高校卒業前に生み出されたことに驚く。リュックと添い寝ごはん「青春日記」。[しゅかしゅんYUNA Urock! 第35回]

高校卒業前に生み出されたことに驚く。リュックと添い寝ごはん「青春日記」。[しゅかしゅんYUNA Urock! 第35回]

高校卒業前に生み出されたことに驚く
。リュックと添い寝ごはん「青春日記
」。[しゅかしゅんYUNA Urock! 第35
回]

大阪☆春夏秋冬のYUNA(ユウナ)です。

Urock! 35回目になりました。
3月も最終週ですね。
今月は皆さんに来ていただけるライブが一本もないという、8年間この活動をしていて初めての1ヶ月でした。
こんな経験はもう二度としたくないですが、とても貴重な1ヶ月で沢山のことを考えさせられました。
何もできない自分のもどかしさだとか、ライブから貰える生きがいが、自分の人生においてどれほどの割合を占めていたのか、思い知らされました。
なので、こうやって毎週届けられるコラムの存在が今とても大きなものになっています。
少しでもみなさんの人生の足しになるような文章を書けたらいいな、そう思っています。
という事で、今月のテーマ『卒業』から最後の一曲を。
今までで1番青春を近くに感じられているバンドからの一曲を選曲させていただきました!
リュックと添い寝ごはん さん「青春日記」。
リュックと添い寝ごはん「青春日記」
個人的に今とても注目しているバンドでもあります。
ふとYouTubeのおすすめに出てきて曲を聴いたところ、イイ曲に出会えるという稀にあるあの出会い。
まさにその出会い方をしたバンドです。
そして曲を聴いた後に驚いたのはこのバンドのメンバーの年齢で、当時まさかの現役高校生。
今年無事卒業されていたみたいで、、、おめでとうございます。
そして2019年に学校で所属していた軽音部引退ライブがあったようで、既にそのライブでこの曲を披露しているというのもまた驚くところ。
卒業よりも前にこの詞を書けているという事、そして高校生活を共にしたバンド・メンバーやこの曲と共に卒業を迎えられる事、素晴らしく美しいですよね。羨ましく思います。
これほどに青春なことはないんじゃないでしょうか。
現役の高校生だからこそ届けられる色や音があって、特にこの歌からはそれをひしひしと感じました。
青春日記 歌詞 「リュックと添い寝ごはん」
https://utaten.com/lyric/tt20032301
聴く人の年代によって思い返される青春なんて必ず違うはずなのに、聴き手によって広げられる想像が沢山詰まっていて聴いているとワクワクします。
やはり目覚ましの曲は嫌になるものなのか。
私は基本的に、元々携帯に入っているサウンドでアラームを設定していたんですけど、それはもうめちゃくちゃ嫌になってましたね。
嫌になる上に、どんどん起きられなくなってきますし。
辛い朝を思い返すだけでも笑えてきます。
しかしそんな中でも、必ず起きられる曲がありまして。大阪☆春夏秋冬の曲です。
自分たちの曲が流れるとどうしても脳と体が反応してしまうようでイントロの一音で飛び起きてしまいます。
そのせいで、設定していた自分たちの曲までもが嫌になっていたのはここだけの話(笑)。
だったら設定するなって話なんですけどね、必殺技のようなものでした。
今思い返せばそんな出来事も高校時代だけだったなぁ。自然とその時にしか描けない日々になっていたんですね。
青春日記 歌詞 「リュックと添い寝ごはん」
https://utaten.com/lyric/tt20032301

あの頃に描いていた夢や希望はもうないのか、、、ん? すべての人がそうとは限らないのではないか? なんて疑問が。
だけど“あの頃”が指している時期がいつかは描かれていないのか。
自分の中で青春の対象といえば高校時代という印象だったので、つい“あの頃”と高校時代を結びつけてしまっていましたが、これは納得です。
青春が日々変わるように、思い返す“あの頃”もどんどん変わっていくんだろうなあ。
切ないようで、どの“あの頃”も消えることなく残り続け、さらに増え続けていく。とても素敵な青春ですね。
『RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019』の優勝アーティストでもあり、既に勢いづいてはいるバンドではありますが、高校生活という青春を卒業して、新たな世界での青春を過ごしていくこのバンドのこれからがとても楽しみです!
どうでしたでしょうか。
また自分たちの主催対バンライブがあれば、ぜひ出演していただきたいバンドでもあります。
では、久々に今月のPLAY LISTを。

