【ライブレポート】みゆな、「至福と
はこう言うことなのか。と思いました

みゆなが11月8日、大阪・Shangri-Laより初のワンマンツアー<みゆな TOUR 2019 -ユラレル->をスタートさせた。
今年は<FUJI ROCK FESTIVAL’19>に初出演、9月にリリースされた2ndミニアルバム『ユラレル』の表題曲が、吉岡里帆主演の映画『見えない目撃者』の主題歌に抜擢されるなど、大きな注目を集めているみゆな。全公演ソールドアウトを成し遂げた初のワンマンツアー、その初日という記念すべき1日を目撃しようと集まった観客の熱気と期待感が充満するステージに彼女が登場するや、割れんばかりの大歓声が。
深紅の照明に照らされ熱唱した「ユラレル」から、ハッとするほど艶やかでダークな歌声で一気に楽曲の世界に引き込むみゆなを、柏倉隆史(Dr)、村田シゲ(B)、中村圭作(Key)という名うてのメンバーがしっかり支える。かと思えば「グルグル」では、高音から低音までレンジの広い帯域を軽やかに行き来する歌声を駆使しつつ、メロウなダンスビートを乗りこなすステージングでも魅せるなど、楽曲ごとにまるで同一人物とは思えないほどジャンルも表現方法も目まぐるしくスイッチ。そのどれもが突き抜けているという末恐ろしいポテンシャルを見せつけていく。
中学時代に不登校になった自分に初めて書いた応援歌という「進め」では、まっすぐにオーディエンスを見つめ、言葉の1つ1つを大切に、そして、突き刺すように歌う。イントロではギターチェンジが間に合わないハプニングがあったものの、「早速、いろいろみゆならしいこともありまして、みんなも気持ちが和んだんじゃないですか? 私は焦る一方ですけど(笑)」とそれすらライブのスパイスに変えるなど、シンガーソングライターとしての資質と同時に、人としての魅力にも心を奪われる。映画『ナツヨゾラ』の主題歌となった「くちなしの言葉」のようなアダルトなアレンジの楽曲でも、情念をしっかり漂わせる生の歌声の表現力、17歳にしてちょっとした風格すら感じさせる存在感と、ステージで次々と露わになっていく才覚がオーディエンスを魅了していく。
MCでは自らアンケートを取り、初見のオーディエンスも多く見受けられることが判明。場内のBGMも全て彼女自身が選んでいることなどを語り、「朝4時ぐらいまで動画を見て勉強してきました!」と同世代のシンガーソングライターである崎山蒼志の弾き語りカバーでも場を沸かせるなど、これまで見せてきた迫力や凄みとはまた異なり、等身大のアットホームなムードもまた心地よい。

テレビアニメ『FAIRY TAIL』のファイナルシリーズ 第3クール エンディングテーマとして親しまれ、2019年11月現在でミュージックビデオが約645万回再生を記録している「僕と君のララバイ」では、切ないピアノの調べとともにドラマティックに歌い上げ、この日いち早く披露されたTHE CHARM PARKと初共作を果たした新曲「color」では、ライブハウスのキャパシティを軽々超えるようなスケールの歌声で圧倒。その後も、ジャジーなピアノと洒脱なリズムに導かれた「缶ビール」では、コール&レスポンスを促すハイボルテージな歌声から、けだるくささやくようなウィスパーボイスまでを縦横無尽に繰り出し、「天上天下」では、「もっとでっかい声を出して暴れていこうぜ!」とハンドマイクでステージを横断しつつも歌詞を間違えてしまい素直に謝る姿もキュートで、これには思わず「最高!(笑)」との声がフロアの各所から上がる。
そして終盤には、ツアー前に実は声帯を痛めていたことを吐露し、「正直ここに立たせてもらうのがすごく怖くて、今すぐ逃げ出したいぐらいだったんですけど、こうやって皆さんの顔を見ていたり、大きな声を出してくれるのを聴いて……全然不安がることはなかったなって。今日は本当に素敵な時間を私にくださってありがとうございました!」と感謝の想いを述べる。そんな自分の弱さも葛藤も隠すことなく「生きなきゃ」を歌い上げた光景に、みゆなという歌い手を改めて信頼したオーディエンスも多かったことだろう。鳴りやまない拍手に呼び戻されたアンコールでも会場を大いに盛り上げ、「また帰ってくるね!」と固い約束を交わしステージを後にしたみゆなだった。
「見たことも無い景色でした。視界の中に入りきらないくらい、私の音楽を好きだと言ってくれる人で埋め尽くされていて。至福とはこう言うことなのか。と思いました」。とは、この日のライブ終了後に彼女が投稿したTwitter。<みゆな TOUR 2019 -ユラレル->は今後も11月16日(土)東京・下北沢GARDEN、22日(金)愛知・BL cafe、24日(日)宮崎・SR BOXと続いていく。なお、ツアー終了翌日の11月25日(月)には、ゲーム『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』エンディングテーマとなる「color」が配信リリースされる。

取材・文◎奥“ボウイ”昌史

<みゆな TOUR 2019 -ユラレル->

11月8日(金)大阪・Shangri-La
11月10日(日)福岡・ROOMS
11月16日(土)東京・下北沢GARDEN
11月22日(金)愛知・BLcafe
11月24日(日)宮崎・SR BOX

チケット料金
一般:¥3,900 (税込)
学割:¥3,400 (税込) ※学生証の提示が必要となります。

詳細: https://www.miyunamiyuna.com/live/tour.php?id=1001402

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着