってて。野球に代わる情熱が全然見つからなかったので、それを探した1年間だったかなと。
ALI:流れとしては、2人(M.C.LとALI)と他の友達でやってたイベントに、JAGA-Cが積極的に遊びに来てくれてて。途中から「一緒にやろうや」という感じになりました。CHAIはその時、ばりばりコックで働いててなかなか時間が取れなかったんですけど、「俺もやるぞ」というマインドになってくれて、そこからですね。
CHAI:結成時から「一緒にやろうよ」とは言われてて。ある日、M.C.Lの家に遊びに行ったら、ただの学生だった彼が急にノートを見せつけてきて。見たら「リリック帳」とすごく綺麗じゃない字で書いてあって。「俺やるねん。お前もやろや」と言われて、それが始まりの瞬間です。
M.C.L:やめろや(照笑)。
CHAI(チャイ)
ーーリリック帳はいつから書いてらっしゃったんですか。
M.C.L:僕は高校卒業後、柔道整復師というリハビリの先生の専門学校に行ったんですけど、その授業中に書きまくってました。
CHAI:僕は何だかんだ3年ぐらいはできなかったんですけど、やりたい気持ちはずっとあったので、コックしながら「すいません。お腹が〜」とか言ってトイレに行って携帯出して、ひたすらボイスメモに残して。忙しくて書いてる隙がなかったので、こっそりやってましたね。
JAGA-C:僕は最初はとにかく書いて、M.C.Lに繰り返し見せてました。とりあえず自分の想いを中心に書いて。その後プロデューサーのYANAGIMANさんと出会ってまた違う書き方を知りました。そういう面ではすごく勉強になりましたね。
CHAI:書く理由は何なんやろうと考えると、やっぱ言葉に刺激を受けるんですよね。特にレゲエの歌を聞くと、どストレートにガーッと心が押し上がってくる。「俺やったらこう言いたい」というのが出てきて書いてたと思います。
ーーそれぞれの歌唱パートのリリックを書かれるんですか。
ALI:基本そのパターンが多いですね。でも持ち寄ったりすり合わせるタイミングで、多少のテーマのズレがあった時には、皆で意見を出し合いながら修正を加えていきます。
ーーサウンド面は?
ALI:サウンドはずっとYANAGIMANさんと作ってます。一緒にブラッシュアップしていく感じですね。
JAGA-C(ジャガシー)
ーー野球部だったからこそ、音楽活動に活かされてるなと思うことはありますか。
M.C.L:ざっくり全部ですよね。音楽というよりも、人生的に。
ALI:体力的にも精神的にも、ちょっとやそっとじゃへこたれへん。それぞれ皆しんどい時もあると思うんですけど、野球で培った忍耐力は今も活きてるかなと。
M.C.L:そうやな。逆境とか壁を壊すのが好きなんです。
ーーいいですねえ!
M.C.L:ゲームセットまで絶対諦めへん。
ーー高校野球は特に最後まで何が起こるかわからないですもんね。
M.C.L:そうなんです。諦めなかったら絶対何かあるというのはもうわかってるので。だから僕らも諦めない想いでずっとやれてますね。
ジャマイカで感じたM.C.Lのバイブス(ALI)
ALI(アリ)
ーー2014年にはジャマイカに渡られたんですよね。行動力がすごいなと。
ALI:リーダーが「今しかない」なと。
M.C.L:多分ほんまにそのタイミング逃したら、まだ行けてないかもしれないぐらいでした。
ーーレゲエの本場に行って肌で感じたいと?
M.C.L:そうですね。レゲエが好きなので発祥の地をしっかり知らないと、伝えていくのも難しいんちゃうかなと思ったので。
ALI:当時はこのJAMDUNGでイベントにも出させてもらっていて、レゲエをやってる人は結構皆ジャマイカを行き来したり、行ったら1年間行きっぱなしとか、そういうのがざらにあって。色んな話を聞くと「行きたいな〜」という気持ちが高まって。
M.C.L:でも行きたいだけじゃ行けないのはわかってたので、僕は強引に「この日にいくぞ、金用意しとけ」と決めました。
ーーCHAIさんは日本にいたんですよね。
CHAI:よくご存知で(笑)。僕はコックの仕事があったので、みんなのいない1ヶ月間の支払いとかをしてました。
M.C.L:家賃振り込んどいてくれとかね。
CHAI:それからみんながジャマイカに行ってる間、僕はJAMDUNGで1人で出させてもらったりもしてたんですよ。で、ラバダブというマイクを取り合ったりマイク回しをするステージ寸前でピリピリしてる時に、すごいジャマイカンなバイブスで電話してくるんですよ。M.C.Lは特にスローで「ヤオ〜。CHAI〜。今何してる〜?」とか。あれに助けられましたね。おかげでリラックスできました。
ーージャマイカでのエピソードはありますか。
ALI:ジャマイカって治安があまり良くないというか、日本人だけで夜行動すると危ないと言われる地域なんですよね。でもレゲエの音楽イベントは夜中にやってたりするので、お金を払って現地のジャマイカ人にボディガードとしてついてきてもらってね。
ーーへえ。
ALI:日本円で100円〜200円ぐらいなんですけど。一緒に行くことで「あいつは地元の奴と一緒にいるから襲わないでおこう」となるんですよ。で、1か所で音楽イベント楽しんで、次のとこ移動しようかという時にM.C.Lが喧嘩してて。
ーー喧嘩!
