2020年7月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO

2020年7月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO

【Helsinki Lambda Club
ライヴレポート】
『Helsinki Lambda Club
「Good News Is Bad News」
release tour "Good News For You"』
2020年7月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO

2020年7月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2020年7月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2020年7月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2020年7月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2020年7月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2020年7月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2020年7月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO
2020年7月27日 at 渋谷CLUB QUATTRO
 2月に音源付きTシャツとしてリリースしたシングル「Good News Is Bad News」のレコ発ツアーファイナル公演。当初は3月に予定していたが、コロナ禍の影響で中止となり、7月27日に渋谷CLUB QUATTROで有料配信ライヴというかたちで実現した。

 初めての有料配信ライヴを行なう経緯について、橋本 薫(Vo&Gu)は事前に“現在素晴らしいフルアルバムも作っていてバンド自体はとても前向きであり、このバンドのストーリーを停滞させずに進めていきたいと思ったからです”とコメント。思うように活動ができない歯がゆさは大前提にあるとして、その中でもバンドは良いマインドで動いていたことが伝わる。この配信ライヴには“こんな時だからこそ音楽を”という想いもあったかもしれないが、観終わって心に残ったのは、すでに次のフェーズへと動き出しているHelsinki Lambda Clubの姿と、彼らはニューアルバムで何を企んでいるのだろうかという期待感だった。

 背景にさまざまな気持ちがある挑戦的なライヴとはいえ、奇をてらったパフォーマンスは一切なし。メンバーの様子もいつも通りという印象で、“無観客だから最初からアゲていく”ということもなく、ミドルナンバーの「しゃれこうべ しゃれこうべ」でじっくりと幕を開ける。客席のアングルで映される映像も相まって、まずはクアトロの空間を共有するように肩の力を抜いたステージを見せた。

 シングル「Good News Is Bad News」は“初期のヘルシンキのサウンドにもう一度アプローチしてみよう”という構想から始まった作品で、それに通ずるのかこの日に披露された新曲にも“原点に立ち返る”ことを意識したであろう楽曲がいくつかあった。特に初披露だった「ミツビシ・マキアート」のNYパンク感や、配信ジャケットのアートワークからしてVan Halenをオマージュした「午時葵」、彼らのルーツのひとつであるUKロックを覗かせた軽やかな「Shrimp Salad Sandwich」など、各曲に発見があったことで「Good News Is Bad News」がヘルシンキに新たな流れを生んだ一曲だったように思える。

 そして、MCではニューアルバムが11月にリリースされることと、そのタイトルが“Eleven plus two / Twelve plus one”であることを発表。収録曲ではバンドの過去・現在・未来を表現しているそうで、橋本がタッピングやラップを披露するサイケな「IKEA」を“未来の曲”と称していたことには納得感も。SEでは打ち込みや謎のヴォイスを使った民族音楽っぽさのある「Mind The Gap」を使用しており、この曲もアルバムに収録されることがアナウンスされたが、言われるまで彼らの楽曲だと気がつかないくらいの新鮮味があった。また、新曲を聴いて感じたのはサウンドのことばかりではなく、世の中に対する皮肉や、死生観を表現した歌詞を踊れるナンバーに乗せることで、ごく自然に耳に入り、ひとつの楽曲としてより奥深いものに仕上がっていたことも特筆しておきたい。

 ツアーは中止になってしまった公演もあり、ファイナルの日程も後ろ倒しになったが、このタイミングだったからこそシングルとアルバムのストーリーが感じられたように思う。ファンから集っていたリクエスト曲ランキングの1位がデビューシングル「バンドワゴネスク」だったことにもある意味“原点”を感じ、次作のアルバムだけでなく、その先の彼らの歩みを想う一夜だった。

取材:千々和香苗


セットリスト

  1. SE Mind The Gap
  2. 1. しゃれこうべ しゃれこうべ
  3. 2. King Of The White Chip
  4. 3. lipstick
  5. 4. Skin
  6. 5. Debora
  7. 6.ミツビシ・マキアート
  8. 7. Lost in the Supermarket
  9. 8. KIDS
  10. 9. PIZZASHAKE
  11. 10. Good News Is Bad News
  12. 11.IKEA
  13. 12.Shrimp Salad Sandwich
  14. 13.引っ越し
  15. 14. Jokebox
  16. 15.シンセミア
  17. 16.午時葵
  18. 17. バンドワゴネスク
  19. <ENCORE>
  20. 1. Time,Time,Time
  21. 2. ロックンロール・プランクスター
  22. 3. TVHBD
Helsinki Lambda Club プロフィール

ヘルシンキラムダクラブ:2013年に西千葉で結成された、“PAVEMENTだとB面の曲が好き”と豪語する橋本を中心としたニューオルタナティブロックバンド。ポップなのにどこかひねくれたメロディーと、ひねくれているようでわりと純粋な心情を綴った歌詞を特徴とする。19年5月に念願の海外公演を香港で果たし、8月には北京・上海にてツアーを開催。9月には台湾で行なわれた『Shout Out Festival 2019』に出演した。Helsinki Lambda Club オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着