2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC

2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC

【しらぬい ライヴレポート】
『しらぬい ADVANCE 3MAN TOUR 2022
“再光の夜”東京編』
2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC

2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC
2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC
2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC
2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC
2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC
2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC
2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC
2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC
2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC
2022年11月25日 at 下北沢MOSAiC
 しらぬい主催で東京、名古屋、大阪を巡った3マンツアー『ADVANCE 3MAN TOUR 2022 “再光の夜"』。春ねむり、それでも世界が続くならが出演したツアーファイナル、東京公演の模様をレポートする。

 春ねむりのライヴは「Déconstruction」からスタート。全身をしなやかに動かしながら声を響かせ、湧き起こる想いを音に焼きつけるかのように言葉を溢れ返らせるさまは、歌、ポエトリーリーディング、ラップの要素を自由自在に行き来していた。現実に対して抱く疑問、やるせなさ、悲しみ、怒り、戸惑い…無数の感情を滲ませつつも、生き抜くことを諦めない姿勢を示す楽曲の数々は、どれも強いメッセージを含んだ物語だった。“私は私の音楽を楽しんで帰りたい。それぞれ一番心地良い方法で楽しんで帰ってくれたら嬉しいです”とMCで語っていたが、観客各々の心にさまざまな感情を呼び起こしたのではないだろうか。ラストを飾った「祈りだけがある」が鮮烈だった一曲として思い出される。燃え上がるかのようだったと同時に、聖歌のように清らかに迫ってきた。

 続いてステージに立ったのはそれでも世界が続くなら。“配信をやった時に、重たい病気に罹っている子が言っていた言葉があって。僕、返事ができなくて、ずっと気になっていたんです。その子の言葉が曲になってしまいました”と篠塚将行(Vo&Gu)が言い、1曲目「流星群」がスタート。歌い始めた彼に続き菅澤智史(Gu)、琢磨章悟(Ba)、只野うと(Dr)のサウンドが合流。構築されていくアンサンブルがスリリング極まりない。用意したセットリストに沿うのではなく、ステージ上で抱いた想いのままに歌うスタイルが印象的だった。ラストを飾ったのは痛みを抱えながら生きる人々を包み込むかのようだった「copy and delete」。空間を共有する観客に対して誠実でありたいという強い意志を感じるライヴだった。

 ステージを覆っていた幕が外され、仄暗い光に照らされたステージで「orasu」の演奏をスタートさせたしらぬい。岩井陽紀(Vo&Gu)、長谷川翔大(Ba&Cho)、早川寛人(Dr)のサウンドが融け合い、音像を渦巻かせていくさまに息を呑まされた。ディレイを駆使したフレージング、タッピング、爆音、アルペジオなど、多彩なギターの音色を響かせ、リズム隊がしっかりと土台を支えるサウンドが心地良い。バンド演奏に一層の奥行きと色彩を与える歌声も冴えわたっていた。新曲「アフターオール」を歌い終えた後のMCで、“本当に今日、今までで一番自由に歌って、ステージで演奏できているっていう気がします。いつもより安心してライヴができています”と語っていた陽紀。その言葉通りのパフォーマンスに、観客は心奪われていた。

 “しらぬいは12月いっぱいで活動を一旦休止します。音楽は絶対に続けますので。ありのままの自分をステージで出していきたいと最近思うようになりました。今の自分はいろいろなことがうまくいかなすぎて、すごく悔しいです。今は誰かのためにはあまり歌えないけど、自分の悔しさをぶつけてライヴをしたいなと思っています。こんな自分を記憶に残す曲ができました”と語ったあとに披露した「記憶として」は、熱量を高めながら展開する様が美しかった。そして、“こんな自分を愛せるように”という言葉が添えられた「H E R O」で本編は終了。鳴りやまない手拍子に応えて行なわれたアンコールでは「twilight」が披露された。演奏が幕切れた瞬間、ステージに向かって届けられた大きな拍手。彼らライヴを初めて観る人もいたと思うが、気になるバンドとして“しらぬい”という名前を胸に刻んだのではないだろうか。

 こうして終演を迎えた『ADVANCE 3MAN TOUR 2022 “再光の夜"』。先述のとおり、しらぬいは12月いっぱいで活動を休止するが、メンバー各々の音楽活動は続く。今後も何らかの形で素晴らしい音楽を届けてくれるはずだ。

撮影:まい(@al1ce_key)/取材:田中 大


セットリスト

  1. ■春ねむり
  2. 1.Déconstruction
  3. 2.Kick in the World
  4. 3.そうぞうする
  5. 4.森が燃えているのは
  6. 5.パンドーラー
  7. 6.春火燎原
  8. 7.セブンス・ヘブン
  9. 8.祈りだけがある
  10. ■それでも世界が続くなら
  11. 1.流星群(新曲)
  12. 2.地獄に落ちろ ※途中までで中断
  13. 3.人間の屑
  14. 4.変声期
  15. 5.白昼夢から覚めるまで(新曲)
  16. 6.copy and delete(新曲)
  17. ■しらぬい
  18. 1.orasu
  19. 2.Hikari
  20. 3.aoi瞬間
  21. 4.paradigm
  22. 5.conflict
  23. 6.アフターオール
  24. 7.記憶として
  25. 8.H E R O
  26. <ENCORE>
  27. twilight

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着