M.C.L:ジャマイカ人とえらい言い合いになって。最初は「俺に任せろ」とか言ってたのに、いきなり追加料金を求め出して。「それはちゃうやろ、お前もう帰れ」みたいな感じで。日本語でわーっと言いました。
ALI:あの喧嘩がジャマイカ一の出来事かも。M.C.Lのバイブス感じたから。
M.C.L:俺はジャマイカのスタジオで現地のエンジニアさんと曲を作りたかったから、スタジオに行って「トラック作って」と頼んだら、トラック流されて「歌え」といきなり言われて。ジャマイカ人が結構いる中で日本語で歌うわけにはいかへんと思って、英語に変えながら歌って、めちゃくちゃ恥かいたっすね。
ALI:(笑)。
M.C.L:「その程度で曲作れ言うな」と言われて。あれはだいぶ苦い経験でしたね。トラックは何とか入手して、日本に帰って4人で完成させました。
ALI:それが、1st アルバム『Bellyas』に入れた曲ですね。
暗い場所でも、いるだけでその場が明るくなるような存在になりたい(CHAI)
CHAI(チャイ)
ーー2017年に『COMING KOBE(以下、カミコベ)』に出演されたことはMACKJACKにとってのターニングポイントかなと思いますが、いかがですか。
CHAI:『カミコベ』は自分たちの中で1番良いライブができたんじゃないかという日で。JAGA-Cは今あまり喋ってないし「ヤーマンピーマン」しか言わないですけど、たまにすごく良いこと言うんです。
JAGA-C:ヤーマンピーマン。
ーー(笑)。
CHAI:僕ら、念願のカミコベに出れたのに知名度が全然なくて、急遽入れてくれたステージだったので、他のアーティストさんのステージに向かう大行列の人を目の前に、全然お客さんがいない状況で歌うしかなくて。「出れたのにこれかよ」と、リハーサル終わってネガティブになりかけてたところで、JAGA-Cが「全員お客さんにしたらいいんやろ」と、すごいポジティブなことを言って。そこでM.C.Lのスイッチも入って、全員をお客さんにする気合いでマイクで大声で呼びかけて。ライブも過去1番のフルバイブスでやれたんです。そしたらだんだん人が集まってきて、最終的に0から50人ぐらいまで増えて。その中にレーベルの方がいらっしゃって、ライブを見てもらえました。
JAGA-C:僕が言っても何も変わらへんと思ってたから、とりあえずM.C.Lに何か言おうと思って。そしたらM.C.Lがテンション上がり始めて「お前何やねんそれ、バカちゃうん。だけどやる気出てきた!」みたいな。
M.C.L:バカやな〜。BAKA VIBESやな〜。
ALI:でも結構そういう場面あるよね。他の出演者さんを見に来てるお客さんをどれだけ自分たちに巻き込めるかというのは、常に意識しながらライブをやってるので。『カミコベ』の経験は今もすごく活きてると思います。
ーー7月にリリースされたシングル「心に太陽」に<どんな時でも心に熱い太陽を>というリリックがありますが、こういうマインドを持ち続けていたところはありますか。
CHAI:高校の時からずっと意識してますね。心に太陽というか、暗い場所でもいるだけでその場が明るくなるような存在になりたいなとは、昔からみんな考えてました。
ALI:そうなりたいという憧れもあるよね。この曲は自分らにも言い聞かせてますね。
ーー何かそう思うキッカケはありましたか。
CHAI:僕、当時バッティングが悪くて、5歳上のコーチがつきっきりで朝練してくれていて。朝5時にコーチを起こしに行って、グラウンドで寝ぼけ眼のコーチと練習するんですけど、打てなさすぎて「何で俺こんな打てへんのよ」とうな垂れた時に、「お前それ言えるぐらいやってんのかよ! 落ちていくの簡単なんだよ!」「こいつがおったら勝てる、こいつがおったら何かやれるんじゃないかと思わせる選手にならないとダメやろ」という話をされて、18歳の僕にはすごく響いて。そのおかげかもしれないです(笑)。
ALI:良い話。この曲は僕らも泣きながら仕上げたので、届いてほしいですね。
バカになって賢くなるなよ。何でもやっていけ(JAGA-C)
JAGA-C(ジャガシー)
ーーそして「BAKA VIBES」と「翔んでWi-Fi(feat.ジャガ先輩)」の2曲が同時リリースされます。どちらもアゲアゲの楽曲ですが、この2曲を同じ日に出そうとなったのはなぜですか?
