9月22日@渋谷WWW photo by Kazuma Kobayashi

9月22日@渋谷WWW  photo by Kazuma Kobayashi

ポップしなないで、
渋谷WWWワンマンの模様が到着
&クリスマスイヴに『闇鍋』を実施

超セカイ系ポップユニットのポップしなないでが、9月22日(日)に東京・渋谷WWWにてワンマンライブを行なった。

8月7日に発売した新譜『禁じられてはいない遊び』のレコ発ツアーファイナルとなるこの日は、大盛況の名古屋、大阪、仙台での公演を経てより自信をつけた2人の音楽を存分に楽しめる1日となった。着々と全国規模で“超セカイ系ポップ”にハマる人たちを増やしている、彼らの最新ライブの模様をお伝えする。

メンバーが選曲したBGM(The Stone Roses)が止むと会場は暗転し、どこか懐かしい吹奏楽の音が鳴り響く。ノイズが段々と大きくなる中、2人が静かに入場。緊張と期待が最高潮に達したとき、ふっと音が消え、無音の会場でかめがい(Vo&Key)がピアノを鳴らし始め、「言うとおり、神さま」の弾き語りが始まった。

アップテンポなイメージがあるこの曲だが、情感のこもった弾き語りが会場を静まり返らせ、まっすぐにスポットライトが当てられる。今までとは違うポップしなないでのスタイルに、ファンも驚いたことだろう。

かめがいは全身赤で統一した衣装を着て、髪には星のホログラムを散りばめて登場。かわむら(Dr&Cho)も群青色のジャケットを着用し、ツアーファイナルへの気合いを表現している。

間奏に入りかわむらのドラムが合わさると、空気が震え、さらに期待感が高まったところで、2人が息を合わせて演奏を静止。その空気を切り裂くようにかめがいの“渋谷WWW! お前らを救いに来たぜ!”の声を合図に、「フルーツサンドとポテサラ」が始まった。

彼らの持ち味であるピアノやドラム、かめがいの伸びやかなボーカルによるどこか寂しくも元気が出るようなポップソングが終わると、高速ラップで人気のある「砂漠の惑星」を演奏。会場は軽やかな手拍子に包まれた。

その後「不登校少年のエチュード」と続き、“こんなにたくさんの人が来てくれて本当に嬉しい”とかめがいが会場を見渡し、“今年の夏は暑かったね”という一言から『禁じられてはいない遊び』に収録されている「ラムネ日記」がスタート。さらに「バンジー!」と彼らのポップセンスを存分に楽しめる楽曲も繰り出された。

ワンマンらしく出し惜しみしない楽曲群を抜け、ようやく挟まるMCは、ワンマンとは思えないほどどこか人を食ったような雰囲気だが、高揚感とライブハウスを埋める観客への感謝も感じられた。

“北海道の不良女と三鷹の純朴な青年が…”というかわむらのMCからピアノの音色が変わり、地面を揺らす低音と“We are ポップしなないで”というセリフにより「ヤンキーラブ」が始まる。その疾走感のまま「初恋ラボ」が終わると、“この曲は手を上げてもいいんだよ”と珍しく客を煽り、最近のライブの定番曲「救われ升」が始まった。かめがいが放つ言葉とピアノとドラムのリズムに合わせ、会場はヒートアップ。ミラーボールに照らされた会場は思い切り手をあげる人でいっぱいとなった。

すると一転、ミドルテンポの「コトリズム」、初期の代表曲「エレ樫」で気持ち良くクールダウン。しかしながら、観客は心地好さそうに体を揺らしている。

“懐かしい曲をやります”とかめがいのソウルフルな弾き語りから始まったのは「大正カゲキロマン」。真っ赤な照明に包まれ、会場はかめがいの力強い歌声に飲み込まれる。情熱的な余韻をそのままに、淡々と心情を歌い上げる「好きになったような気がしたんだ」を披露すると、そこで昂まった空気を一番の代表曲「魔法使いのマキちゃん」のさみしげでありながら前向きなメッセージとサウンドで引き締めた。

「Life is walking」ではイントロを弾きながらかめがいが“みんな家出とかしたことある?”と客席に語りかけている間に、かわむらがおもむろに立ち上がり、独特のステップでかめがいの周りを一周。“え? なに?”とかめがいと会場を困惑させる一幕もあったが(結局そのまま戻る)、ポツポツとしたラップから、ツアータイトルにもなった夜の家出をイメージさせるチル・チューン繰り出す。その後続くのは「暗いね、ナハトムジーク」、アニメーションMVが話題となった「Creation」だ。「Creation」では赤と青の照明が交差し、かめがいの高速ラップが光る。アーティストのあり方を問うような歌詞からは、彼らの前向きな決意が感じられた。

