HYDE

HYDE

HYDE、
アルバム『ANTI』ツアーの
ファイナルとなる幕張2デイズに
向けた抱負を語る

これが、HYDEの『ANTI』の集大成――。

世界を巡ったHYDEの『ANTI』が12月7、8日、千葉・幕張メッセ国際展示場4~6ホールにて、『HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL』と題し、ついにツアーファイナルを迎える。2019年のHYDEは、3〜4月にかけてアジアを巡り、5月に行ったアメリカツアーを経て、日本に帰還。そうして、最新アルバム『ANTI』を提げて6月から全国7都市26公演を行ったJAPANツアー『HYDE LIVE 2019』を大成功で締めくくったあと、HYDEはすぐにライヴの舞台をアメリカへと移し、現在はSTARSET のUS ツアー『STARSET U.S.DIVISIONS:2019』に帯同中。セカンドサポートアクトとして連日ライヴを繰り広げている。このUSツアーを経て、さらにパワーを倍増させた『ANTI』が、そのファイナルステージとなる幕張2Daysでどんなカオスを生み出すのか。USツアー中のHYDEにメールインタビューを敢行。現在行なっているUSツアーの生の声、『ANTI』ツアーの舞台裏、幕張2Daysにかける抱負などたっぷりと話を聞いた貴重なロングインタビューをお届けする。

――HYDEさん、『STARSET U.S. DIVISIONS:2019』ツアー帯同お疲れ様です。いまはどの公演まで終わったところでこれを書かれているんでしょうか?

「4本目のSILVER SPRINGが終わったところです。今日初めて自分たちのセッティングが出来ました。サポートをしているバンドは、僕たち含め全バンド未だリハどころかサウンドチェックすら出来ていませんが、誰も文句はいいません。毎日がぶっつけ本番(笑)。タフになりますよね」

――スゴい…。気になるUSツアーについては後ほどお伺いするとして、まずはアルバム『ANTI』について聞かせて下さい。今作はアメリカの音楽シーンの第一線で活躍するクリエーター陣を迎えて制作。HYDEさんが提供楽曲を歌うという画期的な挑戦も行いながら、“世界標準のライヴ”を意識して作られた作品だったと思うのですが。あらためて『ANTI』はHYDEさんにとってどんな意味を持つアルバムだったと感じていますか?

「僕の総合プロデュースが強くなったアルバムかな。全曲アメリカのプロデューサーを通して、ライヴ映えするアルバムを作るのが目的だったので、いい曲であっても(ライヴ映えしなければ)採用しないなどこだわりました。海外といいながらもアップテンポな日本人向けの曲が多くなったけどね」

取材:東條祥恵

『HYDE LIVE 2019 ANTI FINAL』

12月07日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場4~6ホール
12月08日(日) 千葉・幕張メッセ国際展示場4~6ホール

<チケット>
スタンディングブロック指定¥8,658(税抜)
指定席¥8,658(税抜)
※未就学児の方のご入場はお断りいたします。
一般発売:9月28日(土)10:00
チケット情報ページ:http://bit.ly/2lTVmbV

<お問い合わせ>
DISK GARAGE(平日12:00~19:00)050-5533-0888
アルバム『ANTI』2019年6月19日発売
    • 【通常盤】(CD)
    • UICV-1108/¥3,000+税
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1. WHO’S GONNA SAVE US
    • 2. MAD QUALIA (Japanese Version)
    • 3. SICK(feat. Matt B of From Ashes to New)
    • 4. ANOTHER MOMENT
    • 5. FAKE DIVINE
    • 6. AFTER LIGHT
    • 7. OUT
    • 8. ZIPANG (feat. YOSHIKI)(Japanese Version)
    • 9. SET IN STONE
    • 10. LION
    • 11. TWO FACE
    • 12. MIDNIGHT CELEBRATION II anti mix
    • 13. ORDINARY WORLD
    • ※初回限定盤あり
    • ※詳細は下記オフィシャルページにて
    • https://www.hyde.com/pages/music

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着