BARKS主催ツアー<千歌繚乱 〜錦秋の
候〜>、明日より名阪公演スタート

明日10月10日より、BARKS主催ヴィジュアル系ライブイベントツアー<千歌繚乱 1st LIVE TOUR 〜錦秋の候〜>がスタートする。
10月10日(木)には名古屋ell.FITS ALL公演、10月11日(金)には大阪RUIDO公演が行われるが、それぞれAXESSORY、 極東ロマンス、 K、 JILUKA 、Develop One's Faculties 、breakin’ holidayの6バンドが出演する。

また、会場ではその日のライブ写真が購入できる「ライブ写真即売会」や、出演バンドへのインタビューが掲載された特別冊子の配布などの企画が行われる予定だ。ぜひ会場に遊びに来て欲しい。

前売りチケットは名古屋ell.FITS ALL公演が10月9日(水)18時までの受付、大阪RUIDO公演が10月10日(木)18時までの受付となっている。

なお、東京公演は10月22日に高田馬場AREAにて開催。こちらにはAXESSORY、K、JILUKA、Develop One's Faculties、defspiral、breakin’ holiday、THE MICRO HEAD 4N'Sの7バンドが出演する。

■ライブ写真事前予約受付フォーム
受付期間:10月9日(水)23:59まで
■チケット一般発売
8月10日(土)12:00〜各公演前日まで
名古屋公演:
大阪公演:
東京公演:
<千歌繚乱 1st LIVE TOUR 〜錦秋の候〜>

■名古屋公演
日時:2019年10月10日(木)開場 16:30 開演 17:00
出演:AXESSORY / 極東ロマンス / K / JILUKA / Develop One's Faculties / breakin’ holiday
会場:名古屋ell.FITS ALL
料金:【先行チケット】4,000円(整理番号A)【一般チケット】4,200円(整理番号B)【当日券】4,500円※ドリンク代別途

■大阪公演
日時:2019年10月11日(金)開場 16:30 開演 17:00
出演:AXESSORY / 極東ロマンス / K / JILUKA / Develop One's Faculties / breakin’ holiday
会場:大阪RUIDO
料金:【先行チケット】4,000円(整理番号A)【一般チケット】4,200円(整理番号B)【当日券】4,500円※ドリンク代別途

■東京公演
日時:2019年10月22日(火・祝)開場 15:30 開演 16:00
出演:AXESSORY / K / JILUKA / Develop One's Faculties/ defspiral / breakin’ holiday / THE MICRO HEAD 4N'S
会場:高田馬場AREA
料金:【先行チケット】4,200円(整理番号A) 【一般チケット】4,500円(整理番号B)【当日券】4,800円※ドリンク代別途

チケット一般発売
8月10日(土)12:00〜各公演前日まで
名古屋公演:https://eplus.jp/sf/detail/3015650001-P0030001
大阪公演:https://eplus.jp/sf/detail/3011420001-P0030001
東京公演:https://eplus.jp/sf/detail/3011430001-P0030001

主催:BARKS(ジャパンミュージックネットワーク株式会社)
制作:rivabook

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着