「はたらく細胞」がパブロンとコラボ
 赤血球たちのASMRボイスが楽しめる
「デコぴたっ!」公開

(c)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction 人体の細胞を擬人化したキャラクターが活躍する「はたらく細胞」と、大正製薬のかぜ薬(感冒薬)「パブロンS ゴールドW」のコラボレーション企画「デコぴたっ!はたらく細胞 presented by パブロン」がスタートし、スマートフォン向け特設サイト(https://dekopita-hatarakusaibou-pabron.com/ )が公開された。
 特設サイトでは、イヤホンなどを使用することで音が立体的に聞こえる、ASMR(立体音響)による録り下ろしボイスコンテンツ「デコぴたっ!」を配信。スマートフォンのインカメラを利用し、画面に映る描き下ろしイラストの赤血球(CV:花澤香菜)や白血球(好中球/前野智昭)、血小板(長縄まりあ)にひたいを当てることで、体調を気づかってもらえる。また、次々と打ち上がるくしゃみロケットに端を発する体内の異変に対抗するべく、強力な戦力“かぜ薬”の登場を待ち望む3人の物語を描いたボイスドラマも聞くことができる。
 長縄は「とても新鮮な気持ちで楽しく収録できました! 血小板ちゃんを演じていると、たくさんの方の体調を心配し、健康を気づかうことができるので、あらためてとてもうれしく思いました!」とコメントしている。
 そのほか、キャラクターとともに、かぜ薬の成分や、かぜのメカニズムについて学べる「おべんきょう」や、かぜやパブロンに関するクイズに答える「パブロンクイズ」なども公開。クイズに正解すると「デコぴたっ!」の描き下ろしイラストを使用した壁紙がダウンロードできる。

アーティスト

新着