【四星球・山人音楽祭 2019】天下無
双のコミックバンド、『山人音楽祭』
開幕の号砲を鳴らす

山人音楽祭 2019【赤城ステージ】 四星球
毎年恒例の高崎頼政太鼓によるオープニングアクト、NAIKA MCとG-FREAK FACTORY・茂木による前説を経て『山人音楽祭2019』がいよいよ始まった。赤城ステージのトップバッターは四星球。「いきなりですがここから40分間、『山人音楽祭』改めて『山人体育祭』を開催いたします!」というアナウンスから幕開けた彼らのステージ、とんでもない情報量だった。
(1)誰が最初にステージの定位置につけるか競争
結果、ほぼ引き分けで「俺や!」「俺や!」と言い争いに。その後、スタッフによって万国旗が飾られる。北島康雄(シンガー)曰く、「茂木さんみたいに平和についてのMCとかできないですけど、一応後ろに万国旗が綺麗に並んでるのが僕たちなりのメッセージです」とのこと。
四星球
四星球
(2)100メートル走、(3)大縄跳び、(4)YMCA対決
観客とともに走ったり、飛び跳ねたり、踊ったり。
(5)玉入れならぬ魂入れ
「魂込めて唄います」と「クラーク博士と僕」へ。熱の入った演奏でストレートに魅せる。
(6)エアギター対決(「鋼鉄の段ボーラーまさゆき」)
モリス、DJダイノジの仮装をしているが妙にハマっていて違和感ゼロ。
四星球
四星球
(7)新曲で盛り上がれるか対決
『京都大作戦2019』の舞台裏で茂木と一緒にマッサージしてもらっている時に浮かんだ曲「リンパリンパ」を披露。最終的には「リンパリンパリンパー♪」とシンガロングが起こるほどの浸透ぶりを見せる。
(8)UFOを呼ぶ対決
「Mr.COSMO」の途中で「借り物競争」に出かけた北島が「茂木さんのカツラ借りてきた!」と長髪に変身した一方、茂木が見るも無残な姿で登場する、という衝撃的なシーンも。そこから2日目に出演する高木ブーへのリスペクトを込め「いい湯だな」(ザ・ドリフターズ)を演奏。
(9)リレー
「笑顔のバトンリレーを繋いでいきたいと思います。今だったら千葉かなあ」と「コミックバンド」で締め。
(10)組体操
去り際、4人で「赤城山」のポーズを披露。
4年連続出演の四星球。彼らは他のフェスからも引っ張りだこだが、にもかかわらず、全然ネタ切れ状態にならないのも、そしてみんなを心から笑わせてくれるのも、すごいことだと思う。今年も『山人音楽祭』はみんなの笑顔とともに始まった。

文=蜂須賀ちなみ 撮影=HayachiN
四星球

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着