M.C.L:「BAKA VIBES」に関しては元々やりたかったんですけど、「飛んでWi-Fi」はガイダンスですね。
ーーというのは?
M.C.L:たまたまJAGA-CやみんながWi-Fi難民で「Wi-Fi〜どこねん、Wi-Fi〜(探す仕草をしながら)」というのから、「これ曲にせえへんか」みたいな。バカやな〜という感じです(笑)。
ALI:「BAKA VIBES」はどちらかというとメッセージ性が強くて、バカと言いつつも「熱い気持ちを持っていけよ」という裏メッセージもあるんです。それと完全にちょけてる「飛んでWi-Fi」を交互に聞いてほしいというか。「BAKA VIBES」を聞いて「飛んでWi-Fi」を聞いたら「あ〜バカだな〜」となるし、「飛んでWi-Fi」を聞いて「BAKA VIBES」を聞いたら、「さっきバカやってたのにカッコええな」となってもらえたらいいな、という同時リリースです。
ーー「BAKA VIBES」はどんなことを歌いたかったんですか。
M.C.L:ほんまに暗いニュースが溢れてて、嫌やなとメンバーと言ってて。そういう時にポジティブでバカなバイブスがこんな暗い日本を変えれるんちゃうかなと思って、「バカな曲やらへん?」みたいなところから始まりました。
ーー「日本に足りないのは、時代に足りないのはBAKA VIBES」とありますね。
CHAI:大きく出てます。これだけ情報が蔓延してる時に何かを突き詰められるバカは少ないと思うので、そういう人でありたいという想いも込めてますね。
ALI:野球バカとか、「すごく熱中してる」という意味のバカでもあるので。
CHAI:褒め言葉やね。
JAGA-C:賢くなりすぎて挑戦せえへんのはやめてほしい、「諦めずに挑戦してほしい。バカになって賢くなるなよ、何でもやっていけ」という意味がこもってます。
ーーすごく納得です。ずっと野球1筋で来られて、その泥臭さを知っているから言えることだなと。<目の前壁だらけ?最高やんけ>なんて、なかなか言えないですよ。
CHAI:僕が言いたいのは、「逆境最高」ということですね。
ーー<ぶっ壊せ借り物のフェイス>も響きました。
ALI:僕はけっこう人見知りなので、自分に対しても「そんなん取っ払って泥臭くやっていけ」というメッセージはあります。
ーー人目を気にしてなかなか全力を出せないとか。
ALI:ありますよね。
ーーそんなところを打破していきたいと?
M.C.L:それはずっと思ってます。だから僕らはSNSでもさらけ出すスタイルです。どんどん周りにも影響を与えたいと思ってます。
ALI:あとこの曲はライブを1番楽しんでほしいですね。まだ声が出せなかったり、色んな制限があるライブも多いので、体で表現してノリノリになってほしい。
ーーイントロだけでタオルが回りそうですね。
ALI:YANAGIMAN大先生の曲ですからね。
ーー制作に関してはいかがでしたか。
CHAI:レコーディングで「バカが足りないよ! もっともっとバカにならないと!」と言われましたね(笑)
ALI:真面目すぎるねと(笑)。
ーー根っこが出たんですね。
ALI:1番から2番にかけてどんどんバカになっているのが「BAKA VIBES」の特徴です。
ーー最後は<そこに愛がないならNo Thank You!>と。
M.C.L:しっかり立て直しました(笑)。
CHAI:1番伝わってほしいところですね。
ALI:聴いてもらった後にポジティブになるメッセージが残ってほしいんです。「原点(2021年リリース)」にもある、自分たちの高校時代の経験も語りつつ、最後にメッセージを歌うパターンを「BAKA VIBES」にも採用してます。
ーー<時代に足りないのは BAKA VIBES 答えの無い世界でSURVIBE 気持ち次第でここは PARADISE>ですよね。
CHAI:そこの歌詞は全員で考えたんですけど、ほんまスッと埋まっていったよね。韻担当のM.C.Lが気持ち良い韻を踏んでくれて。
ーーライブで聞くと元気になりそうですね。
CHAI:早くライブで披露したたいですね。
12月に「阪神」で行われる、盟友とのツーマンライブ
MACK JACK
ーー「翔んでWi-Fi(feat.ジャガ先輩)」はジャガ先輩フィーチャリングということで。
JAGA-C:ジャガ先輩と僕、似てるんですけど、ちゃうんですよ。ジャガ先輩という地元の先輩がいて、僕は直属の後輩です。
ーーでは先輩の代わりにお聞きします。作詞は皆さんでされたんですよね。
全員:はい。
ーー曲のテーマは?
