2020年11月29日 at 幕張メッセイベントホール

2020年11月29日 at 幕張メッセイベントホール

【HoneyWork ライヴレポート】
『HoneyWorks Premium Live Tour
2020 〜ハニフェス〜』
2020年11月29日
at 幕張メッセイベントホール

2020年11月29日 at 幕張メッセイベントホール
2020年11月29日 at 幕張メッセイベントホール
2020年11月29日 at 幕張メッセイベントホール
2020年11月29日 at 幕張メッセイベントホール
 2020年にデビュー10周年を迎えたHoneyWorksのライヴイベント『HoneyWorks Premium Live Tour 2020 〜ハニフェス〜』が、11月29日に千葉・幕張メッセイベントホールで開催された。HoneyWorksがプロデュースするLIP×LIPやmonaなどのキャラクターがバーチャルで登場した他、キャラクターを演じる麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜、の3人、CHiCO(from CHiCO with HoneyWorks)といったHoneyWorksファミリーが集結。「今好きになる。」「ファンサ」「ロメオ」などシリーズを彩る全20曲が披露された他、ライヴペインティングも行なわれ、10年の集大成と呼べるイベントになった。

 イベントはMVや『告白実行委員会』シリーズのキャラクターデザインなどを担当するHoneyWorksのヤマコとモゲラッタによるライヴペインティングで開幕。“緊張する〜”と言いながら、榎本虎太朗が瀬戸口雛を後ろから抱きしめるイラストをその場で描き上げたふたり。当日は榎本虎太朗の誕生日で、雛と虎太朗のエピソードを振り返りながら“良かったよね〜”“キュンキュンするね”と、いちファンとなってガールズトークを繰り広げた。

 『Virtual Live Part』には、まずはHoneyWorksの楽曲から誕生したアイドルキャラクターのmona(CV:夏川椎菜)が登場。ピンクのペンライト一色に染まる会場に“HoneyWorksさんのイベントに参加できてすごく嬉しいです。私も全力で楽しむから、みんなも思い切り楽しんでね”と声をかけ、可愛らしい振り付けとともに2曲を披露した。心の中で《You’re my angel!!》を叫んで、会場が一体になった「私、アイドル宣言」。往年のアイドルソングを彷彿させる「No.1」では、《Hi》《Nya》と心のかけ声がかかり、楽曲のMVそのままの世界が幕張メッセで繰り広げられた。

 次にHoneyWorksがプロデュースを手がける男子高校生2人組アイドルユニットのLIP×LIPが登場。勇次郎(CV:内山昂輝)と愛蔵(CV:島﨑信長)からなるふたり組で、“ジュリエッタ(LIP×LIPファンの呼称)の笑顔が見られて嬉しい”“ジュリエッタとライヴで会える日を楽しみにしていたよ”と、王子様感たっぷり。キレのあるダンスとともに「ノンファンタジー」や「ロメオ」など人気楽曲を披露し、ふたりの友達である南(CV:豊永利行)を呼び込んで“みんなも一緒にニャーニャーしようぜ!”と声をかけ、3人で「小さなライオン」を歌うコラボでもファンを喜ばせた。MCでは“ライヴをさせてもらえてありがたいよね”と涙ぐむ愛蔵を“泣いてるの?”と勇次郎がからかうなど、仲の良さにほっこりする場面も。最後に「リペイント」を歌うと、合いの手のリズムに合わせてブルーとイエローのペンライトが会場に揺れ、ふたりはつないだ手をあげて“ありがとう〜”とみんなの心の声援に応えた。

 そして、『10th Anniversary Special Live Part』では、まずはHanonとKotohaで、望月蒼太・早坂あかりの「恋人たちのハッピーバースデー」を披露。色違いの衣装で揃えたふたりの可愛らしい歌声で、HoneyWorksの10周年と榎本虎太朗のバースデーを集まったファンとともにお祝いした。二番手に登場したGeroはステージを駆け回りながら、自身が演じる濱中翠と成海聖奈とのドキドキエピソードを歌った「金曜日のおはよう」と「水曜日の約束」を熱唱。続けて成海聖奈を演じる雨宮天は、妹・萌奈への気持ちを歌った「ワタシノテンシ」を歌う。聖奈と同じツインテールのヘアスタイルにキャラクターへの愛を感じた。“次は可愛い妹と歌いたいと思います”と萌奈役の夏川椎菜を呼び込むと、“お姉ちゃ〜ん”と呼びながら登場した夏川。雨宮と「シス×ラブ」をデュエットした他、monaの楽曲「ファンサ」も歌い、《あざとくっても許してね》というmonaの自己紹介を繰り出すと、“ずっとこれを生でやりたかったんです!”と嬉しそうな表情を浮かべ、観客も曲中のかけ声に合わせてペンライトを揺らして声援を送った。

