OWV(オウブ)メンバーの魅力って?ファンなら見るべきおすすめ動画と待望のデビューシングルを紹介!

OWV(オウブ)メンバーの魅力って?ファンなら見るべきおすすめ動画と待望のデビューシングルを紹介!

OWV(オウブ)メンバーの魅力って?フ
ァンなら見るべきおすすめ動画と待望
のデビューシングルを紹介!

OWVってどんなグループ?

OWVは吉本興業所属のアーティストです。
人気オーディション番組出身のグループなので、番組放送中からOWVメンバーたちを応援していた人も多いのではないでしょうか?
また、OWVは動画なども積極的に配信しているので、それがきっかけでOWVを好きになった人もいるかもしれませんね。
ここでは、そんなOWVの結成秘話や話題の面白すぎるラジオなどについて紹介します。
「PRODUCE 101 JAPAN」の元練習生
OWVのメンバーは「PRODUCE 101 JAPAN」というオーディション番組の元練習生でした。
101人の練習生から国民プロデューサーによる投票で最終的に11人が選ばれ、上位11人の練習生は「JO1」として2020年3月4日にデビューを果たしています。
本田康祐は最終選考で15位となり脱落、佐野文哉は21位、浦野秀太は32位、中川勝就は63位という結果で、OWVのメンバーは残念ながら上位11人には選ばれませんでした。
しかし、多くのファンに支持された彼らは、番組終了後にグループを結成しデビューすることが決定したのです。
今後、JO1とのコラボなども期待できそうですね。
強い想いが込められたグループ名
OWVというグループ名は「Our only Way to get Victory~勝利を掴む僕たちだけの道~」の略で“誰にも真似することのできない唯一無二のグループとなり、この世界で勝利を掴む”という強い想いが込められています。
OWVのロゴは王冠のデザインで線対称、JO1のロゴは点対称のデザインになっており、ちょっとしたデザインの共通部分がファンの間でも話題です。
ちなみに、グループ名OWVの読み方は公式で「オウブ」と表記されています。
面白すぎる「ほなうさラジオ」
OWVが期間限定でTwitterとInstagramで配信していた「ほなうさラジオ」も、トークが面白すぎると話題になりました。
「ほなうさラジオ」というアカウント名は、グループ名が決まる前にメンバーの名字の頭文字を取って「ほなうさ」とファンの間で呼ばれていたことが由来しています。
新型コロナ感染拡大の影響により活動が制限される中で、ファンからの質問に答えたりメンバー同士の自然な会話が楽しめたりと、ファンからは大好評の配信でした。
ファンネームは“QWV”
OWVのファンネームはQWVです。公募して寄せられた多くのファンネーム候補からメンバーが話し合って決定したもので、他の候補には「AMO」「Owver」「Loveit」「にんじん」などがありました。
▲OWV(オウブ)のファンネームが決定しました!
QWVというファンネームには、OWVにファンの存在をプラスして共にあることが表されています。
また、OWVと一緒に歩んでくれるファンと一緒に大きなキューブを作り上げていくという意味も込められているそうです。
OWVのメンバー紹介!
OWVのメンバーは才能豊かで個性派揃いですが、不思議と仲が良くまとまりがあるところも大きな魅力になっています。
また、ファンからは「みんな優しい」「平和!」との声が多く、メンバーの性格の良さも愛されるポイントです。
それでは、今一番注目されている次世代ボーイズグループOWVのメンバープロフィールを一人ずつ紹介していきましょう。
本田康祐(ほんだ こうすけ
画像引用元 (Twitter)

愛称
本田ニキ、アニキ、本田くん

メンバーカラー

生年月日
1995年4月11日

出身地
福島県

血液型
A型

身長
175cm
グループの中でも特に熱い性格の持ち主で面倒見の良い本田康祐は、PRODUCE 101 JAPANの時から「アニキ」と呼ばれています。
人間性だけでなくダンス指導や振り付けなどを担当してメンバーを引っ張り、OWVでもリーダー的な存在です。
メンバーからの信頼も厚い本田康祐は、持ち前のリーダーシップで今後のOWVをさらに良いグループに導いてくれるでしょう。
WhiteA(ホワイトエース)の元メンバー
本田康祐はWhiteAという5人組ダンスボーカルユニットの元メンバーでした。
WhiteAは歌、ダンス、衣装、ステージなど完全セルフプロデュースのユニットですが、全て自分たちで手掛けているとは思えないほどのクオリティが人気のグループ。
WhiteAを脱退しOWVメンバーとなった本田康祐ですが、WhiteAのメンバーは本田康祐のやりたいことを尊重し、後押ししてくれたそうです。
ジャニーズの振り付けを担当したことも
高いダンススキルを持つ本田康祐ですが、過去には関ジャニ∞ジャニーズWESTの振り付けを担当したことがあります。
また、東方神起三浦大知のサポートダンサーを務めたり、AAAや超特急と一緒に仕事をしたりという華やかな経歴の持ち主です。
今後OWVでも彼が振り付けしたダンスを見られるかもしれませんね。
中川勝就(なかがわ かつなり)
画像引用元 (Twitter)