JAGA-C:ホテルに行っても、新幹線に乗っても、海外に行ってもどこに行っても、最初に探すのってWi-Fiですよね。そういうWi-Fi難民の方に向けた応援ソングです。
ーー応援ソング。
M.C.L:ジャガ先輩が困ってたん?
JAGA-C:ジャガ先輩も困ってて、共感してくれたからやってくれた。僕らだけじゃ歌えないから、ジャガ先輩にお願いして代わりに歌っていただいたんですけど。
ーーメインボーカルはジャガ先輩ですよね。
JAGA-C:もう全部です。
ALI:僕らは合いの手ぐらいですね。
ーー「翔んで」というのは?
CHAI:願いです。
M.C.L:Wi-Fi、翔んでいてほしい、と。
ーー<電波ごと心奪いたい>というのは?
CHAI:それはジャガ先輩のエゴが出ましたね。
M.C.L:ジャガ先輩はオラつき系なので、JAGA-Cには歌えないし書けないリリックなんです。
JAGA-C:怖い先輩なので、電波ごと全部奪いたいらしいです。
MACK JACK
ーーライブにはジャガ先輩はいらっしゃるんですか。
JAGA-C:いらっしゃる予定ですよ。これはジャガ先輩にしか歌えないので。
M.C.L:12月のツーマンは何とか押さえられるかな。
ALI:それを逃すと逆にヤバい。
JAGA-C:もう見れないんちゃうかみたいな。
M.C.L:裏情報で、ジャガ先輩が出てきた時に、JAGA-Cはいつもトイレかどこかにいなくなっちゃうんですよ。
JAGA-C:何でか知らんけど(笑)。
ーー今お話に出たツーマンライブ「バッチこ〜い! 2マン!2デイズ!」は、大阪と神戸2本立てですね。
ALI:「阪神」ですね。
ーーそういうことですか!
ALI:大阪編はレゲエDee JayのCORONAが出るんですけど、彼は僕らと同い年のDeeJayで、それこそ僕らがクラブやダンスホールでやってた時に一緒に出演したり、めちゃめちゃ遊んでた友達です。僕らは僕らのやり方で上がっていって、CORONAはCORONAのやり方で今現場を湧かしてるんです。このタイミングで一緒にやろうぜと言ったら2つ返事でOKしてくれて。多分向こうもめちゃめちゃ気合い入ってるし、僕らも成長した姿を改めて見せたいからけっこう燃えてますね。神戸編に関しては、CHAIとJAGA-Cが関係性が近いかな。
ーー神戸編は近石涼さんですね。
CHAI:音楽性的には全然交わる感じはしないと思うんですけど、俺らはバイト先が焼肉屋でずっと一緒だったんです。JAGA-Cがキャプテンで、近石がバイトリーダーをしていて。
JAGA-C:バイト上がってから深夜2人で音楽の話をしたり、「俺らどうやったら売れるかな」という話も結構してて。「いつかイベントできたらいいよね」と話してたら、今回実現できました。
CHAI:本当に昔から一緒にやろうと言いつつ全然タイミング合わずで。でも彼が僕らの主催ライブに遊びに来て「めちゃくちゃ良かったっす」と言ってくれたので、「それやったらやろうや!」「いいんすか!」みたいな感じで始まったんですけど、やっぱ後輩なんでね、負けたくないっす!
JAGA-C:闘志とリスペクト。
ALI:もちろんリスペクトありきです。その意味では大阪編と神戸編、色が違う燃え方が見所だと思います。両方来たら面白いんちゃうかな。
ーー対バン相手によって全然違うものですか。
M.C.L:今回は特に変えましたね。
ーー気合いはかなりのものだということですね。
全員:はい! バッチこ〜い! です。
ーー最後に、今の夢は何ですか?
M.C.L:やっぱり野球で行けなかった甲子園球場でライブをするのが、僕ら4人の夢です。それはブレないので。この前もあいみょんの甲子園球場のライブを見て「ここや」と改めて再認識して。今足りていないものにも気付いているので、「やるだけやな」と燃えています!
MACK JACK
取材・文=ERI KUBOTA 撮影=高村直希 
取材協力=神戸JAMDUNG

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着