さなり、今年ブレイク間違いなしの1
6歳ラッパーの素顔

『白雪とオオカミくんには騙されない』
でも注目を浴びた16歳の新星さなり。今
年最も注目すべきラッパーはこの人

SKY-HIプロデュース楽曲でデビューし現在最も注目を集めている16歳のラッパー、さなり。ラッパーとしては珍しい透明感のある歌声と等身大のリリックに多くの人々を惹きつけています。また、大人気恋愛リアリティショー「オオカミくん」シリーズにも出演し知名度を上げました。今年ブレイク間違いなしとも称されるさなりの魅力を紹介します。

さなりのプロフィール

2002年11月16日生まれで現在16歳のさなり。さなりという名前の由来についてはひらがなという誰もが理解でき、検索できるワードにしたかったと話しています。元々はチョコレートが好きということもあり「ちょこ」という名前で活動していましたが、デビューにあたり却下されてしまったというエピソードも。なお、本名や出身については明かされていませんが、今後徐々に明らかになっていくことでしょう。

さなりは小学校低学年の頃からYouTubeへ動画投稿を始めており、そこで得た広告収入によってパソコンを購入。小学校卒業とともに中学校へと進学したさなりは、友達からラップの誘いを受け、SKY-HIの影響でラップに興味を持っていたこともありこれを承諾。ラップにのめり込んでいったさなりでしたが、転校がきっかけで本格的に音楽制作にのめり込むことに。YouTubeやニコニコ動画といった動画投稿サービスでも楽曲の投稿を始め、ラッパー・さなりとしての基礎はここで築かれたと言えるでしょう。
彼がラッパーとしてデビューするきっかけとなったのが新世代のラッパーを開拓するプロジェクト「OverFlow Project」。同プロジェクトで見事グランプリを獲得し2018年10月『悪戯(Prod.SKY-HI)/キングダム(Prod.MEG)』でデビューを果たしました。映像を見てみると当時からスタイリッシュな格好をしており、周りの出演者と比較してもラッパー像とはかけ離れた佇まいをしていますよね。それがさなりの魅力でもあります。

『白雪とオオカミくんには騙されない』
への出演でブレイクへ

ラッパーとして活躍していたさなりが一躍脚光をあびることになったのはAbemaTVの恋愛リアリティーショーの5作目『白雪とオオカミくんには騙されない
』への出演でした。同番組は男女の恋愛模様を独自のルールを用いながら追いかける大人気番組。この番組の特徴は本気で恋愛をしに来ている出演者の恋愛をかき回すオオカミ役が1人混ざっていること。そのオオカミ役に抜擢されたのがさなりでした。

実はさなり自身は番組に出演することは、音楽に集中したいという理由から消極的だったらしく、オオカミ役であるならば(つまり本気で恋愛する必要はない)ということで引き受けたのだと語っています。

しかし、さなりは自らオオカミであることを事前に伝えてしまう前代未聞のルール違反を犯してしまったことで話題を集めました。同じ出演者であるあいりに対しオオカミという立場でありながら好意を抱いてしまったさなりは、オオカミであることを伝える決断をしました。その際に自身の楽曲「Flow love」を逆に読ませる”Wolf love“という粋な演出をしたことで注目されることになったのです。

さなり、今年ブレイク間違いなしの16歳ラッパーの素顔はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

アーティスト

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着