小宮有紗、小岩井ことりからDJ KOOま
で13組7時間の熱いDJパフォーマンス
! 『OMOTENASHI MATSURI -2020 Augu
st-』

8月9日(日)にパーティーイベント『OMOTENASHI MATSURI -2020 August-』がライブストリーミング配信プラットフォームTwitchにて配信された。
『OMOTENASHI MATSURI -2020 August-』は、「J-POPをビートにのせて世界中の人々をおもてなし」をコンセプトに、日本ならではのアニメソングとダンスミュージック&クラブカルチャーを世界へ届けるプロジェクト『OMOTENASHI BEATS』が視聴無料で実施したイベント。MOTSU、DJ RK、KikKuU、西尾夕香、アイデンティティ、DJ 高木美佑、MIMORI from kolme、立花繭子*、桜men(中村仁樹,大川義秋,匹田大智)、DJ ロシエル、DJ KOO、DJ 小岩井ことり、DJ 小宮有紗ら13組が、約7時間にわたり熱いパフォーマンスを繰り広げた。
アニメ『頭文字D』の主題歌をはじめ数々のヒット曲に携わってきた元m.o.v.eのMOTSUがトップバッターを務め、ラップ炸裂のパフォーマンスで視聴者を魅了。続いて前回の初出演で大好評を受けたDJ RKが登場し、クラブサウンドの楽曲からアイドルソングまで幅広い音楽をリミックス。続くKikKuUも、自身の楽曲を織り交ぜながら誰もが知っている楽曲とコア向けの好きな人には堪らない楽曲をバランス良く選曲し、開始からノンストップでスピード全開のプレイが続いた。
MIMORI from kolmeによる自身が作曲した楽曲を含んだエレクトリックでチルなグッドミュージック、立花繭子*による夏フェスを彷彿とさせる邦ロックDJ、桜menによるエンターテイメント性の高い和楽器演奏、西尾夕香の「オタクとして信頼できる」とSNSで多く評された選曲、DJ 高木美佑のアニメファンには堪らないDJパフォーマンスなど、過去3回に引き続きジャンルレスで様々な音楽が展開された。
今回がDJ初挑戦の人気コスプレイヤー・火将ロシエルは、DJ ロシエルとしてアニメ〜アイドル〜J-POPまで縦横無尽な選曲で盛り上げる。DJ 小岩井ことりによってフロアと化した自宅からのDJ配信や、DJ KOOによるDJ講座も交えた贅沢なDJプレイが続き、トリを務めたDJ 小宮有紗は彼女ならではのキラーチューンづくしで、どこまでも視聴者を煽っていくパフォーマンス。大盛り上がりのまま、イベントは締めくくられた。
出演者はDJのみに留まらず、お笑いコンビのアイデンティティも出演。彼らにとって、観客からのレスポンスがない、配信のみによる漫才は初めてとのこと。「オラたちはDJじゃなくDB」と事前にTwitterにアップされた動画コメントで話していた通り、声優・野沢雅子のモノマネネタ=DB(ドラゴンボール)ネタを届けた。
イベントのエンドロール、終演直後のアフタートークでは、9月6日(日)に4回目となる『OMOTENASHI MATSURI』を開催することも発表。第1弾発表の出演者は、DJずっ from i☆Ris、MIMORI from kolme、DJ'TEKINA//SOMETHING、DJ NATSUMI、DJダイノジを予定している。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着