Michael Kaneko / Cracks In The Ce
iling Music Bar SessionにMichael
Kanekoが登場。オーセンティックであ
り今日的。力強くも風通しのいいパフ
ォーマンスに酔いしれて。

Kan SanoやNenashiらに続いて、気鋭のプロダクション〈origami PRODUCTIONS〉からMichael KanekoがMusic Bar Sessionに登場した。

Michael Kanekoは湘南生まれ、南カリフォルニア育ちのSSW。2017年に、1st EP『Westbound EP』をリリースしているほか、トヨタやパナソニック、資生堂など様々な企業のCMへの楽曲提供や、数々の楽曲へのボーカル/コーラス参加など、その活動は多岐に渡る。また、デビュー前に客演参加したAmPm「Best Part Of Us」はSpotify上で世界中の主要プレイリストに入り、現在では2,700万回を超える再生数を誇るほどのヒット・ソングとなっている。

今回のMusic Bar Sessionでは、先述のEP『Westbound EP』にも収録されている楽曲で、Michael Kaneko自身もライブ時に演奏が一番楽しいと語っていた「Cracks In The Ceiling」を演奏してもらった。時にウィスパーに、シルキーな質感を擁する表現力豊かなボーカルと、緩急の効いたサウンド・メイク、エモーショナルなギター・ソロに注目を。

なお、Michael Kanekoは今夏 “CORONA SUNSETS FESTIVAL 2019”(http://corona-sunsets.jp/artists/) や “夏びらき Music Festival 2019”(http://www.natsu-biraki.com/) などの野外フェスへの出演も決定している。このセッション映像に魅せられた方は、ぜひとも生でそのパフォーマンスを体感してほしい。
Text by RINJUN


【TOKYO SOUNDSとは】

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かした、以下の3つの機能を有している。

=======================================

(1)楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

(2)SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、Instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

(3)アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

※提携パートナー(ミュージシャン、レーベル、映像クリエイター、映像監督、フォトグラファー、ダンサー)を募集中

応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/

=======================================

■ TOKYO SOUNDS オフィシャル・サイト(https://tokyosounds.com/)

■ TOKYO SOUNDS Twitter(https://twitter.com/_tokyosounds_)

■ TOKYO SOUNDS Instagram(https://instagram.com/tokyo.sounds)

※撮影の様子など貴重な映像はインスタ・ストーリーで公開

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」