PLAY LIST 『卒業』
「3月9日」 レミオロメン
「青春日記」 リュックと添い寝ごはん
「Best Friend」 kiroro
Good Riddance (Time of Your Life)」 GreenDay
「卒業」 ガガガSP
「さらば青春」 Dragon Ash
「ビューティフルグッバイ」 天才バンド
「サラバ青春」 チャットモンチー

順番も合わせて是非聴いてみてください。
今月は『卒業』というテーマでお届けしましたが、私にとって卒業は、人生の中で課題をクリアした証のようなものだと感じています。
学校だけでなく、グループや会社からの卒業や友達関係からの卒業ももちろん同様に。
そこから卒業できた成長を少し肯定してもらえるような証。
寂しいものばかりでなくむしろ前に進むための一歩だと思っています。
気持ちよく卒業するためにも、それまでは全力で頑張りたいですね! 一緒に頑張りましょう!!!
ではまた。
You rock!!
しゅかしゅん LIVE INFO
☆新型コロナウイルス感染症の拡大防止の為、スケジュールは延期・中止になる場合がございますので、各欄記載の主催者ホームページや大阪☆春夏秋冬のホームページ、SNS等で随時ご確認いただきますようお願いいたします。
▶「Higashi Osaka Music Entertainment Festival」(HOME FES)
【日時】 2020年4月5(日) 12:15開場/13:00開演
【会場】 東大阪市文化創造館 Dream House 大ホール (大阪)
【出演】 大阪☆春夏秋冬 / GIRLFRIEND / 他
【料金】 S席:7,000円(ノベルティ付き) A席:5,000円 2階ファミリー席:4,000円 3階:一般席3,500円

▶大阪☆春夏秋冬対バンツアー「DACHI∞」
[大阪公演] 
【日時】 2020年4月11日(土) 16:00開場/17:00開演
【会場】 アメリカ村DROP
【料金】 前売 3,000円 当日 3,500円 (ドリンク代別)
【ゲスト】 悲撃のヒロイン症候群

[名古屋公演]
【日時】 2020年4月12日(日) 16:00開場/17:00開演
【会場】 名古屋SPADE BOX
【料金】 前売 3,000円 当日 3,500円 (ドリンク代別)
【ゲスト】 我儘ラキア

[東京公演]
【日時】 2020年4月25日(土) 16:00開場/17:00開演
【会場】 新宿BLAZE
【料金】 前売 3,000円 当日 3,500円 (ドリンク代別)
【ゲスト】 フィロソフィーのダンス / 26時のマスカレイド and more…
▼チケット一般申込受付はこちら
一般発売日:2月1日(土)16:00~
▷イープラス

▶「MAWA LOOP OSAKA 2020」
【日時】 2020年5月5日(火・祝)・6日(水・祝) ※出演日後日発表
【会場】 BIGCAT、FANJtwice、ANIMA、DROP、BEYOND (大阪)
【出演】 EMPiRE、26時のマスカレイド、raymay、我儘ラキア、WILL-O'、大阪☆春夏秋冬、Kolokol、NightOwl、真っ白なキャンバス、わーすた(五十音順)
【料金】
[オフィシャル3次先着先行]
2days Early Bird:11,000円(税込)
1day Early Bird:5,500円(税込)
受付期間:2020年3月4日(水) 12:00~2020年3月28日(土) 15:00
[一般発売(各プレイガイド)]
2days:11,500円(税込)
1day:6,000円(税込)
受付期間:2020年3月29日(日)10:00~
この記事を書いた人
YUNA(ユウナ)
1999年5月26日生まれ(双子座 /A型/一人っ子)
▶Twitter
▶Instagram
▶U rock!記事一覧

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着