新レーベルSpinnin’ Records Asia、
日本人アーティスト第一号はKEN TAK
ANO

KEN TAKANOがSpinnin’ Records Asiaから世界デビュー。

楽曲はもちろん、MVも必見!

世界最高峰のダンスミュージックレーベルSpinnin’ Recordsが昨年末に設立した新レーベルSpinnin’ Records Asia。

Spinnin’ Recordsと言えば、Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)をはじめ現行シーンで活躍する数多くのスターを輩出。YouTubeサブスクライバー数は2640万人を超える世界的な人気を誇るメガレーベル。
そんなSpinnin’ Recordsがアジアの才能を発掘するべく立ち上げられたのがSpinnin’ Records Asiaなのだが、そこからいよいよ日本人アーティストがリリース。記念すべき第一弾アーティストとなったのは、過去には高野健一pal@pop名義で活動し、ポップシーンでも活躍したKEN TAKANO。1月17日にシングル“Antidote (Feat. Nico M)”で世界デビューする運びとなった。
なお、デビュー曲“Antidote (Feat. Nico M)”のMVには、「本能寺の変」などで知られるダンスユニット:エグスプロージョンがコラボ出演。東京の街や寺社を背景にユニークなダンスを披露している。
KEN TAKANOコメント
「ダンスミュージックが大好きで、世界で一番のSpinnin’ Recodsからリリースすることは大きな目標でした。今回のリリースがゴールではなくスタートなのだと心に強く受け止め、アジアを代表するアーティストになれるよう頑張りたいと思います。サポートしてくれた家族やSpinnin’ Recodsのスタッフ、よしもとのスタッフ、関わってくださった全ての皆さんに感謝します」
エグスプロージョンコメント
「日本らしさを出していけばKEN TAKANOというアーティストがSpinnin’ Recodsとゆう大きなレーベルの中でもビジュアルとともに印象付くと思い、解毒剤というタイトルから陰陽師の除霊的なイメージに着地し広がっていったアイデアでした。なんかわからないけど見てしまう、そんなMVになると思います(まちゃあき)」

「EDMという世界的な音楽ジャンルの中で、『日本』における現代のポップさ、古来からの厳かさを併せて、様々な角度から描いた作品となっていると思います。きっと海外の皆さんが日本を、そしてKEN TAKANOをハッキリと記憶してくださる作品です(よしお)」

オフィシャルサイトをチェック

PARTY CHANNEL(パーティーチャンネル)

おしゃれでパーティー好きな人のためのWEBメディア。
EDM、クラブ、フェスの最新情報からアーティスト・DJのインタビュー、イベントのレポート、パーティーシーンを彩る流行りのファッションやアイテムなど様々な情報を分かりやすくお届け。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着