月刊「根本宗子」初の試み 根本と滝
の2パターン、第17号『今、出来る、
精一杯。』のメインビジュアルが解禁

2019年12月13日(金)~19日(木)新国立劇場 中劇場にて上演される、月刊「根本宗子」第17号『今、出来る、精一杯。』のメインビジュアルが解禁となった。
月刊「根本宗子」とは、若手演劇人である根本宗子が主宰する公演。全ての公演において根本が作・演出を努め、派生ユニットや実験公演も含め、これまでに40作近い作品を上演してきた。そしてついに2019年、劇団旗揚げ10周年を迎えた。その10周年を締めくくる記念興行として、2013 年、15年と劇団の節目に再演してきた代表作『今、出来る、精一杯。』を音楽劇としてリメイクする。
女性に依存しながら生きる男・安藤を演じるのは、一夫多妻制アイドル「清 竜人25」のプロデューサー兼メンバーとしての活躍する清 竜人。俳優として演劇作品に初出演し、劇中の音楽も清が担当する。実直に生活しつつも安藤のすべてを受け入れて生きる切実な女性・はなを演じるのは、坂井真紀。さらに、元・乃木坂46の伊藤万理華、水橋研二、池津祥子、春名風花なども参加する。
今回発表されたメインビジュアルは、2013年の初演時のチラシをセルフオマージュし、作品テーマを体現。また、これまでの公演ビジュアルは、すべて根本一人で表現してきたが、今回の公演では、根本バージョンと清 竜人バージョンの2パターンを制作。月刊「根本宗子」公演では初となる、根本以外がメインビジュアルに登場した。
『今、出来る、精一杯。』公演ビジュアル 根本宗子バージョン
『今、出来る、精一杯。』公演ビジュアル 清 竜人バージョン
月刊「根本宗子」10周年のフィナーレを飾る本公演。多彩なキャストが劇団最大規模でお届けする音楽劇を楽しみにしておこう。
<あらすじ>
舞台はスーパー「ママズキッチン」のバックヤード。そこでは頼りない店長、お局の店員、八方美人のバイトリーダー、正義感の強い若者、どもりで暗い男性店員などが、なんとかお互いに折り合いをつけながら日々働いていた。
もうひとつの舞台、安藤雅彦の自宅。仕事の続かない男、安藤は、神谷はなと同棲している。バイトが全く続かず、ほぼヒモ状態の安藤を優しくサポートし続けるはな。求人誌をめくる安藤は、募集を見つけて「ママズキッチン」の面接を受ける。無事採用されるが、早々に面倒くさい人間関係を目の当たりにし、再び引きこもってしまう―――。
それぞれが自分の正しさのために、例えそれが賛同されないことでも、自分のやり方で生きている。混沌とした中でも生きていく、精一杯の群像劇。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着