映画『キャッツ』の日本語吹き替え版
<第三弾>キャストとして山寺宏一、
宮野真守、沢城みゆき、山路和弘、宝
田明らが参加

2020年1月24日(金)から日本でも公開される映画『キャッツ』。その日本語吹き替え版を担当するキャストの<第三弾>として、山寺宏一、浦嶋りんこ、RIRI宮野真守沢城みゆき、山路和弘、そして宝田明が参加することが、このほど発表された。これにより、既に発表されていた、葵わかな、山崎育三郎、高橋あず美、秋山竜次(ロバート)、森崎ウィン、大貫勇輔、藤原聡(Official髭男dism)、そして大竹しのぶと併せ、主要な日本語吹き替えキャストが一通り揃った。
『キャッツ』は元々、作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーがイギリスを代表する詩人T・S・エリオットの詩集をもとにミュージカル化した舞台作品だ。1981年のロンドン初演以来、全世界累計観客動員数8100万人、劇団四季の日本公演も通算1万回に及ぶ。そんな大ヒットミュージカルを『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督が全く新たな実写映画に作り変えたのが、今回の映画版『キャッツ』である。
製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグやロイド=ウェバーら世界最高峰の顔たちが名を連ねる。出演者も豪華だ。主人公のヴィクトリア役に、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルで本作が映画初出演となるフランチェスカ・ヘイワードを抜擢したのをはじめ、ジェニファー・ハドソン、ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、イドリス・エルバ、イアン・マッケラン、そしてテイラー・スウィフトといった、映画、音楽、ダンスなど、多彩なジャンルから選び抜かれた珠玉のキャスト陣が個性豊かな猫たちを演じる。
【動画】映画『キャッツ』日本版予告

言語吹き替えのカスタマイズが許されたのは世界で二カ国のみ。そのひとつである日本語吹替え版には、観客と同じ目線で『キャッツ』の不思議な世界を冒険する主人公ヴィクトリア役に女優の葵わかな、猫たちのリーダーであるマンカストラップ役に俳優の山崎育三郎。名曲「メモリー」で魂の歌声を響かせるグリザベラ役に歌手の高橋あず美、ふとっちょで紳士的なバストファージョーンズ役にお笑い芸人の秋山竜次(ロバート)、マジックが得意で気弱なミストフェリーズ役に俳優・歌手の森崎ウィン、働きもので鉄道をこよなく愛するスキンブルシャンクス役に俳優・ダンサーの大貫勇輔、美声とダンスですべての猫を虜にする自由奔放な猫ラム・タム・タガー役に藤原聡(Official髭男dism)。そして、猫たちの偉大な長老であるオールドデュトロノミー役に、女優の大竹しのぶが既に発表されていた。
これに加えて、このほど新たに発表された日本語吹替え版キャストは、日本を代表するレジェンド声優から実力派新人まで多彩な面々が顔を勢揃い。『アラジン』のジーニー役や『SING/シング』のマイク役でもその美声を披露している声優の山寺宏一は、神出鬼没で恐ろしい力を持つお尋ね者の猫・マキャヴィティ役を。舞台「レ・ミゼラブル」やミュージカル「メリー・ポピンズ」などで活躍する舞台女優の浦嶋りんこは、昼間はぐうたらで夜は元気なおばさん猫・ジェニエニドッツ役を。国際的に活躍する実力派若手シンガーのRIRIは、マキャヴィティと行動を共にし、世界的アーティストであるテイラー・スウィフト演じる妖艶な雌猫・ボンバルリーナ役を。演技&歌唱力ともに実力を兼ね備える声優の宮野真守と沢城みゆきは、イタズラ好きかつ盗みのプロで悪名高きコソ泥カップル猫・マンゴジェリー&ランペルティーザ役を。ハリウッドスターの吹替えを数多く担当する声優の山路和弘は船が住処の荒くれ猫・グロールタイガー役をそれぞれ担当。そして、映画「ゴジラ」シリーズから長きにわたり活躍するレジェンド俳優の宝田明は、かつては劇場の大スターで今は過去の栄光を懐かしむ老猫であり、オリジナル版では名優イアン・マッケランが演じているガス役を務める。
また、日本語吹替え版音楽プロデュースは、数々のアーティストの楽曲アレンジ、プロデュースを手がけてきた蔦谷好位置が担当する。
なお、このほど発表された『キャッツ』日本語吹替え版の新キャストたちからコメントが届いたので、以下に紹介する。
■山寺宏一/マキャヴィティ
神出鬼没で恐ろしい力を持つお尋ね者の猫(オリジナルキャスト:イドリス・エルバ)
【世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?】
参加出来て嬉しかったです!ミュージカルで観たマキャヴィティは、あまり姿を現さず歌ってもいなかったと記憶してるんですが、映画版ではしっかり出て来て歌も(少しですが)歌っているので、やりがいがありました! 不気味で怖いだけじゃないんです。
マキャヴィティ(声・山寺宏一) (c)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
■宝田明/ガス
かつては劇場の大スター。過去の栄光を懐かしむ老猫(オリジナルキャスト:イアン・マッケラン)
【世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?】
此の世に存する生命体は、全て喜怒哀楽を有する。猫とて同じ事。彼が吐き出す言葉に少しく味付けをして、素直に挑戦した。
【ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?】
老猫エンジン全開すれど、悲しいかな体力が、深い溜息が、人生を感じさせる。
ガス(声・宝田明) (c)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
■浦嶋りんこ/ジェニエニドッツ
昼間はぐうたら。夜は元気なおばさん猫(オリジナルキャスト:レベル・ウィルソン)
【世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?】
世界で二カ国のみ!に、吹替え収録後あらためて震えがきてます!最高に興奮して吹替えに挑みました!
【ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?】
私も夜行性で、夜の活動が活発。○キブリは食べないですが、ネズミは子供の頃ポケットに入ってました(笑)。
ジェニエニドッツ(声・浦嶋りんこ) (c)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
■RIRI/ボンバルリーナ
マキャヴィティと行動を共にする妖艶な雌猫(オリジナルキャスト:テイラー・スウィフト)
【世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?】
ミュージカルも、映画の吹替えも初めての経験でしたので、とてもエキサイトしました! ボンバルリーナは、妖艶な猫のキャラクターなので表現が難しかったですが、すべて本当に楽しくて、演じることの楽しさも知れた、とても素敵な機会でした!
【ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?】
ボンバルリーナのキャラクターは、私にはない側面をたくさん持ってるので、その分、初めての表現が多くて、演じていてとても楽しかったです! 日本語版のボンバルリーナ、ぜひ楽しみにしていてくださいね!
ボンバルリーナ(声・RIRI) (c)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
■宮野真守/マンゴジェリー
悪名高きコソ泥カップル猫のオス(オリジナルキャスト:ダニー・コリンズ)
【世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?】
「キャッツ」を観劇して大変感動し、衝撃を受けたので、このような形で携わることができて、本当に幸せです!
【ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?】
おどけ役でお調子者なところと、小心者なところでしょうか……(笑)。
■沢城みゆき/ランペルティーザ
悪名高きコソ泥カップル猫のメス(オリジナルキャスト:ニーヴ・モーガン)
【世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?】
楽曲の中でキャラクターを作っていく作業は初めてで、1テイク毎に細かな演出をいただき、少しづつ形にしていきました。……我慢はしない気質のランペル!解放されるようで心地良かったです。
【ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?】
……ぱっと、思いついたのは、相方のことが大好きなところ(笑)でしょうか。宮野さんとこうした間柄は新鮮で嬉しかったです。
左端ランペルティーザ(声・沢城みゆき)、右端マンゴジェリー(声・宮野真守) (c)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
■山路和弘/グロールタイガー
「テムズの悪魔」と恐れられた船が住処の荒くれ猫(オリジナルキャスト:レイ・ウィンストン)
【世界で二カ国のみが許された吹替え版ですが、演じてみていかがでしたか?】
歌だけ吹替るなんて、生涯ないと思ってた。選んでいただけて光栄でした。そして機会をくれたキャッツに感謝。
【ご自身が演じるキャラクターとの共通点は何かありますか?】
ただの酔っ払いのオヤジみたいになったかなぁ、、だとしたら、それが共通点?
【ストーリー】
扉の向こうには、 なにが待っているの―?
満月が輝く夜。若く臆病な白猫ヴィクトリアが迷い込んだのはロンドンの片隅のゴミ捨て場。
そこで出会ったのは個性豊かな 〝ジェリクルキャッツ〞 たち。ぐうたらな猫、 ワイルドな猫、お金持ちでグルメな猫、
勇敢な兄貴肌の猫、不思議な力を持つ長老猫・・・様々な出会いの中でヴィクトリアも自分らしい生き方を見つけていく。
そして今宵は新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜。
一生に一度、 一夜だけの特別な舞踏会の幕が開く。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着