【Survive Said The Prophet・山人音
楽祭 2019】人気急上昇の今、榛名ス
テージに刻んだロックバンドとしての
姿

山人音楽祭 2019【榛名ステージ】 Survive Said The Prophet
1曲目から起こったダイヴだけにとどまらず、30分間の演奏中、ヘッドバンギング、ワイパー、ジャンプ、シンガロングと、さまざまな形で生まれた大きな一体感を見るかぎり、観客の大半が彼らのファンだったんじゃないかと思うのだが、この日、彼らのライブを初めて観たという人もサバプロことSurvive Said The Prophetがどんなバンドなのか、そのユニークな魅力を知ることができたはず。
Survive Said The Prophet
Survive Said The Prophet
メタルコア/スクリーモの要素が色濃い「Fool’ s Gold」から「found & lost」とたたみかけ、観客を散々暴れさせた序盤。そこから一転、R&Bに接近したダンス・ロック・ナンバーの「When I」「Right and Left」とつなげて観客にシンガロングの声を上げさせ、さらにピアノを同期で鳴らしたバラードの「Follow」とつなげた中盤。字面だけでは、同じバンドなのと疑う人もいるかもしれない幅広さをエネルギッシュな演奏を通して、彼らならではの世界観に落とし込むことができるのがサバプロなのだ。
Survive Said The Prophet
Survive Said The Prophet
メジャー・デビューを経て、バンドの人気がどんどん上がり大きな転機を迎えようとしているタイミングで、流行に関係なく音楽を愛する人たちが集まる『山人音楽祭』に初参戦。30分という短い時間ながらも、バンドのユニークさを存分に見せつけるライブを繰り広げることができた意味は大きい。「ステキな人たちが作ってきたフェス、最高だね」と終盤、感慨を語ったフロントマン・Yosh(Vo)もその手応えを感じていたのか、「G-FREAK FACTORYに比べたら、俺たちのバンド歴なんて全然まだまだ。それにもかかわらず、音楽で繋がって呼んでくれた。その奇跡を信じて、この先に進みたい」と、この日の経験がバンドの新たなエネルギーになったことを口にした。そして、ここから先に進むためには、サバプロの5人にはやることがあった。それは彼らのレパートリーの中でも抜群にポップな「Right and Left」がCMソングに起用され、新たなファンが増えたこのタイミングで今一度、自分たちの出自を明らかにすることだった。
Survive Said The Prophet
「俺たちはあくまでもロック・バンドです。テレビをきっかけにポップを求める人たちも、もちろんウェルカム。だけど、これだけは言っておきたい。俺たちはアンダーグラウンドから生まれたロック・バンドだ!」
そう宣言してから、「一緒にカオスを作っていきましょう!」と最後に演奏したのが前述したサバプロの幅広さが1曲の中に凝縮された「Network system」だった。ダンス・グルーヴも持つメタルコア・ナンバーが今一度、観客をダイヴさせる。そしてアンセミックなシンガロングが会場中に響き渡る中、Yoshが頭上高く掲げたのは、勝利のピースサインだった。

文=山口智男 撮影=半田安政

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着