【HAWAIIAN6・山人音楽祭 2019】歴戦
の3ピースが示した極上のメロディッ
ク・パンクとその魂

山人音楽祭 2019【赤城ステージ】 HAWAIIAN6
「さあ、やろうか! 小うるせえことを言う奴らはいないから思いっきりやろうぜ。遊ぼうぜ!」とHATANO(Dr)が観客に呼びかけ、1曲目の「Burn」からいきなり激しいモッシュを起こしたのは、HAWAIIAN6だ。
メインステージとは言え、20余年のキャリアを持つベテランの出番が3番目だなんて、ちょっと早すぎないか!? いや、四星球打首獄門同好会が作った盛り上がりを、この後につなげ、フェスの流れにさらにハズみをつけるには、『GUNMA ROCK FESTIVAL』時代も含め皆勤賞の彼らの力が必要だったということだろう。序盤からYUTA(Vo/Gt)が存分にギターを泣かせながら、哀愁のメロコア・ナンバーをたたみかける。この日、彼らが演奏したのは、新旧の代表曲の数々。どこかノスタルジックなメロディを聴かせる「MAGIC」のようなギター・ポップ調の曲でもモッシュとダイヴが止まらないのは、YUTAとGURE(Ba/Cho)がハーモニーを重ねる歌メロに胸を熱くする熱を含んでいるからだ。
HAWAIIAN6
HAWAIIAN6
「グリーンドームに来ても、おまえらの素行の悪さは一緒だな(笑)」
観客の反応にHATANOも大満足。しかし、それならもっとと思ったのだろう。「いつも以上に遊ぶぞ!」と客席に発破をかける。「(ライブハウスよりも)高いチケットを買ってきてんだろ。遠慮することはないよな。何十倍も遊んで帰れよ!」と後半戦もストイックに曲をたたみかける。共演のバンドと観客に捧げた「A LOVE SONG」からなだれこんだ「Wonder」では、シャッフルのリズムに合わせ、観客が体を揺らしながらジャンプ。これまでとは若干違うピースフルでアンセミックな盛り上がりが生まれた。
HAWAIIAN6
そして、「千葉をはじめ、各地で起きている災害に苦しんでいる人たちを元気づけることができる音楽の力を信じている」。そう自らの信条を語ったHATANOは、「千葉から来ている奴らがいたら、来られなかった奴によろしくと言っておいてくれ。そのためにライブハウスがある。そのためにライブをしにいくんだ」とバンドの所信を、改めて明らかにする。そんな真摯な姿勢もHAWAIIAN6の大きな魅力。そこからのラストスパートは、ピースフルなヴァイブも含みながら、盛り上がりはさらに大きなものになっていった。そして、「2020年、またここで会おう。約束の歌!」と演奏したラストの「PROMISE」では、エネルギッシュな演奏にスウィンギンなリズムを絶妙に取り入れ、彼らならではと言える極上のポップ・センスを見せつけたのだった。

文=山口智男 撮影=HayachiN
HAWAIIAN6

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着