ナナヲアカリ、TVアニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」EDテーマ「チューリングラブ feat.Sou」MVが公開!

ナナヲアカリ、TVアニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」EDテーマ「チューリングラブ feat.Sou」MVが公開!

ナナヲアカリ、TVアニメ「理系が恋に
落ちたので証明してみた。」EDテーマ
「チューリングラブ feat.Sou」MVが
公開!

「チューリングラブ feat.Sou」MVが公開!

「観たい2020冬アニメ人気投票(アキバ総研)」で1位を獲得、1/10の第1話放送時にはTwitterトレンドランキング2位にまで上昇した今期注目のTVアニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」EDテーマ、ナナヲアカリ「チューリングラブ feat.Sou」のミュージックビデオが公開となった。
【歌詞コラム】ナナヲアカリのあの曲は、SNSに振り回される現代人の心を描いた?
https://utaten.com/specialArticle/index/3705
ゲストボーカルにSouを迎えた新曲「チューリングラブ feat.Sou」は、ナナヲアカリの代表曲を多数手掛けるボカロP・ナユタン星人(ナユタセイジ)による書き下ろし曲×男女ボーカルが織りなす高速掛け合いが印象的なデュエットアンセム。
ミュージックビデオはイラストレーションに寺田てら、ムービー制作にナナヲアカリのバンドセットではVJを担当する野良いぬが招かれ、過去1500万回を超える再生回数を記録している「ダダダダ天使」「インスタントヘヴン feat.Eve」と同じクリエイター陣が集結した待望の新作となっている。
今作では”理系”をモチーフとした男女キャラクターが踊るダンスの振付を、ナユタン星人楽曲の【踊ってみた動画】で人気を博す踊り手のいりぽん先生、@小豆が考案。
男女ペアでトライするダンスとして新たな流行を予感させる、キャッチーな振付がムービー上で繰り広げられる。
インスト音源も公開!
さらに、MV公開と同時に「チューリングラブ feat.Sou」のインストや各楽器パートを抜いた”Less ver.”がCGM型コンテンツ投稿サイト「ピアプロ」にて公開された。
▷instrumental/各楽器Less ver.等、音源素材はこちら
ナナヲアカリの楽曲では初となるインスト音源の公開だが、これらを使用した【歌ってみた】【踊ってみた】などのカヴァー作品も楽しみにしたいところだ。
2月5日にシングルリリース
こちらの新曲が収録される、2nd Single「チューリングラブ feat.Sou / ピヨ」は、2月5日にリリース。
【期間生産限定盤 まんぷくアニメ盤】のボーナストラックには、アニメ主演キャスト2人によるファン垂涎のデュエットが実現した「チューリングラブ -雪村心夜(CV:内田雄馬)×氷室菖蒲(CV:雨宮 天)キャラクターver.-」と、各ボーカル&楽器パートを抜いた「Less ver.」が収録。
キャラクターver.には、コーラスとして奏 言葉(CV:原奈津子)×棘田恵那(CV:大森日雅)×犬飼虎輔(CV:福島 潤)も参加しており、”りけこいオールスターズ”によるまさに夢のコラボレーションとして、SNSを中心に話題を呼んでいる。
「チューリングラブ feat.Sou」が先行シングルとなる、4/8発売 ミニアルバム「マンガみたいな恋人がほしい」も既に発表されているナナヲアカリ。
この作品を引っ提げて行われる全国ツアー、「週刊天使!アカリちゃんツアー」も決定。
新譜リリース、そして春の全国ツアーと、2020年のナナヲアカリの動きにますます目が離せない。
▷DL/ストリーミング配信はこちら
▲チューリングラブ feat.Sou / ナナヲアカリ

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着