AKB48チーム8天然ビッグ3 下尾みう・
吉川七瀬・行天優莉奈「ぽんぽこ3」
夏・ステイホーム・AKB48で川柳披露

2020年6月26日、AKB48チーム8の「天然ビッグ3」と呼ばれる下尾みう(山口)、吉川七瀬(千葉)、行天優莉奈(香川)がメインを務める番組「ぽんぽこ3」がYouTubeで配信された。番組の進行役として、チームAで後輩の田口愛佳と西川怜が担当。

新型コロナウイルスにおける緊急事宣言を受けて、AKB48ではAKB48劇場を秋葉原から「おうち」に移し、メンバーが「おうち」から様々な企画をお届けしている「OUC48プロジェクト」が発動。秋葉原での劇場公演は2020年6月13日から2人で再開されたが、"おうち"から歌やパフォーマンスなど様々な企画を通して、ニッポンを元気にしたい!という想いが込められている。

「花火散り 楽しみもちり 夏終わる」

8月12日は「ぽんぽこ3」の7回目の放送を配信。今回の企画は「ぽんぽこ川柳」。3人がそれぞれのテーマで川柳に挑戦。1つ目のテーマが「夏」で3人は以下の川柳を披露。

下尾「喉渇き 水に飛び込み もう朝か」
行天「花火散り 楽しみもちり 夏終わる」
吉川「スイカ割り してみたいけど もったいない」

下尾は「"水に飛び込む"までは夢の話なんですよ、実際に砂漠にいた夢を見て、オアシスで"水だ!"と思ったら、起きたという夢をそのまま川柳にしました!"夏ならでは"と思って作りました」と解説。吉川も「背景は本格的だけど、文章よく見ると謎だよ(笑)」とツッコミ。

行天は「2つ目の"ちり"がどうして平仮名なの?」というMCからの質問に「平仮名じゃないの?!?漢字ありましたっけ?どういうこと?意味は全くありません(笑)意味があればもっとカッコよかったかもね(笑)」と今回も冒頭から行天ワールドを炸裂。また行天が「577って何だっけ?」と言い出すと、吉川も「なんか、あるよね、そういうの!」とぽんぽこ振りを発揮。

2つ目のテーマが「ステイホーム」で3人は以下の川柳を披露。

下尾「家時間 今しかできない ことばかり」
吉川「寝て起きて 食べて飲んでの 繰り返し」
行天「毎日が 休日だよ 悲しみず」

「一雫 触れたらアツイ その涙」

3つ目のテーマが「AKB48」。チーム8として6年間活動してきた3人は以下の川柳を披露。

行天「ビックリだ ゆりなが夢見た アイドルだ」
吉川「AKB 奇跡で入れた 吉川さん」
下尾「一雫 触れたらアツイ その涙」

行天は「本当は"びっくり行天"を入れたかったですが、字数があふれ出てるので、これにしました」、吉川も「"吉川七瀬"にしようと思ったのですが、字が余っちゃうので、押し込んで"吉川さん"にしました」と解説。

そして下尾が自身の川柳について「AKBといったら一人一人のドラマだと思いました。うれし涙、悔し涙、悲しい涙などたくさんの涙を流しています。"アツイ"もいろいろな漢字があると思うので、どの漢字を入れても成り立つなと思ってカタカナにしました」と解説すると、メンバーからも「おお!!!」と大絶賛。さらにメンバーやMCからの「本当に自分で考えた?誰か作家さんがいるでしょ(笑)??」とのツッコミにも笑顔で「やったー!嬉しい!」と喜びを見せていた。

今回は電波も「ぽんぽこ」でオンラインらしいハプニングも起きるなど見どころ満載。

▼AKB48 / OUC48プロジェクト「ぽんぽこ3(さん)」(2020年8月12日)
上段左から:西川怜、田口愛佳、吉川七瀬 下段左から下尾みう、行天優莉奈 (C) AKB48

上段左から:西川怜、田口愛佳、吉川七瀬 下段左から下尾みう、行天優莉奈 (C) AKB48

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着