サイケデリックロックに急接近した
マディ・ウォーターズの
『エレクトリック・マッド』

『Electric Mud』(’68)/Muddy Waters

『Electric Mud』(’68)/Muddy Waters

1950年に設立されたチェス・レコードはブルースやR&Bを専門とするレーベルで、ロックンロールの成立に大きく寄与したことで知られている。特にマディ・ウォーターズをはじめ、ハウリン・ウルフ、リトル・ウォルター、バディ・ガイなど、シカゴブルースのスーパースターを抱えており、チェスは英米のロックアーティストに大きな影響を与えていた。しかし、ビートルズやローリング・ストーンズが登場してきた60年代になると世界的にロックが全盛の時代を迎える。60年代の中期を過ぎる頃には、若者たちの多くはロックに熱狂しブルースやR&Bのリスナーは減少していく。今回紹介するマディ・ウォーターズの『エレクトリック・マッド』は、その頃にリリースされた異端の作品である。チェスは起死回生の戦略として、マディ・ウォーターズに白人の若者に受けるサイケデリックロックをやらせようと考えたのである。

ロータリー・コネクション

レナード・チェスによってブルースやR&B専門のレーベルとしてスタートしたチェスであったが、経営が逼迫する60年代後半になると息子のマーシャル・チェスは新しい音楽への方針転換が必要だと考え、ポップス、ロック、ミュージカル、ソウルなどをミックスした新しいグループをプロデュースする。それが男女混成のロータリー・コネクションで、彼らは複数のヴォーカリストとバックミュージシャンで構成されていた。グループのイメージはフィフス・ディメンションをロック寄りにした感じである。このグループで女性のメインヴォーカルを務めるのは、のちにソロとなり「ラヴィン・ユー」を大ヒットさせるミニー・リパートン。

ロータリー・コネクションはカバー曲が多く、ストーンズ、ディラン、クリーム、ザ・バンド、マディ・ウォーターズなどの曲をストリングスなども交えながら原曲と分からないぐらいのアレンジを加えていた。しかし、リズムセクションはルイス・サターフィールド(Ba)とモーリス・ジェニングス(Dr)といった一流どころが務めているだけに、タイトでファンクネスに満ちたプレイが聴ける。また、驚くべきことに、ギターはジミヘンに大きな影響を与え、のちにマイルス・デイビスのエレクトリック・バンドで大活躍するピート・コージーを擁していた。

マディ・ウォーターズと
ハウリン・ウルフ

ロータリー・コネクションのデビューアルバム『ロータリー・コネクション』(’68)はビルボードチャートで37位まで上昇し、チェスの“ロック世代の若者”を狙った戦略は成功したと言えるだろう。そして、この後、あろうことかマディ・ウォーターズとハウリン・ウルフのアルバムについても、バックにロータリー・コネクションを起用してのアルバム制作を進めるのである。

その第一弾がウォーターズの本作『エレクトリック・マッド』(’68)で、第二弾がウルフの『ハウリン・ウルフ・アルバム』(’69)である。当初、ウォーターズは“売れるならこの路線でいい”というスタンスであり、一方のウルフは“歪んだギターの音ではブルースはできない”と『ハウリン・ウルフ・アルバム』を毛嫌いしていた。まさに、この2枚のアルバムはブルースの異端であり、ロックの作品なのである。ギタリストのピート・コージーは『ハウリン・ウルフ・アルバム』のセッション時、ウルフから「ブルースにワウとファズはいらないし、お前は髪を切るべきだ」と言われたと語っている。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着