LACCO TOWER主催ロックフェス『I RO
CKS』2020年は3DAYSで開催決定 BRA
DIO、SUPER BEAVERの出演も発表に

LACCO TOWER主催のロックフェス『I ROCKS 2020 stand by LACCO TOWER』が、来春3日間に渡り開催することを発表した。
初日・4月10日(金)は、LACCO TOWER のワンマンライブ(YOU STAGE)が決定。さらに、2日目・4月11日(土)はBRADIO松川ケイスケと真一ジェット、3日目・4月12日(日)はSUPER BEAVERの出演が決定している。
チケットは、明日・11月2日(土)12:00 から、“I ROCKS プレミアム先行”として、プレミアムチケットのみ発売が開始される。また、今回は LACCO TOWER のライブ会場(他、ザスパクサツ群馬 ホーム戦会場)での手売り販売も実施する。
株式会社アイロックス代表取締役社長/LACCO TOWER Ba. 塩﨑啓示コメント
家族や仲間にある絆は、とても強固なもの。
I ROCKSをスタートさせた 2014年から6年。ここまで一回も欠けることなく連続開催することができたのは、紛れもなく、このフェスを支える“家族”と“仲間”、そしてこのフェスを応援してくださるあなたのおかげです。
そして、新たに2020年、7回目となる「I ROCKS」の開催を発表できることこそ、この絆が生み出した結晶です。
何かに挑戦する時、たくさんの人が周りに居ても、戦うのは自分一人だけ。
逆を言えば、一人で挑んでいると思っても、ふと顔を上げれば、そこには同じように挑んでいる仲間がいて、支えてくれる家族がある。
今日を迎えるまで、まさにこのことに直面する瞬間が何度もありました。
僕たちが「I ROCKS」を続けられることは当たり前のことではありません。
形があるものはいつか壊れると言われるように、その仲間や家族との関係にもヒビが入ることはあります。
同じ目標を見ていても、ぶつかったり、打ちひしがれたり、
結果として、マイナスなことばかりを考えるようになってしまう。
それこそが本当に最大の困難であり、その苦しみから逃れようと判断を見誤り、失って初めてその大きさに気付かされます。
このフェスには、そんな経験を乗り越えて、より強く、より固くなった絆があります。
梅雨時期の開催だった「I ROCKS 2019」。
100%雨予報を跳ね除けた快晴の下、最高の音楽、仲間、どこにいても溢れる笑顔、まさに最幸の空間でした。
そして、この空間は決して僕たちだけで作り上げた場所ではなく、ここを守りたいと思ったからこそ、あの日、あの場所で来年開催する約束が出来ました。
「前を向いて進み続ける」という強い意思と、同じ目標に向かう仲間がいれば、どんなことが起きたとしてもきっと成し遂げられる。
今ではそう確信できるようにまでなりました。
「I ROCKS」という誰もが帰ってこられる場所を守りながら、この家とすべての家族を 2020年も最高の笑顔にさせられるよう、メンバーそしてスタッフ一同、持ち得る力、経験のすべてをかけて臨むことをここに約束いたします。
2020年4月10日(金)、11日(土)、12日(日)
会場:群馬音楽センター
I ROCKS 2020 stand by LACCO TOWER
~僕らはロックでできている~
この度、初日の4月10日(金)は LACCO TOWERワンマンでお出迎えいたします。
大きな節目となる「I ROCKS 2020」、
群馬のLACCO TOWERが先陣を切り、1 音目を盛大にかき鳴らします。
ここがあなたの居場所、
ここがあなたの家だと思ってもらえるように、
いつもの家で、出来る限りのおもてなしをご用意して、
僕たちは家族の帰りを待っています。
群馬から愛とロックを込めて、I ROCKS 2020、始めます◎
塩﨑 啓示 (アイロックス 代表取締役 / LACCO TOWER Ba.)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着