生田絵梨花のレコーディング風景を公
開 ディズニー・アニメーション映画
『ウィッシュ』スタジオ歌唱特別映像

12月15日(金)公開のディズニー・アニメーション映画『ウィッシュ』から、日本語吹替版声優・生田絵梨花のレコーディングスタジオ歌唱映像が解禁された。
『ウィッシュ』は、ウォルト・ディズニー・カンパニー100周年記念作品。どんな“願い”もうと言われているファンタジーの世界“ロサス王国”を舞台に、“願いの力”をまだ知らない17歳の少女・アーシャが、ある出来事によって王国に隠された秘密を知り、恐ろしいヴィランに立ち向かう姿を描く。
ヒロイン・アーシャの声は、『ウエスト・サイド・ストーリー』で第94回アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリアナ・デボーズが担当。『アナと雪の女王』シリーズのクリス・バック&ファウン・ヴィーラスンソーンの両監督がメガホンをとる。また、日本語吹替版では、生田絵梨花がアーシャの声を担当する。
ディズニー・アニメーション映画『ウィッシュ』 (c)2023 Disney. All Rights Reserved.
どんな願いも叶うと言われる魔法の王国ロサスでは、国民は偉大な魔法使いであるマグニフィコ王に願いを捧げ、いつか王様が魔法で自分の願いを叶えてくれることを信じて暮らしていた。しかし、アーシャは、人々に慕われているマグニフィコ王が、実はみんなの願いを閉じ込め支配しているという王国の真実をひとり知ってしまう。思いもしなかった真実を知ってしまったアーシャが夜空に向け「どうか お願い」と強く願ったとき、彼女のもとに降りてきたのは願い星(スター)だった。スターや相棒の子ヤギ・バレンティノ、そして仲間たちと共に皆の願いを取り戻そうとするが、みんなの“願い”を破壊しながら魔法の力を増すマグニフィコ王がアーシャの前に立ちはだかる。
解禁された映像は、本作の日本語吹替版でアーシャを演じた生田絵梨花が、レコーディングスタジオで劇中歌「ウィッシュ~この願い~」を歌唱する姿を収めたもの。映像は、アーシャの「星が私たちを導き、自分の可能性を思い出させてくれる」とのセリフから始まり、劇中歌「ウィッシュ~この願い~」の歌唱へと続く。生田は、自身のレコーディング時を振り返り、「ギュッと固まった強さにならないように、地を踏みしめて、空の星まで届くような伸びやかな力強さになったらいいなと思いながら歌っていました」と語っている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着