ChouCho

ChouCho

【ChouCho インタビュー】
私にとっての“約束”は
“また会おう”ってこと

曲が聴かれるのは今だけじゃないから
コロナだけの歌にはしたくなかった

ちなみにコロナ禍の自粛期間はどんなことを感じて、何をして過ごされてましたか?

普通にライヴができていたのって、すごく特別なことだったんだなっていうことを改めて実感しました。なので、もっともっと大事にしていきたいっていう気持ちが強く心の中に生まれましたね。あとは…猫を育ててたくらい(笑)。もちろん制作もずっとしてましたよ。「灰色のサーガ」はコロナ禍の前にレコーディングまで終わってましたけど、カップリングの「hide and seek」は自粛期間中に作ってました。歌詞もひと目見たら、そんな感じ(笑)。

でも、取りようによってはラヴソングにもホラーにも思えるような気がしますよ。

まぁ、自分のコロナ禍での心境を書き残しておきたいという想いは最初にありつつ…曲が聴かれるのは“今”だけじゃないじゃないですか。どんな状況で、どんな方が聴くかも分からないので、ひとつの意味に収まらない歌詞にしたかったんです。なので、コロナ禍の私の心境を盛り込みながらも遠距離恋愛にも取れたり、ちょっとダークな感じにも取れるような要素を入れてはいますね。

そう言われると、歌詞の中に登場する“君”を恋愛対象ととらえることもできますが、やはりChouChoさん的にはファンのことを思って書かれたのでは?

そういう意味で一応書きました。デビュー前は歌えるだけで幸せだったんですけど、やっぱり今は“届けたい”っていう気持ちのほうが大きいので、そういう言葉が自然と出てきてしまいます。ただ、直球すぎるとコロナの歌詞になっちゃうし、どこまでぼやかして、どこをしっかり言うかっていうところは悩みました。しかも今回、自分的にはあまり経験のないリズムのメロディーを作ってしまったがゆえに、そこにうまくハマる言葉を探すのも難しくて、作詞はかなり時間がかかりましたね。

確かに表題曲とはまるでイメージの違う、ChouChoさんのイメージからすると新鮮な曲ですよね。

カップリングは制約がなくて自由なので、毎回これまでやったことのないサウンドを見せたくて迷うんです。今回はR&Bっぽいリズムで、しかも言葉数が多いっていう、新たなジャンルに挑戦してみました。なので、曲を作るのも難しかったんですけど、自分で作っておきながら歌うのも結構難しかったです(笑)。リズムの取り方が普段歌ってるポップス、ロック、バラードとは全然違って、ほんと大変だったんですよ! でも、完成した音源を聴いた時は、すごくカッコ良いものができたと思えました。

ええ。お洒落なバーとかでも聴けそうです。

嬉しいです。あとは、声のサンプルをたくさん録って、ループとして音に組み込んでみるっていうのも初めての挑戦だったから、どうなるのか自分でも分からなかったんです。なので、完成するまで“自分の声を使ってお洒落に仕上がるのかな?”って心配だったんですけど、ヴォイスサンプルがむちゃくちゃ重ねられて遊んでる裏ではクレイジーなギターが鳴り響いてるっていう、すごく面白い仕上がりになりました。

最後は《約束果たしに行くんだ》というフレーズで締め括られますが、ChouChoさんにとって、その“約束”とは何になりますか?

やっぱり“また会おう”ってことですね。ライヴの時も、いつも“また絶対会いましょう”って言って終わっているので、“また会う”“届けに行く”ってことが私にとっての“約束”なのかなって思います。

実際、どのくらいの期間ライヴってやってないんですか?

2月にアコースティックライヴのワンマンツアーをやったのが最後なんで半年以上ですね。その間はインスタライヴを2回やって、そこで少し歌ったりもしました。機会があればオンラインライヴとかもやりたいですけど、やっぱり顔を観てライヴをしたいっていうのが一番の望みなんです。普通のライヴができるまで、あとどのくらい待てばいいのか分からないですけど、その間に今回のシングルのような自分の想いが濃く入った曲を届けられるのはすごく嬉しいです。作詞も作曲も全部自分なので。

そういう意味でも、「灰色のサーガ」がポジティブな曲で良かったですね。《予測不能な未来切り拓き》というワードもあったりして、ある意味で今の世相ともリンクするような曲ですから。

偶然ですけどね。ちょっと背中を押せるような曲にもなっているので、こういう時期だからこそ聴いてほしいです。

『魔女の旅々』の主人公であるイレイナは、新しいことを知るため、学ぶために旅に出ますが、ChouChoさんが今、学びたいことって何でしょう?

もちろん作曲についてはずっと学んでいきたいですし、どんどんスキルアップしていきたいです。結構さわやかな楽曲を任せていただくことが多いので、もっと暗いとか、もっとドロドロしてるとか、そういうイメージを覆すような作品や楽曲を作ってみたいという気持ちもあります(笑)。音楽以外なら…外国語を学びたいですね。英語に関しては留学もしてたんですけど、何年も経ってしまってもう忘れているので、もう一度学び直したい気持ちはあります。そうやって触れたことのない文化に触れたいっていう想いは、留学したことでより強く感じるようになったんです。世界にはいろんな考え方の人がいるんだっていうことを知ったので。

それこそアニメはフィクションとはいえ、作品ごとに文化も価値観も違いますから、タイアップで関わるたびに刺激的に感じられるのでは?

アニメのキャラクターって自分では経験できない人生を歩んでますからね(笑)。そういう非日常感は昔から好きで、自分とはまったく違うキャラクターだとしても結構入り込んでしまうタイプなんです。今はいろいろなことが制限されてストレスが溜まる日々を送ってる人も多いかもしれないですけど、やっぱりアニメや音楽って心に寄り添ってくれる存在だと思います。この『魔女の旅々』も素晴らしい作品ですし、その作品に寄り添って作った「灰色のサーガ」という楽曲も、ぜひアニメとともに楽しんでいただけたら嬉しいです。

そして、コロナが終息したらぜひ“約束”を果たしてください。

はい。来年はちょうどデビュー10周年を迎えるので、みなさんに楽しんでいただけるようなことも、いろいろ考えています。なので、楽しみに待っていてくれたら嬉しいです。とにかくライヴがしたいです。10周年ライヴを!

取材:清水素子

シングル「灰色のサーガ」2020年10月28日発売 Lantis
    • LACM-24046
    • ¥1,200(税抜)
ChouCho プロフィール

チョウチョ:2011年夏、TVアニメ『神様のメモ帳』OP主題歌「カワルミライ」でメジャーデビュー。『氷菓』『ガールズ&パンツァー』『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』など、話題のアニメ主題歌を次々と担当する一方、アーティストへの楽曲提供も行ない活動の幅を広げている。ジャンルを問わないナチュラルで艶のある歌声が高く評価され、海外のアニメイベントの出演やハイレゾ配信等、今後も幅広い音楽シーンで活躍が期待されている。ChouCho オフィシャルHP

「灰色のサーガ」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着