 次に瀬戸口雛を演じる麻倉ももがステージに登場。“雛はすごく悲しい失恋をしたけど、今はすごくキュンキュンする展開なんですよ!”と、まるで自分のことのように嬉しそうに話す。恋が始まった瞬間のドキドキを歌った「今好きになる。」、健気な恋心を歌ったミディアムナンバー「花に赤い糸」を届けると、楽曲の持つ一途さとピュアさが恋の顛末とも相まって、会場には胸を掴まれたような切なさが広がった。

 終盤はCHiCOが歌う成海家の愛が詰まったロックチューン「幸せ。」で幕を開ける。続けてHanon、Kotohaとの3人でHoneyWorksの最新シングル曲「婚約戦争」を披露。それぞれ王様、探偵、怪盗の役に扮してまさしく熱演! 原曲とは違った、女の子らしい可愛さでイベントを盛り上げた。そして、最後は麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜、CHiCO、Hanon、Kotohaの3人で、TrySailの「センパイ。」を披露。瀬戸口雛をヒロインにした映画『好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会〜』のオープニング主題歌で、会場には待ってましたとばかりに(心の)歓声が沸き起こり、観客は手拍子で6人の歌を盛り上げた。6人は《君》という歌詞で客席を指差し、最後は青春っぽくジャンプでイベントを締め括った。

 同イベントは新型コロナウイルスの影響で二度に渡って延期されたHoneyWorksライヴツアー『HoneyWorks Premium Live Tour 2020〜好きすぎてやばい。〜』のZepp Tokyo公演の振替公演で、10周年記念特別編として開催されたもの。演奏にはOji、中西を始めとしたお馴染みのミュージシャンが顔を揃え、HoneyWorksの10周年に相応しいイベントになった。

 麻倉、雨宮、夏川の3人が顔を揃え、それぞれのキャラクターの歌を歌い、そのキャラクターのストーリーが緻密に絡み合う。観客それぞれの頭の中で繰り広げられる考察と、目の前でリアルに展開されるライヴが混じり合い、得も言われぬアツさと感動を与えてくれた本公演。12月25日にはLIP×LIPの映画『HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”』の公開も控えるなど、まだまだHoneyWorksの『告白実行委員会』シリーズから目が離せない。

取材:榑林史章


セットリスト

  1. 【Virtual Live Part】
  2. 1. 私、アイドル宣言/ mona(CV:夏川椎菜)
  3. 2. No.1/mona(CV:夏川椎菜)
  4. 3. やっぱ最強!/ LIP×LIP(勇次郎・愛蔵/CV:内山昂輝・島﨑信長)
  5. 4. ノンファンタジー/ LIP×LIP(勇次郎・愛蔵/CV:内山昂輝・島﨑信長)
  6. 5. 映えラヴ feat. 南(CV:豊永利行)
  7. 6. 小さなライオン feat. 南(ふてニャン/CV:豊永利行)/ LIP×LIP(勇次郎・愛蔵/CV:内山昂輝・島﨑信長)
  8. 7. 夢ファンファーレ/ LIP×LIP(勇次郎・愛蔵/CV:内山昂輝・島﨑信長)
  9. 8. ロメオ/ LIP×LIP(勇次郎・愛蔵/CV:内山昂輝・島﨑信長)
  10. 9. リペイント/ LIP×LIP(勇次郎・愛蔵/CV:内山昂輝・島﨑信長)
  11. 【10th Anniversary Special Live Part】
  12. 1. 恋人たちのハッピーバースデー<Hanon、Kotoha>
  13. 2. 金曜日のおはよう<Gero>
  14. 3. 水曜日の約束<Gero>
  15. 4. ワタシノテンシ<雨宮天>
  16. 5. シス×ラブ<雨宮天、夏川椎菜>
  17. 6. ファンサ<夏川椎菜>
  18. 7. 今好きになる。<麻倉もも>
  19. 8. 花に赤い糸<麻倉もも>
  20. 9. 幸せ。<CHiCO(from CHiCO with HoneyWorks)>
  21. 10. 婚約戦争<CHiCO(from CHiCO with HoneyWorks)、Hanon、Kotoha>
  22. 11. センパイ。<麻倉もも、雨宮天、夏川椎菜、CHiCO(from CHiCO with HoneyWorks)、Hanon、Kotoha>
HoneyWorks プロフィール

ハニーワークス:通称“ハニワ”。ニコニコ動画、YouTubeなど動画投稿サイトで活動する関連動画総再生回数7億回を超えるクリエイターユニット。音楽性は“キュンキュン系”“青春系”と呼ばれるポジティブ系ロックが主体。2014年1月にメジャーデビュー・ボーカロイドベストアルバム『ずっと前から好きでした。』をリリース。同年5月には『ウタカツ!オーディション』でグランプリに輝いたCHiCOとのユニット、CHiCO with HoneyWorksの始動を発表。その後、『アオハライド』『まじっく快斗』『銀魂』『恋は雨上がりのように』など大人気テレビアニメのテーマソングを担当。また、ジャニーズWEST、戸松 遥、麻倉もも、Geroなどへの楽曲提供も行ない活動の幅を広げている。HoneyWorks オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着