近石 涼

近石 涼

【近石 涼 インタビュー】
“また会おう”と
言い合った人たちとの
ドラマを描きたくて曲を書き始めた

8thシングル「自分なんて捨てられれば」から約2カ月。早くも9枚目となるシングル「ラベンダー」をデジタルリリースした近石 涼の夏の新曲は、ラベンダーの花言葉に想いを乗せた、爽やかなミディアムロックチューン。老若男女、すべての人に青春へのノスタルジーを湧き起こすMVの撮影秘話も語ってもらった。

毎回新しい挑戦もできているので、
すごくいい状況が作れている

昨年夏は「ライブハウスブレイバー」「兄弟 II」「ハンドクラフトラジオ」「最低条件」と、8月から4カ月連続でシングルリリースがありました。今年も4月末には「自分なんて捨てられれば」、そして今回の「ラベンダー」と約2カ月でのニューシングルを発表され、すごく精力的に動いていますよね。

そうですね。みなさんに忘れられないように(笑)…というのもあるんですけど、常に新しい曲を出していくことで、聴いてくれるみなさんの反応を確かめながら進めることができる。だからこそ、毎回新しい挑戦もできているので、すごくいい状況が作れていると思います。

前作「自分なんて捨てられれば」リリース時のインタビューでも曲作りは常に続けているという話がありました。「ラベンダー」はどのように書かれていったのですか?

「自分なんて捨てられれば」がリリースされる少し前に、次は6月末にシングルを出そうという話になりまして。せっかく夏に向かっていく時期なので季節感を大切にしてみたいといろいろ調べていたんですけど、僕の中で初夏の花と言えば “ラベンダー”だなと思って。

ラベンダーはひとつひとつの花はささやかですが、華やかさと爽やかさがあり、香りも豊かですよね。

僕自身、今までそんなに意識したことはなかったんですけど、例えば自分の暮らしの中にも芳香剤だったり、アロマだったり、ラベンダーの香りは身近にあって、好きな香りだったなと。あと、花言葉がすごく印象的でした。“沈黙”や“期待”という意味もあれば、その逆にも思える“疑惑”という花言葉は、“こんなに小さな花なのに、なぜこんなに強い香りを放っているのか?”ということから生まれていたり。そこから、どんどんイメージが膨らんでいきましたね。

そして、一番有名なのが、“あなたを待っています”という花言葉ですよね。

そうなんですよ、すごくドラマチックで! 僕は6月と言えば、春に出会いと別れがあったあとに、いったん振り返る時期だと思っていて。“また会おう”と言い合った人たちとのドラマを描くことをテーマに、この曲を書き始めました。

進む道を違えた大切な人がいて、つらさや苦しみを経験した先でも、“あなたを待っています”の花言葉のように大切な人のことはいつまでも心に残る…そんな光景が浮かびます。そういう意味では近石さんにとってとても大きな存在であり、アーティストへの転機となった楽曲「兄弟 II」が描いていた内容と「ラベンダー」の歌詞はとてもリンクして聴こえました。

まさにそうですね。「兄弟 II」と表現は違いますけど、似ている部分はめちゃくちゃあるし、歌を向けている人もほとんど同じな気がします。ただ、「兄弟 II」はもっとリアルというか…自分自身の歌として歌っていましたが、「ラベンダー」は僕とよく似た人を主人公に置いて、物語を語っている自分に基づいたフィクションで。この違いはずっと曲を書き続けてきての変化なのかなと思いますし、アーティストとして前か後ろかは分からないですけど、確かに一歩進んだ気はします。
近石 涼
配信シングル「ラベンダー」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」