RAM RIDERが新レーベル「401」設立、
第一弾シングルとして「東京論」をデ
ジタルリリース

RAM RIDERが、自由な作品やプロダクト・アイデアそのものを発表する場として新レーベル「401(読み:よんまるいち)」を設立し、12月13日(金)に第一弾シングルとして「東京論」を配信リリースした。
新レーベル「401」
本楽曲は、プロデューサーとして数多くの楽曲を手掛けてきたRAM RIDER自身が歌う「ラジオボーイ」以来、約6年ぶりのボーカルトラックとなっており、「東京生まれ、東京育ち」から観た東京という切り口で、ミドルテンポで鮮やかに彩ったポップチューン。現在TOKYO FMにて放送中の『高橋みなみの「これから、何する?」』のテーマ曲として3年半に渡り連日オンエアされている。
また、12月下旬にRAM RIDER本人の撮影によるミュージックビデオも公開予定。監督は、RAM RIDERが直接依頼した若干16歳の高校生クリエイターのマルルーン。今回レーベル立ち上げに合わせ、本編に先駆けてティザー動画を公開した。
さらに「401」では楽曲のリリースにとどまらず、RAM RIDER自身が「日常で使いたいもの」「持ち歩きたいと思うもの」をテーマに、オリジナルウェアをはじめ、最新のガジェットや小物の販売を予定。
グッズイメージ
12月28日(土)には銀座のPLUSTOKYOにてRAM RIDERによる本レーベルの立ち上げと忘年会を兼ねたイベント『401 Year-end Party』の開催が決定しており、イベントにはRAM RIDERと親交の深いアーティストが出演予定となっている。
●RAM RIDER 本人コメント●
“401”は音楽を中心にアーティストのアウトプットを様々な形にしてお届けするレーベルです。レーベル名の由来はWeb上で「認証されていないエラー」を示す“401 Unauthorized”とプライベートスタジオのルームナンバー「#401」から。誰かの認証や確認を通さずに自由な作品やアイデアを発表し、ダイレクトに発信する場所を築きます。
今のところ所属アーティストはレーベルヘッドでもあるRAM RIDERひとりですが、ソロ作品にとどまらず、様々なゲストとのコラボレーション作品なども発表していきます。
まずは久々の新曲となる「東京論」をよろしくおねがいします。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着