HEESEY

HEESEY

自分の生き写しのようなベースを
作品に封じ込めたい

J-ROCK&POPの礎を築き、今なおシーンを牽引し続けているアーティストにスポットを当てる企画『Key Person』の第24回目はHEESEY。ダーティーヒーローに憧れた少年時代からKISSをきっかけにロックに目覚め、プロのベーシストになるために模索した二十代、“30歳までには”と決心したタイミングでのTHE YELLOW MONKEYの結成など、その当時の心境を語ってもらった。
HEESEY プロフィール

ヒーセ:1992年にメジャーデビューし、2001年に活動休止、04年に解散したTHE YELLOW MONKEYのベーシスト、廣瀬"HEESEY"洋一のソロ。03年にHEESEY WITH DUDSE(05年に解散)、08年にTYOを始動(現在は活動休止)。13年12月、自身のライヴ活動の原点でもある渋谷La.mamaで“HEESEY”名義でのライヴ活動をスタートさせ、14年5月に1stソロアルバム『YOU SAY HEESEY』をリリースするとソロ名義での活動を本格化。16年のTHE YELLOW MONKEY再集結を経て、4年振りにソロ活動を再開させた。HEESEY オフィシャルHP

ロックは灰汁が強くて
ワイルドな、衝撃的な音楽

幼い頃からゴジラがお好きで、少年時代は怪獣マニアだったそうですね。

怪獣とかヒーローものが好きでしたね。ガキ大将ではなかったですけど、下町生まれなことや洋品店をやっている父親の影響もあって、べらんめえな感じはありました(笑)。父親が1954年に公開されたゴジラの第一作をリアルタイムで観ていて怪獣好きなので、それを僕にインプットしてくるんですよ。“ゴジラって面白いぞ! 一緒に映画を観に行くか?”みたいに(笑)。それをきっかけに僕もゴジラを好きになって、ウルトラマンや仮面ライダーとかのヒーローものにもハマっていたんですよね。コントやお笑いも好きだったので、その時代の典型的な男の子という感じだったと思います。

そんなHEESEYさんがロックを好きになったのはいつ頃だったのでしょうか?

中学からは地元ではない地域の学校に通うようになったので、すごく退屈だったんですよ。そんな中学1年生の時にロックに出会って。友達の影響でいろんなバンドを聴いたけど、圧倒的にKISSが好きになり、それこそ怪獣にハマった時のような感じでした。“中二病”なんて言葉があるように、中学生くらいの年頃はちょっとぶっ飛んだハマり方をすることがあると思うんですよね。KISSに目覚めて、家に帰ってからはずっとロックを聴いていました。

KISSにハマって、ご自身でもベースを手に取るまでにはどんなエピソードが?

友達にバンドをやらないかと誘われたんですけど、それが“HEESEYはKISSが好きだよね? ジーン・シモンズも好きだよね? じゃあ、ベースをやらない?”みたいな言い方で、その時は僕もバンドをやりたかったので“うん、好き! ベースをやろう!”と、すでにベース以外が揃ったバンドに入りました(笑)。まだギターとベースの違いも分かっていなかったけど、アルバイトをしてベースを買いましたね。

そんなご友人の誘導にも気がつかないくらい、ロックに夢中だったんですね。

歌謡曲やアニメの主題歌なんかも好きで聴いていたんですけど、ロックは特別な音楽に感じたんですよね。学校で習うようなクラシックとも違うし、すごく灰汁が強くてワイルドな、衝撃的な音楽でした。当時はそこまで追求できていなかったけど、自己主張の強いもので、子供ってどこか悪役に惹かれるところがあるじゃないですか。ゴジラも最初は悪者だったし、ダーティーヒーローのような、悪くてカッコ良い魅力にも憧れていました。

バンドやロックに没頭する中で、将来的なことを考え始めたきっかけはありましたか?

ジーン・シモンズを誘い文句に組んだメンバーとのバンドは結局、かたちにはならなかったんですよ。だから、僕が本格的にバンドを始めたのは高校生の時で、周りからしたら出遅れていたんです。でも、文化祭に出てみたりするうちに、“いつかこれでプロになってやる!”という気持ちがだんだん強くなっていって、2年生の頃にはそう決心していました。でも、プロになるためにはどうすればいいのか…それこそドロップアウトするのもひとつの手だと思ったんですけど、うまくやっていくためにまずは大学に進学することにしたんです。そうしたら親も納得してくれるだろうから、大学に通いながら、バイトをしてバンドを続けようと。でも、その両立はできずに中退しちゃったんですけど、バンドでプロになるという気持ちだけは強く持ったままでしたね。中退した時は流石に両親に怒られましたけど(笑)、“いつまでバンドやるんだよ?”とは言いながらも、“やめろ!”とは言われなかったんですよね。家にいさせてやるから自分の生活費は自分でなんとかしろと。今思えば協力してもらっていたと思います。

それはちょうどMURBASを始められた80年代頃だと思いますが、当時の音楽シーンはどんな印象でしたか?

まだライヴハウスも数少なかったですし、僕が思うロックは盛んではなかったですね。ニューミュージックの中のロックっぽいバンドはテレビに出ていたけど、日本のロックシーンはまだまだ大きくはなかったと思います。だから、バンドだけではやっていけない状況だったんですけど、そんな中でも漠然と“絶対にいつかは!”とは思っていました。

ロックに夢中だっただけでなく、プロになりたいという想いでやってこられたんですね。

でも、バンドをやっていると、バンドの中の思春期みたいなものもあるんですよ。結成して最初の頃は楽しくやっているけど、壁にぶち当たったり、新たな想いが出てくるターニングポイントが訪れるんです。実家に帰って親の跡を継いだり、バイトだったのが正社員になって音楽を辞めたりするバンド仲間が多くなってきたりしてね。そういう時期は必ずあって、僕も実家は東京だけど、そういうことを考え出すというか、夢を見ているだけじゃダメだと思った時がありましたよ。でも、自分の好きな音楽を分かってもらえるように、作戦みたいなものを考えるようになって、そんな時に加入・結成したのがTHE YELLOW MONKEYだったんです。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着