歌手、福原遥。ありのままの自分を表
現するスタート地点で彼女は歌を選ん

幼少期から子役として活躍し、女優・声優やバラエティ出演を経た福原遥の次なるステージはシンガー。彼女のデビュー曲「未完成な光たち」は、前に一歩進んでいく人々に向けられたスタート地点を明るく照らしている。この曲に込められた想いと、彼女がシンガーとして新たな一歩を踏みだす瞬間は見放せない。

Photography_Takaki Iwata
Interview & Text_Futon Natori

歌手として初めての一歩を踏み出す「未
完成な光たち」

――まず、歌手デビューが決まった時の感想を教えてください。

福原 : 音楽はもともと小さい頃から好きで、歌が好きで、いつも自分の身近な存在にありました。落ち込んだ時に聞いて励ましてもらったり、支えてもらった存在です。なので、自分もいつか自分の歌で誰かを励まし、勇気を与えられる人になりたい。そんな歌を歌いたいなとずっと思っていました。ここ何年かずっと準備をしていて、ついにデビューということで、すごくうれしかったです。

――長年の希望が叶ってのデビューだったんですね。

福原 : そうですね。いつかデビューできたらなと思っていたので。歌手になるとしたら、誰かに勇気を与えたり、背中を押せるような曲を歌いたいと思っていたので、今回のデビュー曲『未完成な光たち』はぴったりでした。まさに歌いたかった曲だなと! この曲でデビューできたことが嬉しいです。
――「未完成な光たち」はどんな人に届けたい曲ですか?

福原 : 同世代はもちろん、初めて何かに挑戦したり、夢に向かって頑張っている途中だったり、前に進もうとしている方々に届いたらいいなと思っています。

――曲を通して、どんなことを伝えたいのでしょうか?

福原 : 目標へと進む歩みの途中って「これで大丈夫なのかな?」と不安になったり自信をなくして折れちゃったりすることって誰しもあると思うんです。だけど、「そのまま進み続けていったらちゃんと目指す場所につける、光は見えてくるから」という思いを込めて歌っています。どんなに輝いている人たちでも、立ち止まる時期はあるはず。だから、これから完成に向かう人たちに、この曲が寄り添えたらいいなと思っています。
――これまで福原さん自身が「もう一歩踏み出せない」という瞬間があったら教えてください。

福原 : 実は、日々、悔しいと思っているんです。この曲も、レコーディングするときは自分の思い描くイメージ像にたどり着けなくて、泣きそうになりながらレコーディングしていました。でも、少しずつちょっとでも前に進もう、という気持ちで勉強していきながら、今は徐々に進化しているのかな、と思っています。

――自身も「未完成」であるというか。

福原 : 歌手「福原遥」として、まだまだこれからだと思っています。これまでやってきた女優の仕事は、役を演じるなかでの表現でした。でも、歌手として自分自身を表現するのはこれまでになかった経験です。自由にできるぶん、表現の仕方や引き出しがまだ足りなくて、どう自分らしく表現したらみなさんの心に刺さるのか?というのを、これからも模索しつづけていきたいです。

マルチに活躍する福原遥に宿る「ブレな
い芯」

――これまでの、女優や声優として「役を演じる」表現から、歌手デビューによって「自己表現」をしていくフェーズに立ったということで、心境などに変化を感じますか?

福原 : どの表現もまったく違いますね。これまで、自分の意見を出すことがありませんでした。やりたいことはあったんですけど、自信がなくて、前面に押し出すことができなかったんです。自分自身を見つめ直すこともなくて「空っぽなんだな」と思う時期もあって。でも、20歳になったタイミングで自分と向き合ってみたんです。そこから「私はこうしたい」といえるようになってきました。自分の意見を求められる環境も増えてきて、まさに今変化を感じていますね。自分自身も変わりたいと思っています。

――まさに変化の途中なんですね。

福原 : 今だって、確固たる自分を強く持てている訳ではありません。でも、ブレない芯は大事にしていきたいですね。最近は自分がどうしたいか、どうしたくないかなどの意見と考えは大事にしながらお仕事をしています。

――例えば、ご自身のブレない芯はどんな部分に表れていますか?

福原 : 歌手としてなら、歌い方や自分のイメージ像をしっかりと持って取り組んでいます。「こうしてください」と他人から言われるんじゃなくて、自発的に方向性を決めていますね。

――多方面のジャンルで活躍している福原さんが、特に大切にしているお仕事はなんでしょうか?

福原 : どのジャンルも等しく「表現」だし、人に何かを届ける仕事でもあります。だから、どの仕事が一番かではなく、どの分野でも自分の表現を届けたいなという気持ちが常にありますね。どれかひとつの仕事で他の仕事がおろそかになる、みたいなのは嫌なので、どれも今の自分ができる完璧な状態で届けられるように、見ている人たちのことを考えていきたいです。
――誰かに「何かを届けたい!」という気持ちは、福原さんにとってどんなことなのでしょうか?

福原 : 私がしているこのお仕事は、「誰かに影響を与える」ことができる仕事だと思っています。大きくいえば、「夢を与える」仕事だなと。

――そう思い始めたきっかけはなんだったのでしょう?

福原 : 個人的に、安室奈美恵さんが大好きで。中学2年生の頃、ライブに初めていった時に心から感動したんです。あんなに熱気があって、見ているみんながキラキラしていて、安室さんが笑ったら一緒に笑って、バラードだと泣いている人もいたりして。
こんなに影響力を与える人ってすごいな、って。そこで私も頑張らなくちゃって感じました。

――安室奈美恵さんのどんな部分に刺激を受けたのでしょうか?

福原 : あんなに大きな人気があっても、ずっと謙虚な心を持っていて感謝の気持ちを忘れないところや、自分の意見を持っている部分ですね。ファンにどうやったら思いを届けられるかを常に追求していて、例えばライブリハの最後の最後まで考え抜いている姿がかっこいいです。

――彼女の姿勢が福原さんの仕事観にも生きているんですね。

福原 : そうですね。「できないことなんてない」という夢を見させてもらいました。だから、自分も身近で勇気をもらえるような存在でありたいです。誰かに「明日からも頑張ろう」とパワーを感じてもらえるなら、役者としても歌手としても誰かにもっと感動を届けたいですね。

――最後に、歌手デビューにあたっての意気込みを教えてください。

福原 : 自分に対してかぁ…。なんだろうな。でも、正解はないし限界もない。歌手「福原遥」としてはスタートを切ったばかりなので、これからどんな歌を歌うかだったり、どんな表現をしていくかはまだ模索している最中です。表現の可能性は無限だから、いろんなことに挑戦したい。そして、みんなに支えてもらっているからこそ、もっともっと前に進んでけるように頑張りたいです。

作品情報

福原遥 first Album
2019.08.07
『未完成な光たち』


AICL-3735 ~ 6 ¥2,300
【CD】
01.未完成な光たち
02.箱庭のサマー
03. 未完成な光たち(Instrumental)
【DVD】
・未完成な光たち Music Video
・未完成な光たちドキュメンタリー


AICL-3737 ¥1,000
【CD】
01.未完成な光たち
02.箱庭のサマー
03. 未完成な光たち(Instrumental)


AICL-3738 ¥1,000
【CD】
01.未完成な光たち
02.箱庭のサマー
03. 未完成な光たち(TV Anime-MIX)
04. 未完成な光たち(Instrumental)


福原遥
オフィシャルサイト
Twitter
instagram

歌手、福原遥。ありのままの自分を表現するスタート地点で彼女は歌を選んだはミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着