梅棒、第11回公演のタイトルは『ラヴ
・ミー・ドゥー!!』に決定 『仮面ラ
イダージオウ』の押田岳や元モーニン
グ娘。の新垣里沙らがゲスト出演

2021年2〜3月に東京・愛知・大阪の3都市で上演される、梅棒の第11回公演のタイトル、出演者、公演スケジュールなどが発表された。
劇場での主催公演を中心に、嵐やAKB48等のアーティストLIVE 、TV番組、宝塚歌劇団や2.5次元舞台等での振付・演出でも活躍するダンスエンターテインメント集団「梅棒」。作・総合演出を務める代表の伊藤今人を中心に梅棒メンバーは9名が出演。本年8月に新たに加わった多和田任益はメンバーとして初めての本公演となり、多和田も振付を担当する曲があり、公演制作面にも挑む。
そんな本公演のタイトルは、梅棒 11th STAGE『ラヴ・ミー・ドゥー!!』。公演日程と場所は、2021年2月19日(金)〜2月28日(日)東京・サンシャイン劇場、3月6日(土)〜3月7日(日)愛知・ウィンクあいち、3月11日(木)〜3月14日(日)大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールとなっている。
梅棒
ゲストには、『仮面ライダージオウ』、ABEMA『オオカミくんには騙されない』、MBSドラマ特区『社内マリッジハニー』に出演の押田岳や、モーニング娘。の元メンバーでソロに転身後は舞台を中心に活躍する新垣里沙を迎える。
さらに、NHK『ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!』12代目おねえさんのほかTV・舞台等で幅広く活躍する鎮西寿々歌、過去の梅棒公演に幾度となく出演し、八面六臂の活躍をしている池田遼とYOU、アニソンでブレイクダンスを踊る一風変わったダンスチームRAB(リアルアキバボーイズ)のメンバーとしてブレイクダンス日本一に輝いたこともある涼宮あつき、第1回公演以来の出演となる、数々のダンスコンテンストを制した実力派ダンサーのJ、ダンスや歌の経験を活かしつつ、俳優をメインにフリーランスで活動中の野元空、TikTokの振付等で唯一無二の世界観を表現する話題のダンサーえりなっちとバラエティ豊かで強力なゲスト陣の出演が決定している。
本作は2014〜2015年に上演した梅棒 3rd STAGE『男なら、やってやれ!!』の数年後の世界を描く。3rd STAGEを観劇した方はもちろん、今回が梅棒初見となる人も笑って泣ける作品になること必至とのこと。
作・総合演出:伊藤今人 コメント
この作品は、元々は第3回公演の『男なら、やってやれ!!』を再演しようというところから始まりました。
それが協議を重ねるうちに巡り巡って、「前作から数年後、同じような運命を辿る3人の物語」という不思議なお話になりました。
再演といえば再演。続編といえば続編。そんな位置づけの公演です。
押田岳さんは今回初めましてになるのですが、”かわいい”から”男らしい”まで幅広く演じ分けられる素敵な俳優さんというイメージがあります。せっかくの梅棒ですからたくさん踊ってもらい、その踊りに表れてくる彼の俳優力が、今から楽しみでなりません。
新垣里沙さん。本公演のベースとなる第3回公演には、実は新垣さんをモデルに書いた役が存在しました。そして今回、運命的にも新垣さんご本人がこの続編にご参加いただけるということで、いよいよこの作品に魂が宿るのだなあと感じています。とびきり可愛く、時に切なく、演じ踊りまくってもらいます!
そして多和田任益。彼が梅棒に新加入して初の公演。お披露目となります。客演とはまた違った意味で、作品を生み出していく創作側の責任を背負う彼の覚悟。団体に所属して生きていくと決めた彼の輝く姿をお届けできると確信しています。
ここでは3名のみへのコメントとなりましたが、他にも素晴らしいゲストをお迎えしての公演、語ろうとしても語りきれない、楽しみすぎる座組になっています。梅棒としての新たな魅力がたくさん詰まった作品になること、間違いありません。
ぜひ劇場に足をお運びいただき、その目で見届けてくださいませ。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着