BTS、全世界を虜にした‘グラミー賞’パフォーマンス!“新しい歴史を描いた”

BTS、全世界を虜にした‘グラミー賞’パフォーマンス!“新しい歴史を描いた”

BTS、全世界を虜にした‘グラミー賞
’パフォーマンス!“新しい歴史を描
いた”

グラミー賞でパフォーマンス

BTSの‘グラミー賞’ステージが全世界を虜にした。
BTSは26日(以下現地時間)‘第62回グラミーアワード(62nd GRAMMY AWARDS)’でビリー・レイ・サイラス(Billy Ray Cyrus)、ディプロ(Diplo)、リル・ナズ・X(Lil Nas X)、メイソン・ラムジー(Mason Ramsey)などと一緒に「Old Town Road All-Stars」パフォーマンスを披露した。
アメリカ現地の媒体TIME誌、Variety誌、E! OnlineなどはBTSの今回のステージだけではなく、メンバーのレッドカーペットでのインタビューまでスポットライトをあて、グローバルアーティストとしてのBTSの位相を実感させた。
BTS 日本での初スタジアム・ライヴとなる映像作品を4月15日リリース
https://utaten.com/news/index/22243
初の韓国アーティストライブ
TIME誌は“BTSのパフォーマンスは新しい歴史を刻んだ。‘グラミー賞’で韓国のグループがパフォーマンスをしたのは初めてだ”とBTSが韓国アーティストとしては初めて本授賞式でライブを披露したということを強調した。
続いて“彼らの出演は短かったが素晴らしかった。いつもの揃っているダンスとエネルギー溢れるパフォーマンスとは違って、‘スーパーグループ’のカジュアルな姿を見せてくれた”と好評。
メンバーの余裕あるステージマナーを述べた。
ニューアルバムについての期待も
BTSとレッドカーペットでのインタビューを行ったE! NewsのE! OnlineはBTSの‘グラミー賞’のステージを説明しつつ、2月に発売されるニューアルバムについて期待感を表した。
特に“大勢の人の前でライブをするのは一生慣れないと思う。すべてはARMYの皆さんが送ってくれた愛があるからできることで、これは言語、人種、国籍を超越する”というリーダーのRMの答えを引用し、ダイバーシティーの象徴としてBTSが全世界のファンに伝えようとしたメッセージについて扱った。
いろんな記録を破ったグループ
一方、VarietyはBTSの‘グラミー賞’での可能性を肯定的に評価した。
“BTSは2019年いろんな記録を破ったグループだ。アメリカ市場で1年でアルバム3枚が1位になったが、これはグループとしてザ・ビートルズ以来初めてだ。今年‘グラミー賞’にはノミネートされなかったが、アメリカレコーディングアカデミー(The Recording Academy)の投票会員になり、昨年本授賞式で着用された彼らのスーツはグラミーミュージアムに展示される”と伝えた。
AL『MAP OF THE SOUL:7』でカムバック
アメリカ最高権威の授賞式の‘グラミー賞’のプレゼンターに続き、パフォーマーとして2年連続参加したBTSは2月21日4thアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』でカムバックする。
先行配信曲「Black Swan」のステージは28日アメリカCBS‘レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン(The Late Late Show with James Corden)’でベールを剥がす。
<関連リンク>
TIME誌
E! Online
Variety誌

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着