BIGYUKI、長岡亮介、MIYACHI、Nazら
がセッション、“オンガクサイコー”
PV

ソフトバンク「SoftBank music project」の一環で制作された楽曲“オンガクサイコー”のPVが公開された。
7月26日から開催される『FUJI ROCK FESTIVAL ’19』で5Gを体験できるプレサービスを展開するソフトバンク。PVが公開された“オンガクサイコー”は、DJ FUMIYARIP SLYME)、BIGYUKI、長岡亮介(ペトロールズ)、ハトリミホ(New Optimism)、MIYACHI、Nazの6人のアーティストによるセッションを通して制作された楽曲だ。
また“オンガクサイコー”を使用したウェブCM『みんなのオンガクサイコー』が、『FUJI ROCK FESTIVAL』公式YouTubeチャンネルでのライブ配信時に公開。崎山蒼志Creepy Nuts、澤部佑(ハライチ)、鮎川誠BiSH、Licaxxxらが出演している。

DJ FUMIYAのコメント

とても新鮮で刺激的なサイコーのメンバーでオンガクを作りました。みなさんにも楽しんでもらえたらサイコーです。

BIGYUKIのコメント

今世の中がどんどんバラバラになっていってる。俺が子供の頃思い描いていた21世紀像とは程遠い。 今回それぞれ全く違うバックグラウンドのミュージシャンが集まって一つのモノを作り上げた。みんな違う、違うからこそ楽しい、 違うからこそ力を合わせた時凄い事ができる。音楽はそれを可能にしてくれる。音楽好きが集まれば世界は一つになれるって信じさせてくれる。オンガクサイコー

長岡亮介のコメント

顔を合わせたこともない人間が集まって、この曲が生まれました。ひとりひとりのフィールドでは生まれ得ないもの。この顔ぶれだったからこそ生まれたもの。2度とない人生みたいだ。音楽も人生もそこにあることが奇跡。

ハトリミホのコメント

今回のプロジェクトのように、故郷の日本で、初めて出会った日本人のミュージシャンとコラボする経験は初めてだったので、とっても楽しかったです!みんなの個性がいい感じに混ざっているエネルギーの曲になったと思います。参加できて嬉しかったです。ありがとう!!!:Dこの曲が流れる夏、 みんなの夏が、 音楽というベストフレンドと共に最高のサイコーであることを、海の向こうから祈ってる!:)Love, Miho Hatori

MIYACHIのコメント

皆さん、MIYACHIです。オンガクはサイコーです、ぜひ楽しんでください。

Nazのコメント

レコーディング、そして撮影、この素晴らしいミュージシャンの一人として参加できたこと、本当に夢みたい。曲も大好き、オンガクサイコー。
提供:音楽
:CINRA.NET
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着