Re:cry、主宰のライブが11月に名古屋
・栄Tight Ropeにて開催

名古屋で活動するインディーズバンド、Re:cry。
11月7日に全国リリースの1stシングル「-Cry'n-」をリリースするロックバンドである。
2017年に活動をはじめ、これまでにも何度も主宰ライブを行うなど、名古屋の音楽シーンを率いてきた彼等。
メンバーは、Vo: 渉-WATARU- / Gt: K-SUKE / Ba: Dy+Zo / Dr: 竜也の4人。
そんな彼らが主宰を務めるライブが11月17日に開催される。

ライブ概要「Re:cry × 螺媚瑠 presen
ts「Blake Out Generation」Vol.3」

Re:cry × 螺媚瑠 presents「Blake Out Generation」Vol.3

2019.11.17(SUN)

【会場】名古屋栄TIGHT ROPE
http://www.tight-rope.info/
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄4丁目3−15 丸美観光ビル 3.5F
TEL: 052-242-8557

【時間】開場17:30・開演18:00

【料金】前売:2,500円 / 当日:3,000円(+1Drink)

【出演】Re:cry / 螺媚瑠 / has. / チョベリバセッション / MC Onochang

【タイムテーブル】
18:00~18:40(1)螺媚瑠
18:50~19:20(2)チョベリバセッション
19:30~20:00(3)MC Onochang
20:10~20:40(4)has.
20:50~21:30(5)Re:cry

シングル「-Cry'n-」

「-Cry'n-」ジャケット写真

「-Cry'n-」ジャケット写真

そして、そのライブ開催前に全国リリースされるのが、こちらの「-Cry'n-」である。
楽曲は90年代以降に流行したビジュアルバンドに散見された哀愁がかったロックサウンドを継承している。ギターやドラムのサウンドが響き渡る重めのあの音だ。
そこにVo.渉の切なくも温かみのあるボーカルが重なっていくと、Re:cryならではのサウンドに変化していくのだ。
このシングルに収録されている楽曲は彼らのライブでもよく演奏されている。
今回のライブでも聞けるのではないだろうか。

シングルリリースデータ詳細

2019年11月8日発売 
品番:FLWD-1 
価格:909円(税抜)

[収録曲]
1. -Cry'n-
2. still white

販売:オーセンティックレコード
流通:アドニス・スクウェア

【Amazon】https://www.amazon.co.jp/dp/B07Y1YDY7J/

【タワレコオンライン】https://tower.jp/item/4965286/Cry'n

【HMV】https://www.hmv.co.jp/artist_Re-Cry_000000000814426/item_Cry-n_10250745

オーセンティックレコード

オーセンティックレコードはアーティスト・ミュージシャンを応援するインディーズレーベルです。あなたのCD全国リリースを登録料無料でサポート!他にも楽曲配信、CD制作、WEB制作など様々な形で皆さんの活動を支援いたします。お気軽にお問い合わせください。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着