『SUPER★DRAGON Special Studio Live「with LIVE」』

『SUPER★DRAGON Special Studio Live「with LIVE」』

SUPER★DRAGON、
初のオンラインLIVE開催
&セルフタイトルソングの初披露決定

SUPER★DRAGON(略称:スパドラ) が6月14日(日)に初のオンラインLIVE「with LIVE」(ウィズライヴ)の開催を発表した。6月3日正午よりLIVEチケットの受付がスタートする。

本企画は新型コロナウイルス(COVID-17)の影響で1万人規模のライヴハウスツアー「九龍領域」を残念ながら中止となったが、緊急事態宣言下で「ファンとのコミュニケーション」を今こそ絶やさないという思いから全8回のリモート配信「HOME SD」を国内でいち早くスタート! 日々のメンバー個人によるSNSでのコミュニケーション、週に一度メンバーとファンが集まれる「場」を発信し続けてきた。

そして、5月30日に行われた「HOME SD」最終回で宣言解除後、次なる活動として119日ぶりとなるライヴパフォーマンスを6月14日に初の配信限定LIVEで開催、さらに新曲「SUPER★DRAGON」の披露を発表。本楽曲はツアー中止〜リモート期間の中でファンと紡いできた感謝と未来への決意を込めた、今年結成5周年を迎えるグループのセルフタイトル・ソングとなる。

新曲「SUPER★DRAGON」はオフィシャルアプリ「AREA SD」でMusic Videoの最速視聴が可能だ。

【メンバー コメント】

■古川 毅
『九龍領域』ツアーが全て中止となり、すごい落ち込みました。
スパドラが結成して、こんな長い期間、ファンのみんなやメンバーと会えなかったこと初めてです。メンバー同志話し合い、何か俺たちに出来ることはないかと、色々模索しながら、リモート配信企画の「HOME SD」を行なってきました。
そして、今回は初のオンラインLIVE!
みんなと一緒の時間を共有し、新しい思い出を作りたいです!
早く歌いたい!早く踊りたい!早くこの想いを届けたい!
久しぶりの新曲「SUPER★DRAGON」も披露します!
「with LIVE」一緒に楽しみましょう!

『SUPER★DRAGON
Special Studio Live「with LIVE」』

6月14日 (日) OPEN 15:30 / START 16:30
<チケット>
AREA SD Member/¥2,500(税別) 一般/¥2,900(税別)
※6月3日(水) 12:00より

生配信視聴は、配信視聴専用アプリ「FanStream」からご覧いただけます。
https://fanstream.jp/
(アプリダウンロードには、iOS端末・Android端末のいずれかの端末が必要となります。推奨環境はアプリ案内ページにてご確認ください。)
本公演視聴には視聴チケット「StreamPass」の購入が必要になります。

※本公演はSUPER★DRAGON「AREA SD有料会員」の方に限らず購入・視聴いただけます。但し、販売価格が異なりますので、ご購入の際はご注意ください。
※アーカイブ配信はWEBのみの視聴となります。
※今後の新型コロナウイルスの感染状況と、それに伴う政府および関係機関等の方針に注視しながら生配信を予定しておりますが、状況により内容変更する場合がございます。
『SUPER★DRAGON Special Studio Live「with LIVE」』
SUPER★DRAGON

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着