イ・ヒョンジュ(元APRIL)弟が追加
暴露「姉は事務所の床で寝泊まり」…
DSPは家族・知人に対し法的措置へ

韓国ガールズグループ「APRIL」の元メンバー、イ・ヒョンジュ(23)へのいじめ説に続き、彼女の弟と名乗る人物が追加暴露をおこなった。所属事務所の立場と平行線を辿り、騒動は拡大する一方となっている。

3日午前、イ・ヒョンジュの弟と見られるネットユーザーはあるオンラインコミュニティーに「姉の会社とその他のAPRILメンバーの知人らの話などを見て何の罪悪感もないことが分かった。その方々の主張には正確な理由が欠けており、姉一人だけがおかしな人になっていくようだ」として長文を掲載した。
 彼は、イ・ヒョンジュが女優を夢見ていたが事務所の説得の末に「APRIL」のメンバーに合流したと述べた。また、練習生時代からいじめられていたイ・ヒョンジュは、続く嫌がらせから「デビューできない」と伝えても、事務所は「休んで考えなさい」という言葉と共にさまざまな形で説得してきたということだ。
 だが、イ・ヒョンジュの弟は「スケジュールや練習中、事務所へ通う途中にも倒れることがあったが、メンバーやマネジャーはすぐに病院に連れて行かず、倒れた姉をそのままにした」としながら、「結局、姉は呼吸困難などで苦しみ、いろいろな病院に通院して治療しようと努力した。それでも、薬を飲むと眠気に襲われ、スケジュールや練習に支障をきたすと言って薬もきちんと飲めなかったのを思い出す」と明かした。
 また、「明らかに加害者と被害者は分かれる」としながら、「『Tinker Bell』の活動時はいじめが一層酷くなった状態で、姉も我慢できず、逃げたいと言っていた。姉は宿舎での生活に耐え切れず、事務所の休憩室の床で寝起きし、事務所のシャワー室を使い、『Tinker Bell』の活動を乗り越えた。自身が座る車の座席に腐ったキムパ(韓国風のり巻き)が置かれていて、それを片付け、臭いがするから香水を振りかけたら、後から乗ってきたメンバーとマネジャーが臭いと言って文句を言った。そんな出来事が続き、姉は自殺未遂にまで追い込まれた」と暴露し、DSPメディアが公開した最初の公式立場に対して一つひとつ反論した。
 同日午前、DSPメディアは弟のこうした暴露について「対話さえできない状況にまで達している」としながら、「イ・ヒョンジュの家族および知人と主張する人物に対し、民・刑事上の強力な法的対応をとる」と警告した。
The post イ・ヒョンジュ(元APRIL)弟が追加暴露「姉は事務所の床で寝泊まり」…DSPは家族・知人に対し法的措置へ first appeared on 韓流エンターテインメント.

アーティスト

韓流エンターテインメント

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着