中山美穂 デビュー35周年で音楽活動
を本格的に再開、約20年ぶり新曲発売
&中野サンプラザ公演も決定

中山美穂が、6月21日にデビュー35周年イヤーを迎えるにあたり、音楽活動を本格的に再開することを発表した。
2015年末の特番出演時には番組内最高視聴率を叩き出し、また今年2019年3月16日(土)に愛知県・名古屋 CLUB QUATTOROで行われた浜崎貴司FLYING KIDS)の弾き語り対バンツアー『GACHI HAL TOUR 2019』にゲスト出演した際には感極まる観客の姿もあったという。その様子に感銘を受けた音楽制作スタッフが、35周年イヤーに中山美穂の音楽活動を本格的再開したいと提案をし、今回の音楽活動の本格化に至ったそうだ。
1985年のデビュー以降39枚のシングルと21枚のオリジナルアルバムをリリース。中山美穂ワンマンでの最後のライブは、1999年10月30日(土) 六本木Sweet Baisil。彼女のオリジナル曲としては1999年9月16日「Adore」以来、約20年ぶりとなるファン待望の新曲を今冬に発売を予定しているとのこと。
さらに、自身の誕生日でもある2020年3月1日(日)には、デビュー時に初コンサートを行った思い出の場所、中野サンプラザでのコンサートも決定している。
中山美穂
■中山美穂 コメント
ありがたいことに、コンサートはやらないのですか?と言って下さる方が沢山います。音楽から遠ざかって随分と経ちますが、私の気持ちはいつだって音楽で溢れています。泣いたり笑ったり、感動の思い出が沢山詰まった中野サンプラザ。また歌えることの喜びを皆さまにお伝え出来る日が来るなんて信じられませんが、かなり贅沢な誕生日パーティーとして楽しんで頂けたらと思います。

中山美穂

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着