かわむらは“我々は2人でやっているので、こんなにたくさんの方に気にかけてもらえて本当に嬉しいです”、“人生最悪で、嫌なことばっかりあるけど、ほかにも見えるものがあったらいいなと思って、バンドをやっています”と語り、かめがいの強い言葉が響く疾走感のある新曲「おやすみシューゲイザー」がスタート。そして2人のセット最後の曲として、「UFO Surf」が演奏された。

不思議なコールアンドレスポンスを挟みながらも、彼らのエモーショナルな楽曲を象徴するサウンドで会場は歓声に包まれる。そしてここから、今回のワンマンライブのために彼らが仕込んだ新しい試み、初めての“ポップしなないでバンドセット”が始まる。ギターに石井竜太(ex.ふくろうず)、ベースにいけださき(ex.サカシマ)を招き、彼らのポップチューンに、今までにない迫力が加わっていく。

ライブの1曲目に弾き語りを行なった「言うとおり、神さま」がギターロックに変身して披露されると、続けて“ダンス”という一言をつぶやき、かめがいが体を揺さぶり出す「ロケットダンサー」へ。踊るようなベースも相まって、会場もまたダンサブルに揺れるのだった。

一呼吸おき、かめがいは“ひとりひとりの顔は見えないけど、本当に感謝しています。私たちのために予定を空けてくれてありがとう。今日帰り、少しでもいい日だったと思ってもらえたら嬉しいです。すごく楽しかった。暑かったこの夏を終わらせる曲を聴いてください”という涙まじりのMCから新曲「2人のサマー」を歌い上げる。

ゆるやかなサウンドから石井の轟音ギターソロのプレイによって会場とバンドの熱量は最高潮に。その熱を残したまま石井、いけだ、そしてかわむらが退場し、最後に残ったかめがいがピアノのラスト1音を弾ききると、深々と一礼をして退場した。

衝撃的なラストに拍手がなりやまず、アンコールとして出てきた2人は今までの活動の礼やこれからも音楽を楽しんでいく旨をふざけながら話し、12月24日(火)に東京・下北沢ベースメントバーにて『闇鍋』と称した企画を行なうことを発表。ライブに加え何か面白い企画を計画中とのことだ。またバンド予約が行なわれ、そこではかめがいのクリスマスカードがもらえるという。

アンコール曲は「ノストラ」、ライブでは定番曲となった「丑三キャットウォーク」。演奏が終了しても、会場はまだ今夜を終わらせようとはさせなかった。

ダブルアンコールにより迎えられた2人は“本当はもう帰りたいでしょ、そんな曲をやって終わりにします”と笑いを交えながら話し、「早く帰りたい」を披露。約2時間に及んだツアーファイナルを締めくくった。

寂しさと情熱と希望を、最小限の構成で美しく演出するポップしなないで。バンドセットでさらなる進化を見せた彼らは、ツアーを通してさらに大きくなっていた。今後も彼らの音楽とキャラクターが、日本全国に広まっていくことだろう。

photo by Kazuma Kobayashi

【セットリスト】
1.言うとおり、神さま(かめがい弾き語り)
2.フルーツサンドとポテサラ
3.砂漠の惑星
4.不登校少年少女のエチュード
5.ラムネ日記
6.バンジー!
7.ヤンキーラブ
8.初恋ラボ
9.救われ升
10.コトリズム
11.エレ樫
12.大正カゲキロマン
13.好きになったような気がしたんだ
14.魔法使いのマキちゃん
15.Life is walking
16.暗いね、ナハトムジーク
17.Creation
18.おやすみシューゲイザー
19.UFO Surf
20.言うとおり、神さま(BAND SET)
21. ロケットダンサー (BAND SET)
22. 2人のサマー(BAND SET)
<ENCORE>
1.ノストラ
2.丑三キャットウォーク
3.早く帰りたい

『ポップしなないで presents
『闇鍋』』

12月24日(火) 東京・下北沢ベースメントバー
開場/開演時間:未定
9月22日@渋谷WWW  photo by Kazuma Kobayashi
9月22日@渋谷WWW  photo by Kazuma Kobayashi
9月22日@渋谷WWW  photo by Kazuma Kobayashi
9月22日@渋谷WWW  photo by Kazuma Kobayashi
9月22日@渋谷WWW  photo by Kazuma Kobayashi
9月22日@渋谷WWW  photo by Kazuma Kobayashi
9月22日@渋谷WWW  photo by Kazuma Kobayashi
ポップしなないで

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。