愛称
かつ、かつくん

メンバーカラー

生年月日
1997年3月16日

出身地
兵庫県

血液型
A型

身長
183cm
中川勝就はPRODUCE 101 JAPANの第1回順位発表で残念ながら脱落してしまったものの、モデルのように美しいビジュアルで多くのファンの心を掴んだメンバーです。
OWVの中でもフォトジェニックメンバーと呼ばれており、今後さらに多くのファンを魅了していくでしょう。
また、クールなラップやダンスにも要注目ですよ。
スタイル抜群の横顔イケメン
身長183cm、体重64kgという抜群のスタイルと小顔の持ち主である中川勝就。
もともと芸能活動をしていたこともあり、端正な顔立ちに魅了されたファンも多いのではないでしょうか。
そんな中川勝就はPRODUCE 101 JAPANの練習生たちが選ぶ「ビジュアルセンタートップ12」の中で7位に選ばれたこともあります。
▲PRODUCE 101 JAPAN|練習生が選ぶ!ビジュアルセンター9~6位は?|#5
こちらの動画では「身長が高くて顔が小さい」「笑顔が可愛い」など、他の練習生たちから絶賛されています。
また、この動画では彫刻のように美しく整ったEラインの横顔も披露されているので、ぜひチェックしてくださいね。
メンバーを支える癒し系
中川勝就はメンバーを支える癒し系として愛されています。
あるインタビューでは、リーダーの本田からはみんなを見てくれて支えてくれる月のような存在だと言われ、浦野からは空気を読んで和ませる癒やし系だと言われています。
また、佐野からは物事を俯瞰的に見れる人で、話し合いの際にも盲点になってる部分を誰よりも気付けるとも語られています。
気配り上手で、メンバーたちから愛されていることがよく分かりますね。
浦野秀太(うらの しゅうた)
画像引用元 (Twitter)

愛称
秀太くん

メンバーカラー

生年月日
1997年6月17日

出身地
神奈川県

血液型
A型

身長
178cm
ボーカルを志望してPRODUCE 101 JAPANに参加した浦野秀太は、抜群の歌唱力を誇り、OWVでもメインボーカルを務めています。
メンバーからも「ムードメーカー」「甘え上手」などと言われ、明るい愛されキャラとして支持されています。
また、トーク力もあるので今後はバラエティ番組などでも活躍が期待されるメンバーです。
元ジャニーズJr.でavexにも所属していた
浦野秀太は元ジャニーズJr.で、avexにも所属していたという経歴の持ち主です。
ジャニーズJr.時代の2010年には、スマスマJr.スペシャルにも出演していました。
ジャニーズJr.を辞めた後は、avexの高身長イケメン俳優グループ「イケ家!」で3年間活動。
また、ガールズアワード出演やケンドットのバックダンサーを務めた経験もあります。
OWVの中でも芸能界のことをよく理解している、頼もしいメンバーです。
ハイトーンボイスが武器
浦野秀太の武器といえば、何と言っても透き通ったハイトーンボイスでしょう。
優しく安定感のある歌声で、JO1としてデビューしたメンバーからも「僕は秀太の歌声が好きです」と絶賛されています。
また、バラードだけでなく力強いアップテンポな曲も歌いこなす実力派。
浦野秀太はピアノも得意なので、今後弾き語りのパフォーマンスなども見せてくれそうですね。
佐野文哉(さの ふみや)
画像引用元 (Twitter)

