新潟から世界へと発信するWAPLAN。海
外への憧憬と野心を語る|BIG UP! S
tars #23

どこに住んでいるかはいよいよ関係なくなったのだと実感する。ローカルからグローバルを捉えようというアーティストが新潟県在住のソロアーティスト、WAPLANである。学生時代に見たビルボードチャートに感銘を受けた彼は、世界で聴かれる楽曲を自身で制作すべく、英語もわからないまま海外のシンガーにオファーを開始。ウェブを通したやり取りのみで、始めての楽曲「Better」をリリースしたのが今年の2月である。そこで掴んだ手応えと反省を踏まえて、現在「For Me (feat. Weldon)」、「A Lil Crazy (feat. TyteWriter)」、「I Don’t Wanna See You Anymore (feat. GATS)」のを3ヵ月連続リリースを行っている。彼の凄いところは、フィーチャリング・アーティストはもちろん、ミックス・マスタリングのエンジニア、さらにはリリックビデオの制作陣まで、そのすべてを海外のスタッフで固めてチームを組んでいるところだ。「新潟から世界へ」をテーマに挑戦を続けるWAPLANに、Skypeでのインタビューを試みた。

「場所」じゃなくて「人」の時代

ー地元から世界へと音楽を発信していくWAPLANさんの活動について、今日はじっくり話を伺いたいと思います。
はい。よろしくお願いいたします。
ーまずはWAPLANさんがこれまでどういう活動をされてきたのか伺えますか。
元々新潟を拠点に
というJ-POPのグループをやっていまして、作曲家として楽曲提供を行ったり、2013年くらいからDJとしても活動していました。それらと平行して、「新潟から世界に発信する」というテーマでWAPLANの活動を始めたのが去年です。
ーWAPLANを始動させた最初の動機はなんですか?
16歳くらいの頃、洋楽を紹介するBillboard TOP40という深夜の音楽番組を見た時に衝撃を受けたんですよね。ヒップホップの曲にも惹かれましたし、後ろにいるDJがめちゃくちゃカッコよくて、洋楽というものに物凄くビビッときた瞬間でした。で、それからクラブDJを目指してターンテーブルを買って、レコードを集めていきましたね。
ーどんなものをよく聴ていました?
当時流行っていた
だったり、
は特によく聴いていて、
が作るトラックが凄く好きでした。ただ、やっぱり自分の憧れていた洋楽を自分自身の手で作りたいっていう夢はずっと抱いていたので、0から独学で作曲を始めたんですけど、洋楽を作るのは難しかったです。
ーどういう理由で?
シンプルで音数が少ないのに、どうしてこんなに厚みのあるカッコいい曲ができるんだろうってずっと思っていました。J-POPでは楽器を重ねてレイヤーして、綺麗なメロディラインを作ることを意識しているんですけど、洋楽はシンプルなのに奥深くて、低音の使い方は全く違うと思います。
ーそうした難しさを感じていた中、実際にWAPLANという活動に踏み切れたのは何故ですか?
3年くらい前に、シカゴに住んでいる全然知らない黒人からFacebookに友達申請がきてたんです。承認したところ、相手から「俺はラップやってるんだよ」ってメッセージがきて、挨拶している内に彼と一緒に曲を作ろうという話になって。そこで作ったものが自分の中では洋楽ぽくできた感覚があったんですよね。
ーなるほど。
それが「今ならできるかもしれない」と思えるきっかけにもなって、より世界へと挑戦したいという想いを強くなっていきました。
ーそこで海外に移り住むのではなく、上京するわけでもない。あくまで地元の新潟にいながら活動しようと思ったのは何故ですか?
アメリカに行って作ることも考えたんですけど、今はネットが発達しているから、自分が生まれ育った街から届けられるんじゃないかって思いがありました。やっぱり生まれ育った土地が一番落ち着くし、ここには仲間もいて過ごしやすいんですよね。あと、作曲家として3年ほど前にメジャーアーティストさんに楽曲提供したことがありまして。その曲をアルバムのリード曲的として扱っていただいて、オリコンチャートのウィークリーで当時3位に入ったんですよ。その時に「これはもう場所じゃなくて人だな」って思いが芽生えました。今の時代は、都心にいなくとも自分の実力や想いがあれば発信ができてしまう。国内でそれを実現できたのだから、世界も行けるんじゃないかなって思いました。
ーなるほど。
それからは着々と準備をしていって、歌の上手い人を見つけては「一緒に曲を作りたいんだ。歌ってよ」ってコンタクトを取るようになって。当然メールを送っても返ってこないこともあるんですけど、そこで返事をくれたのがブリトニー・スピアーズ(
)や
のプロデュース経験もあるMyah Marieというシンガーソングライターでした。彼女がファーストシングル「Better」のヴォーカリストで、そこで手応えを得て、今年の2月からWAPLANとしての活動を本格的に始めました。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着