EXILE AKIRA×三池崇史、小林直己×
行定勲、今市隆二×松永大司らがつづ
る5つの物語 『CINEMA FIGHTERS pro
ject』第3弾予告を公開

11月8日(金)より封切られる映画『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』より、予告編と場面写真が公開された。
『CINEMA FIGHTERS project』は、EXILE HIRO、SSFF & ASIA代表の別所哲也、作詞家・小竹正人氏の3人によって打ち出された、詩と音楽、映像を一つに融合するプロジェクト。2017年には第一弾、2018年には第二弾が劇場公開された。第三弾となる『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』では、三池崇史監督、井上博貴監督、松永大司監督、洞内広樹監督、行定勲監督がそれぞれメガホンをとる。
三池監督の『Beautiful』にはEXILE AKIRA、井上監督の『魔女に焦がれて』には佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)、松永監督の『On The Way』には今市隆二(三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、洞内監督の『GHOSTING』には佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、行定監督の『海風』には小林直己(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が出演。それぞれの主題歌には、今市隆二、Crystal KayLISALeola、琉衣による5つの楽曲が起用されている。

解禁された予告編では、それぞれの短編を演出した5名の監督が同プロジェクトへの思いを語りつつ、各楽曲が彩る物語が切り取られている。また、場面写真では、食卓を囲む『海風』の蓮(小林直己)と蘭(秋山菜津子)や、メキシコの街で腰を下ろし物憂げな表情を浮かべる『On The Way』健太(今市隆二)らの姿が明らかになっている。
『Beautiful』 (C)2019 CINEMA FIGHTERS project
『Beautiful』 (C)2019 CINEMA FIGHTERS project
『海風』 (C)2019 CINEMA FIGHTERS project
なお、『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』が10月28日(月)から11月5日(火)まで開催される第32回東京国際映画祭で上映されることが決定。9月20日(金)からは、劇場窓口などで同作のムビチケ(前売券)が発売されることも決まっている。
『魔女に焦がれて』 (C)2019 CINEMA FIGHTERS project
『魔女に焦がれて』 (C)2019 CINEMA FIGHTERS project
『On The Way』 (C)2019 CINEMA FIGHTERS project
『On The Way』 (C)2019 CINEMA FIGHTERS project

『GHOSTING』 (C)2019 CINEMA FIGHTERS project
『GHOSTING』 (C)2019 CINEMA FIGHTERS project
『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』は2019年11月8日(金)より TOHOシネマズ日本橋 ほか全国公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着