愛称
ふみや、さのふみ

メンバーカラー

生年月日
1997年5月25日

出身地
山梨県

血液型
B型

身長
171cm
佐野文哉も、本田と同じくダンスが得意なメンバーです。
PRODUCE 101 JAPANでも2人はライバルとしてお互いに高め合ってきました。
メンバーからも「エモい」「冷静沈着」と言われるように、クールな印象ですが華やかさも持ち合わせています。
職人気質な一面もあるので、今後OWVのセルフプロデュースには欠かせないメンバーと言えるでしょう。
青髪が印象的な努力家
青髪の印象が強い佐野文哉は、負けず嫌いの努力家としてメンバーからも認められています。
PRODUCE 101 JAPANではトレーナーに「スキルはあるのに表現力がない」と指摘されたものの、努力を重ねてコンセプトバトルでは「すごく良くなった」と高い評価を受けました。
青髪にしたのも、認知してもらうためのキャラ付けだったそうです。
しかし、青髪は管理が大変なので一度本田に「青髪やめたい」と話したことも。
これに対して、青と赤でずっと一緒にやっていきたいと思っていた赤髪の本田は「お前はずっと青でいてくれ」と頼み込んで説得したそうです。
バックダンサーやMV出演の経験も
佐野文哉は大学生からダンスを始めたにも関わらず、BTSやw-indsなどの大物アーティストのバックダンサーを務めた経験を持っています。
また、ナオトインティライミや三浦大知などの、大物アーティストのMVに出演するほどの才能の持ち主でもあるのです。
PRODUCE 101 JAPANでも、番組中どんどん磨かれていくダンススキルに多くのファンが魅了されました。
今後も彼の進化から目を離せませんね。
OWVファンなら見るべきおすすめ動画3選!
OWVはYoutubeチャンネルを開設しています。
OWVのチャンネルではメンバーが様々な企画にチャレンジする動画や、GYAO!のOWVグループ結成記念配信特番のアーカイブなども見ることができますよ。
動画は全てOWVファンにはたまらない内容になっていますが、その中でも特におすすめしたい動画3選を紹介します。
今後のOWVの運勢を占ってみた
▲【チャンネル開設記念!】OWV(オウブ)の今後の運勢を占ってみた!
この動画は占い芸人のアポロン山﨑が、メンバーの性格、過去や未来を占うという企画です。
占いにドキドキするメンバーに対して、ファンからは「終始可愛い」「可愛すぎて無理」とのコメントが寄せられています。
結果についても「めっちゃ分かる」「占い師さんプデュ見てた?」と言われるほど当たっていますよ。
気になる占い結果は、Youtubeでチェックしてくださいね。
メンバーで探り合い!ワードウルフ
▲OWV of Wordwolf! -ワードウルフで遊んでみた!-
Youtube企画第2弾の「ワードウルフで遊んでみた!」は、みんなでお題について話し合う中で、他の人とは違うお題を与えられた「ウルフ」を探し出すゲームにOWVがチャレンジする企画です。
疑心暗鬼なイメージが強いワードウルフですが、OWVのワードウルフは終始和やかで楽しそうな雰囲気で進行されます。
この動画では、メンバーの頭の回転が早いところ、優しいところ、本気で悔しがる姿などを見ることができますよ。
佐野チャーハンしゃもじチャレンジ!
▲OWV 炒飯チャレンジ ~佐野しゃもじ先生が炒飯作りに挑む!!~
「炒飯チャレンジ~佐野しゃもじ先生が炒飯作りに挑む!!」は、以前佐野が炒飯を作っていて、しゃもじを2本折ってしまったエピソードにちなんだ企画です。
メンバーが協力しながら炒飯を作っていくのですが、自炊経験のある本田と中川に対して、暴走する料理初心者の佐野と浦野のやりとりが面白く、微笑ましい内容になっています。
OWVのデビュー曲は?
OWVは2020年9月30日にメジャーデビューシングルを発売することが決定しています。
PRODUCE 101 JAPANからファンだった人にとっては、待ち望んだデビュー曲ですよね。
初回盤と通常盤、FC限定盤の違いや、CD収録曲、CDショップでの特典情報などもすでに発表されています。
最後に、待望のOWVデビュー曲情報をお伝えしましょう。
メジャーデビューシングル「UBA UBA」
2020年9月30日に発売される、OWVのメジャーデビューシングルは『UBA UBA』です。
OWVというグループ名に込められたメンバーたちの強い想いが込められており、メロディーやラップを盛り込んだスピード感のある楽曲に仕上がっているようです。
CDには他に『So Picky』『BE ON TOP』を加えた合計3曲が収録されています。
多彩な背景で構成されたジャケット写真は、FC限定盤ではメンバーそれぞれの顔をアップにしたものになっており、52ページのフォトブックも同梱される予定。
CDにオリジナルトレカが付いた通常版、DVD付きの初回盤、FC限定盤の3形態が発売されるので要チェックですよ。
対象店舗で予約・購入することでもらえる先行特典も見逃さないようにしてくださいね。
待ち遠しい歌詞ランキング上位にランクイン
UtaTenの「待ち遠しい歌詞ランキング」では、OWVの『UBA UBA』は現在第1位です。
さらに、CD収録曲の『So Picky』『BE ON TOP』も上位にランクインしています。
デビュー曲のリリースが近づいてきて、さらにOWVの注目度が高まっています。
「歌詞楽しみです!」ボタンを押して、みんなでOWVを応援しましょう!
▷「UBA UBA」歌詞楽しみです!ボタン
▷「BE ON TOP」歌詞楽しみです!ボタン
▷「So Picky」歌詞楽しみです!ボタン
大注目のボーイズグループOWV!QWVとして今後の活動を見守ろう
オーディション番組出身のOWVは、今最も注目を集めているボーイズグループです。
OWVは個性豊かでカリスマ性があるメンバーで構成されていますが、とても仲が良いグループであることも人気のポイントになっています。
また、OWVメンバーはトーク力もあるので、今後さらに活動の幅を広げていくのではないでしょうか?
もうすぐデビューシングルリリースを控えたOWVから、これからも目が離せませんね。
QWVとして、これからのOWVの活躍を応援しましょう!

TEXT Marin

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着