石崎ひゅーい、森山未來×北村匠海×
勝地涼×武正晴監督『アンダードッグ
』に主題歌書下ろし

石崎ひゅーいが、森山未來主演『アンダードッグ』主題歌として「Flowers」を書き下ろした。映画『アンダードッグ』は、多数の映画賞を席巻した『百円の恋』(2014年)の、監督・武正晴、脚本・足立紳をはじめとする製作陣が、キャストに森山未來、北村匠海、勝地涼を迎え、再びボクシングを題材にした最新作。
過去のささやかな栄光が忘れられず〝かませ犬(=アンダードッグ)〟になり果てた今も、ボクシングにしがみつく事しかできない三人の男たちを描いた内容となっている。
さらに、主題歌「Flowers」がいち早く聴ける本予告も公開となった。
石崎は、今回の楽曲について「‘アンダードッグ’ というリングに立たせて頂いた事、そして一緒に戦える事に心底興奮しています。」とコメントを寄せ、楽曲を聴いた武正晴監督は「ボクサーという非情の世界の住人を花に例えた詩情に感銘を受けた。この映画によって名曲が生まれたことに誇りを感じる。」と絶賛。石崎の起用について佐藤現プロデューサーは「石崎ひゅーいさんなら、地べたでもがきながら生きる者たちの心情を、俯瞰から見下ろすのではなく同じ眼線から表現してくれるのではないかと思い、書き下ろしをお願いしました。出来上がった「Flowers」は、まさに主人公たちの心の叫びであり、魂を燃やして生きようと思わせてくれる力強い歌でした。最高の主題歌です。」とコメントを寄せている。
石崎が紡いだ歌詞とその歌声は、男たちが繰り広げる激闘の余情となって心に突き刺さり、ルーザーたちのドラマをより一層盛り上げる。
10月31日(土)から開催される第33回東京国際映画祭のオープニング作品としての上映も決まっている劇場版『アンダードッグ』 【前編】【後編】は、11月27日(金)に同日公開となり、配信版『アンダードッグ』は、ABEMAプレミアムにて2021年1月1日より配信開始となる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着